2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

雨の日の錦糸町。「新宿さざなみ」を撮る

もう1ヶ月前の写真です。

雨の降った日曜日、錦糸町で撮ったものです。

E257系の特急「新宿さざなみ」号です。

2018062202
その名の通り、新宿発着の列車です。

かつては、定期列車にも新宿発車の房総方面の優等列車も走っていた時期もありましたが、今は臨時列車のみです。

国鉄時代は新宿発着のディーゼル急行もありました。

房総特急は今、車に客を取られて、廃れる一方。

いずれ全廃に追い込まれるのでしょうか?

それとも、休日のみ残るのでしょうか?

JR東日本としては、挽回策を考えているのでしょうか?

それとも、もうあきらめている?

昔の京王5000系と今の京王5000系

この2つはかつての京王5000系。初代5000系ですね。

これは、スーパーあずさに乗車中、大月通過の際に撮ったもの。富士急で余生を送っているものの、昔の京王時代の塗装に戻されたものです。3年前の写真です。走行中の列車から撮ったせいか、ブレブレです。

2018062101keio5000_1
これは銚子電鉄で活躍中のかつての京王5000系です。昨年撮ったものです。

2018062101keio5000_2
そしてこれは今の京王5000系。つまり2代目5000系ですね。

先日新宿で撮ったものです。

京王ライナー京王八王子行きとして運転されるところです。

2018062101keio5000_3
昔の5000系を記憶している者としては、京王に2代目5000系が登場したのはうれしいことです。

新浦安でハマナス色のE653系1000番台の通過を撮る

先日、新浦安でハマナス色のE653系1000番台の通過を撮りました。回送列車でした。

ちょっと、ぶれていますが。

2018061702e653
ふだんは特急「いなほ」に使用され、日本海側を走行していますが、この日は団体専用列車として、上越国境を越えて、太平洋側に来たのでしょうか?

ディズニーリゾートで楽しむ新潟県民を乗せたのでしょうか?

かつては常磐線の特急「フレッシュひたち」に運用されていましたね。

この車両もあと10年から20年は走れるでしょうか?

「いなほ」といえば、国鉄時代からの特急列車ですね。

登場した時は「はつかり」「つばさ」のお古の80系ディーゼル特急でした。その80系はアルバイト仕業的に上野-平間の「ひたち」に運用されていましたね。

羽越本線が電化されて485系になり、上越新幹線開業で新潟発着となって、太平洋側には姿を見せなくなり、現在に至っていますね。

JR東日本

【SL大樹】リバティの後方にSL大樹が

これは東武日光線の下今市で撮ったものです。

リバティが停まっていますが、後方にはSL大樹が停まっています。

2018061601sl
リバティが発車した後、そのホームにSL大樹が入るのです。

リバティもまた、SL大樹乗りたさ、撮りたさでここへ来る客を運ぶのための一役を担っていますね。

そういえば、SL大樹のC11207はまた故障したのですね。

運転日を多くして、客を寄せようとして、酷使し過ぎているのではないでしょうか?

これでは東武の信用問題にかかわってくるのでは?

トヨタ自動車の技術者で定年退職した人を雇って、

なぜ故障したのか?

なぜ故障の原因になったのか?

なぜ故障を予防できなかったのか?

など、なぜなぜ分析をしてもらって、故障なき状態で走れるように改善してはどうかと思いますね。

車と蒸気機関車では勝手が違うかもしれないけど、故障の原因の追究と再発防止に役立つのではないでしょうか?

これもリバティの利用の仕方の一つ。面倒でも、安上がり?

写真は東武の下今市で撮った、リバティ会津とリバティけごんです。

2018061201
この駅で切り離しますが、リバティ会津が先に発車しますね。野岩鉄道、会津鉄道へも直通運転し、会津田島まで行きますね。

リバティ会津はこの下今市からは終点会津田島までは各駅停車。特急券なしで乗れます。

そのせいか、立ち席の人もいました。

もしかすると、下今市までは急行なり、普通なりを乗り継いで、ここから特急券なしで鬼怒川温泉や会津田島方面に行こうと考えている人も少なくないのでしょうか?

浅草~新鹿沼間から乗ると特急券は買わねばいけませんしね。

面倒くさくても、安上がりかな?

