2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

おお、銚子電鉄が黒字!よく頑張りましたね。

あの銚子電鉄

黒字になったそうですね!

https://www.sankei.com/article/20220630-S5OAUUTLJVIWJIRF3RBW3RJKLI/

https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/202206/0015431300.shtml

https://nordot.app/915097958843711488?c=648454265403114593

よかった、よかった。

竹本社長以下、全社員が赤字経営から何とか脱出しようと、なり振り構わず頑張ってきた成果というべきでしょうか?

まずい棒というお菓子がよく売れた他、とにかく副業で頑張って黒字化できたそうですね。

私は濡れ煎餅をよく食べましたが。

これからも、もっと収益を出せるように邁進してほしいものです。

出発進行!

写真は2017年9月に仲ノ町で撮ったものです。

2022070101

どちらも京王電鉄のお古ですね。

仲ノ町駅には銚子電鉄の本社があるのですね。千葉県銚子市新生町二丁目に所在しているのですね。

 

券売機に飲料水をぶっかける奴は誰だ!?

先日、京成千葉線の新千葉駅を利用しました。

この駅は千葉市中央区登戸2丁目にあるのですね。

さて、その新千葉駅利用時にこんな貼り紙を見つけました。

2022050101

ひどいことする奴がいるのですね。

券売機に飲料水をぶっかける奴がいるのですね。

まさに犯罪行為ですね。

器物損壊罪と威力業務妨害かな?

いずれにせよ、警察に捕まってほしいです。

 

新千葉駅の注意書きから考えたこと

先日、京成千葉線の新千葉に行く用事がありました。

写真は新京成8800形の松戸行きです。

2022042401-1

この新千葉駅は京成の中で5番目に利用客の少ない駅だそうですね。

でも、この新千葉駅をJRや千葉モノレールの乗り換え駅と勘違いして降りてしまう人がいるのでしょうか?

こんな注意書きを見つけました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
2022042401-2

思えば東武佐野線の佐野市駅も、JR両毛線との乗り換え駅と勘違いして降りてしまう人もいるそうですね。

この新千葉駅もそれらしい駅名がいいのかなあ?

そもそも、この新千葉駅の所在地は千葉市中央区登戸なのですね。

隣駅が西登戸だから、「登戸(のぶと)」がいいかなあ?

でも、それでは小田急線・JR南武線の登戸(のぼりと)と紛らわしいですね。

となれば、「千葉登戸(ちばのぶと)」か「東登戸(ひがしのぶと)」  がいいかなあ?

近くに登渡(とわたり)神社があることにちなんで、「登渡」がいいかなあ?

千葉市役所千葉銀行本店京葉学院本部、クラーク記念国際高等学校千葉キャンパスの最寄り駅でもあるのですね。

あの梅乃家で竹岡式ラーメンを食す

3ヶ月前、あの竹岡式ラーメンの店、梅乃家でラーメンを食べました。

この店は千葉県富津市竹岡410にあります。

2022040701-1

2022040701-5

ネギが高騰した影響で、ネギを入れて欲しければ150円加算されるのですね。

2022040701-2

梅乃家は乾麺を使用しているとのこと。

このダンボールの中には乾麺が入っているのでしょうね。

2022040701-3

この乾麺を製造している都一株式会社http://www.miyakoichi.com/index.htmlは千葉市若葉区若松町になるのですね。

JRだと都賀駅、千葉モノレールだと桜木駅が最寄駅のようです。

そして、そのラーメンです。

どんぶりからこぼれそうになるくらいつゆを入れてくるのですね。

チャーシューの多さも迫力があるかな?

うす味系の人は少し引いてしまうかな?

2022040701-4

鈴屋がいいのか、梅乃家がいいのか、それは人それぞれでしょうね。

ここではどちらがいいかは述べません。

鈴屋に関しては、こちらの記事を参照ください。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2022/03/post-ae39ba.html

 

竹岡ラーメンを食す。鈴屋で。

1月に竹岡ラーメンを食べに行きました。

まずは鈴屋で。

2022030401

富津市竹岡92-92にあります。

この店って、週休3日なのですね。

水、木、金が休みのですね。

私が行った時、近くにヒゲを生やした上に、髪の毛ボサボサ、朝起きて顔も洗っていないような不潔感を漂わせる人がいたのには閉口しました。

でも、私の所にラーメンが来た時には、その人は食べ終えて店から出て行ったせいか、美味しく食べることができました.

