2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ベテラン3400形、今日も優等列車の運用で

2ヶ月前に京成高砂で撮ったものです。

3400形の快速特急成田空港行きです。

2021041201

2代目スカイライナーも引退したというのに、初代AE車の足回りを流用して登場した3400形はまだまだ活躍していますね。

3500形や3600形程ではなくても、老朽化していると思いますが。

8両編成だから、千葉線・千原線、金町線には入れませんね。

引退間際まで優等列車主体の運用になるのでしょうか?

都営地下鉄浅草線や京浜急行にも入れるから、幅広く使えますね。

今後の京成の車両製造計画はどのようになっているのでしょうか?

撮った場所は京成の駅でも、映っている車両は京成以外

これは2ヶ月前に京成高砂で撮ったものです。

撮った場所は京成の駅でも、映っている車両は京成のものではありません。

北総鉄道も京成グループの一つですが。

ただ、京成の押上-高砂間は京成以外の車両を見れる確率が高いですね。

京成以外に北総鉄道、都営地下鉄浅草線、京浜急行の3社の車両が走っていますからね。

2021041102

 

鎌ケ谷市制公園で、スカイラーナーの通過を撮る。但し上半分のみ上に、木々にも遮られ。

2ヶ月前の写真です。

鎌ケ谷市制公園で、スカイラーナーの通過を撮りました。

2021041101-1

2021041101-2

この時、同公園に展示されていたD51385の撮影に気を取られて、スカイラーナーのことを意識していなかったこともあり、こんな写真しか撮れませんでした。

この鎌ケ谷市制公園で撮り鉄しようと思ったら、展望台に上がった方がいいですね。

京成 国鉄 北総鉄道

映画「男はつらいよ」と言えば、やっぱり柴又。京成柴又駅も。

映画「男はつらいよ」と言えば、葛飾区の柴又ですね。

京成の柴又駅もその場面になったこともありますね。

先日、柴又に行ったら、駅には「男はつらいよ」のポスターや映画の場面の写真が飾られていました。

これは柴又駅の上りホームで撮ったものでしょうね。

2021032802-1

これには、あの赤電が映っていますね。

2021032802-2

第6作は1971年とのこと。

となれば3500形もまだ登場していない頃ですね。

初代3000系は3300形が1971年に製造が終わったので、その時期ですね。

映っているのは、初代3000か3100か3200か3300かはわかりませんが。

こちらは柴又に到着した3600形。

2021032802-3

3600形が登場したのは1982年。

この年は第29作、30作が上映されたのですね。

 

185系って、特急だけでなく、普通列車にも使用されていましたね。

引退してしまった185系ですが、この車両は登場当初から特急だけでなく、普通列車にも使用されていましたね。

暫定的ながら急行にも使用されていた時期もありましたね。

それゆえか、当初は特急車としては疑問も持たれていましたが。

写真は2013年に撮ったものです。

2021032801

普通列車伊東行きに運用された時のものです。

伊東で折り返す時は、特急「踊り子」としての運用だったそうですが。

それにしても、国鉄時代から約40年弱。

長く持ちましたね。

国鉄 JR東日本

 

 

 

秩父鉄道の電気機関車も観光客呼び寄せのために

この2つは、2年前に秩父鉄道で撮ったものです。

秩父鉄道の電気機関車はセメント輸送に重要な役割を担っていますね。

2021032702-1

2021032702-2

秩父鉄道には蒸気機関車C58363がありますが、こちらは臨時の旅客列車牽引のみですね。

定期で運転されることはありません。

普段は貨物列車牽引をしている電気機関車も時には臨時旅客列車を牽引するのですね。

しかも夜行列車です。

日本旅行と秩父鉄道との共同企画の12系客車+重連電気機関車で編成された客車夜行急行列車「重連電機・12系客車 夜行急行『三峰51号』熊谷行の旅」を実施されるのですね。

5月8日の22:44に熊谷を出発し、三峰口まで行くと、一旦秩父に戻り、また三峰口に行き、その後5:31に熊谷に戻ってくるツアーだそうです。

秩父鉄道の電気機関車も観光客呼び寄せのための役割も果たせるのですね。

確かに色が茶色だったら、かつての国鉄の箱形電気機関車、例えばEF15を縮小したような形に見えますしね。

 

工事中、かつ日出学園最寄り駅の菅野でベテラン3500形を撮る

京成の菅野は優等列車は停まりません。

隣の京成八幡は特急停車駅です。

先日、菅野でベテラン3500形を撮りました.

各駅停車津田沼行きです。

2021032701-1

この車両も半世紀近く、京成線を走っていますね。

今でこそないけど、かつては都営地下鉄浅草線や京浜急行にも直通運転していました。

京成の車両製造計画によっては、3500形も風前の灯火?

ただ、コロナウイルス感染拡大の影響による減収減益の影響で、車両の新製はここ数年は少数でしょうか?

ところで、菅野駅は工事中なのですね。

何の工事かと思ったら、バリアフリー化対応とのこと。

確かにこの駅はされていませんでした。鬼越もまだなのですね。

そしてこの駅は私立日出学園の最寄り駅でもあるのですね。

2021032701-2

東中山もかつては特急停車駅だった

1ヶ月前、京成の東中山で3858編成の特急を撮りました。

3858と言っても、3800形ではありませんね。

これも3700形の仲間ですね。

2021032602

この電車ももう、ベテラン車両ですね。

さて、これは特急は東中山には停まりません。

かつては、この駅も特急停車駅でした。

東中山以外にも谷津、小岩、立石、曳舟も特急停車駅でした。

でも、今は通過駅です。

谷津、立石、曳舟は今や各駅停車しか停まりません。

ただ、東中山は競馬場開催日には臨時に停まるのもあったけど、コロナウイルス感染拡大の影響で、当面はそれもない?

まるで兄弟か従兄弟のよう。新京成80000形と京成3100形

1ヶ月前に撮ったものです。

左は京成津田沼で撮った新京成80000形、右は京成高砂で撮った3100形です。

2021032301

塗装は違えど、似てますねえ。

まるで兄弟か従兄弟のよう。

確かに共同設計だそうですね。

でも、機器の仕様は違うそうです。

そりゃそうでしょうね。

走行する線区も役割も違いますからね。

3100形の場合、成田スカイアクセスを走るし、都営地下鉄浅草線や京浜急行も走りますからね。

今後の新京成80000形と京成3100形の増備計画はどうなのでしょうか?

だけど、新京成って、「8」にこだわりがありますね。

8000,8800,8900,N800,そして80000形と。

京成も3000番台にこだわりがあるのでしょうか?

かつては1500,1600,2000,2100形というのも走っていたけど。

東武の200系もう30年!「200型就役30周年記念乗車券」を発売!

早いものですね。

東武の200系が就役30周年なのですね。

https://www.tobu.co.jp/news/2343/

登場した当初は急行「りょうもう」として運転されていたけど、「りょうもう」号が全て200系化されたら特急格上げになりましたね。

私も急行時代に乗車したことがあります。

特急になってからも何度かあります。

佐野の厄除け大師にお参りに行った時、帰路に乗車したこともあります。

だけど、200系って実は1700系、1720系からの改造だったのですね。

250系のみが完全な新製車なのですね。

だけど、この車両ももう30年。

すでに201編成は北館林で解体されたそうですね。

残りの車両もあと何年走っていられるのだろう?

写真は2020年6月に館林で撮ったものです。

2021032201

より以前の記事一覧