そもそもリバティで運転する列車は快速が特急に格上げされたような一面もありますから。

そういえば、東武日光行き快速は上今市を通過していたけど、鬼怒川温泉、会津田島方面の快速は下今市から各駅停車でしたね。

6000系とリバティの並びから考えること

もう、2カ月半前の写真です。

東武の下今市で撮りました。

6000系と500系リバティです。

2018061005_6000_500
かつては6000系快速が浅草まで顔を出していました。今は南栗橋以北でしか見ることはできません。

快速も廃止になりました。

思えば、リバティで運転される特急は6000系快速を格上げしたようなもの。

リバティが6000系から快速運用と浅草-南栗橋間の走行区間を取り上げたようなものですね。

リバティの登場は老朽化した6000系対策だったように思えますね。

その老朽化した6000系の南栗橋以北の運用も、やがて20000系に代わられますね。

6000系のいいところは一部を除き、クロスシート車であること。

私も何度か乗車したことがあります。

20000系にもクロスシートを設けてほしいけど・・・・・・・・・・・。

リバティが野田線を走る! その7 満員御礼、そして8本の定期列車のダイヤも変更させ。

5月26日、東武野田線にはリバティの臨時列車が走りました。

これは新船橋で撮ったものです。

2018061004_1
これは六実で撮ったものです。

2018061004_2
満員御礼だったそうですね。やはり、リバティが船橋まで来ることって、普段はないことですからね。

2018061004_4
そして、この臨時列車のためにダイヤ変更を余儀なくされたものもあります。

これは新船橋に貼られていたものです。計8本の電車がダイヤ変更を余儀なくされたのです。

2018061004_3そりゃそうでしょうね。

まず、船橋駅のホームは2本の電車で埋まってしまうことがあります。そのうちの1本が発車した後に素早く入れて、すぐに折り返さないと、次の電車が来てしまいます。

そのうえ、六実-逆井間はまだ単線。さらに運河-春日部間もほとんど単線。しかも電車は10分間隔で走っています。

これでは、定期列車の間に何とか臨時列車を入れるだけではなく、定期列車のダイヤも変更せざるをえないでしょうね。

*「リバティが野田線を走る!」はこの記事で終了です。

「その1」から「その6」までは下記をご参照ください。

その6
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-a9f9.html

その5
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-e573.html

その4
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-985e.html

その3
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-3054.html

その2
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-8eb2.html

その1
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-0d6f.html

リバティが野田線を走る! その6 今後も野田線に特急車が走る?

5月26日、東武野田線にリバティが走りました。特急としてではありません。臨時団体専用列車としてです。

写真は新船橋で撮ったものです。

2018061003
だけど、東武としては、今後も野田線に特急車を走らせる企画を考えているのでしょうか?

今もアーバンパークライナーが走ってはいますが。

思えば5年ほど前、船橋で「東武野田線に船橋から春日部経由で日光・鬼怒川へ行く特急を走らせよう」と訴えある署名活動が行っている人がいました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-1c02.html

現実性については疑問があるけど、臨時列車としてならそうでもないかな?という気にもなってきました。

六実-逆井間の複線化が完成し、船橋-運河間に急行が運転されるようになると、またありそうな気もします。

特急としてではなく、臨時団体専用列車という形でも。

その場合、新鎌ヶ谷にも停車させ、成田空港からの客を拾って、日光や鬼怒川へ運ぶとか、海外旅行をしようとする栃木県民に利用させることも考えた方がいいでしょうね。

その特急車ですが、今回同様リバティということもあり得るけど、スペーシアはどうでしょうか?

現在特急「しもつけ」に使用されている350系が引退間際に野田線に入ってくる可能性もあるかな?

特急「あずさ」と千葉県の歴史

これは、3カ月前に錦糸町で撮ったものです。

2018061002

E257系の特急「あずさ」千葉行きです。

錦糸町の次の停車駅は千葉県の船橋です。

千葉県と特急「あずさ」との関係を振り返ってみました。

1972年に総武快速線が開業すると、千葉県にも特急が走るようになりました。

幕張に配属された183系ですね。

その幕張の183系は、房総特急だけでなく、中央線特急「あずさ」にも運用されるようになりました。

臨時ながら、長野発成田空港行きの「あずさ」も運転されたこともありましたね。

定期でも千葉まで乗り入れてくる特急「あずさ」も設定され、現在に至っていますね。

松本区の183系・189系も乗り入れてきました。

今はE257系ですが。

いずれ特急「あずさ」もE353系に代わります。となれば、E353も千葉県に乗り入れてくる日もそう遠くない、このような写真も撮れなくなる日もそう遠くないということですね。

60000系も、もう5周年なのですね。

東武野田線の60000系も登場して5年になるのですね。

つい最近まで、野田線は8000系の独壇場だったけど、60000系が次々に入線してきて、今や東武野田線の与党第一党。

その東武野田線といえば、かつては多線のお古ばかりだったのに、60000系の場合は新製当初から野田線で活躍していますね。

まだ16編成ほど残る8000系を駆逐するために、まだまだ増備されるのでしょうか?

いや、もしかするといずれは10000系をも駆逐するために増備されるのでしょうか?

写真は運河で撮ったものです。

2018061001

より以前の記事一覧