チャーシューも良かったですね。

麺も舌触りが良かったです。

梅乃家に関しては、こちらの記事を参照ください。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2022/04/post-6a5eeb.html

上総湊の野生の猿

JR内房線上総湊駅から国道に乗って歩き、湊川を越えて竹岡方面に向かう途中、なんと猿を見掛けました。

動物園の猿ではありません。

野生の猿です。

2022022301-1

2022022301-2

町名は上総湊ではなく富津市海良というところ。

ここは野生の猿の生息地なのですね。

車にはねられないように注意してほしいもの。

 

 

JR内房線複線化・快速乗り入れ促進?この地域ではとても無理でしょう。

JR内房線の上総湊駅から歩いたところに、こんな看板を見つけました。

「内房線の複線化を実現しましょう。富津市JR内房線複線化・快速乗り入れ促進協議会」
2022021301

まあ、今の内房線の現状を考えれば、とてもできないでしょうね。

既に君津以南は2両編成のワンマン電車が運転されているわけだし。

そういう線区で複線化だの快速乗入れは無理でしょうね。

JR東日本が大赤字になってしまいますね。

快速も付属編成4両のみの乗入れだって、輸送力過剰になるでしょうね。

というか、この「富津市JR内房線複線化・快速乗り入れ促進協議会」なるものも解散しているか、活動停止しているのでは?看板も古そうだし。

かつては特急が1時間に1本の割合で走っていた時代を記憶しているものとしては寂しい話ですね。

20年以上前の話だけど、房総半島へのバスツアーに参加したのですが、道路が大渋滞して、予定より2,3時間以上遅れました。

それを考えると、鉄道の存在意義も大きいのでは?と、あの時はそう思えたけど、日中は2両編成のワンマン電車による運転のみの現状を考えると、需要がどうのこうの言う以前の問題では?

今後、君津より南の市町村が人口激増しない限り、内房線の活性化は無理かなあ?

非電化にして、GV-E400系化したほうがいい、なんていう話も浮上するかな?

https://www.tetsudo.com/report/352/

映画「男はつらいよ」と言えば、やっぱり柴又。京成柴又駅も。

映画「男はつらいよ」と言えば、葛飾区の柴又ですね。

京成の柴又駅もその場面になったこともありますね。

先日、柴又に行ったら、駅には「男はつらいよ」のポスターや映画の場面の写真が飾られていました。

これは柴又駅の上りホームで撮ったものでしょうね。

2021032802-1

これには、あの赤電が映っていますね。

2021032802-2

第6作は1971年とのこと。

となれば3500形もまだ登場していない頃ですね。

初代3000系は3300形が1971年に製造が終わったので、その時期ですね。

映っているのは、初代3000か3100か3200か3300かはわかりませんが。

こちらは柴又に到着した3600形。

2021032802-3

3600形が登場したのは1982年。

この年は第29作、30作が上映されたのですね。

 

工事中、かつ日出学園最寄り駅の菅野でベテラン3500形を撮る

京成の菅野は優等列車は停まりません。

隣の京成八幡は特急停車駅です。

先日、菅野でベテラン3500形を撮りました.

各駅停車津田沼行きです。

2021032701-1

この車両も半世紀近く、京成線を走っていますね。

今でこそないけど、かつては都営地下鉄浅草線や京浜急行にも直通運転していました。

京成の車両製造計画によっては、3500形も風前の灯火?

ただ、コロナウイルス感染拡大の影響による減収減益の影響で、車両の新製はここ数年は少数でしょうか?

ところで、菅野駅は工事中なのですね。

何の工事かと思ったら、バリアフリー化対応とのこと。

確かにこの駅はされていませんでした。鬼越もまだなのですね。

そしてこの駅は私立日出学園の最寄り駅でもあるのですね。

2021032701-2

京成柴又と「男はつらいよ」と光本幸子さん

1ヶ月前に柴又に行きました。

京成柴又駅には渥美清さんが主演した「男はつらいよ」のポスターが貼られていました。

そうですね。「男はつらいよ」の車寅次郎は、柴又で生まれ育ったという設定でしたね。

この京成柴又駅もこの映画のシーンになったことがありましたね。

これは第一作目です。

2021032101-1 

この時のマドンナ役は光本幸子さんでした。

2021032101-2

鉄道マニアの私にとっては、光本幸子といえば、1972年に放映された「大いなる旅路」の砂田美弥役のイメージの方が断然大きいですね。

このドラマでは20代の娘から84歳のおばあちゃん役まで演じました。

でも、当の光本幸子さんは69歳で逝去してしまいました。

「大いなる旅路」での砂田美弥のように、せめて84歳までは生きていてほしかったです。

もし、今生きていたら77歳ですね。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-a371.html

これは柴又駅での交換風景です。

2021032101-3

「男はつらいよ」が上映されていた時代は、まだ金町線に3600形は入ってきませんでしたね。

より以前の記事一覧