2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

青森県東津軽郡今別町による「奥津軽いまべつ」駅活性化策

新幹線の新青森-新函館北斗間は北海道新幹線の区間であり、JR東日本ではなくJR北海道の区間でもありますね。

途中、奥津軽いまべつという駅があります。

2020032102-1

青森県にあっても、この駅はJR北海道の管轄ですね。

新幹線の駅があるこの青森県東津軽郡今別町は人口が2567人しかいないそうです。

そのせいか、新幹線の利用客も1日80人程度。全国の新幹線駅でワーストだそうです。

停まる列車も1日7本なのですね。

特に、下りは10時7分の列車の後は14時15分。なんと約4時間も空いてしまうのですね。

それで今別町はこの駅の活性化のために通学・通勤定期の半額を補助するとのことです。

その効果はどうなるでしょうか?

あと、町としても観光で人を呼び寄せる工夫も必要では?

だるま滝とか荒馬まつりとか、「青函トンネルの入り口のある町だよー」とか宣伝するとか。

写真は東京駅で撮った「はやぶさ」号です。

2020032102-2

 

 

東洋紡とコロナウイルス検査試薬と北陸新幹線

東証一部上場企業でもある東洋紡は、本社が大阪府大阪市北区堂島浜にありまんなあ。

JR西日本の大阪駅から徒歩で13分、京阪中之島線渡辺橋駅から徒歩で10分のところにあるそうでんなあ。

JR東西線の北新地駅からでも歩いていけるようでんなあ。

大企業やさかい、他にも支社、事業所、工場などもぎょうさん持ってまんなあ。

その中の 福井県敦賀市東洋町にある同社の敦賀第一事業所のみなさん、えらく奮闘しているそうでんなあ。

コロナ検査の試薬の大幅増産に励んでいるそうでんなあ。

生産量20倍やて!?

https://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20200306/CK2020030602000015.html

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56331080T00C20A3TJ1000/

https://www.excite.co.jp/news/article/Fisco_00093500_20200304_004/

https://www.toyobo.co.jp/news/2020/release_667.html

となれば、この事業所のみなさん、夜遅くまで残業しているのやろうか?

休日も返上して頑張っているのやろうか?

他の事業所からも応援に入る人もいてはるのやろうか?

東洋紡の敦賀第一事業所のみなさん、からだ壊さんように気を付けてください。

ほんまに健康を害することがあっては、あきまへんでえ!

人事勤労担当の役員はん、部長はん、課長はん、従業員のみなさんの健康管理をよろしく頼みまっせ。

敦賀市東洋町の敦賀第一事業所、JR北陸本線、小浜線の敦賀駅から徒歩10分のところにあるそうでんなあ。

第二事業所も敦賀駅から徒歩30分のところにあるそうでんなあ。

https://www.toyobo.co.jp/company/access/map_tsuruga1.html

北陸新幹線が敦賀延長になったら、この会社や敦賀第一・第二事業所になんらかの恩恵がもたらされることを祈ります。

そいうえば、この東洋紡には富山県にも事業所や工場がありまんなあ。

富山事業所と庄川工場はあいの風とやま鉄道の越中大門駅から徒歩5分、

井波工場はJR城端線福野駅からタクシーで10分、

入善工場はあいの風とやま鉄道の入善駅から徒歩5分のところにありまんなあ。

いずれも北陸新幹線で行った場合は、乗り換えせなならんところやけど、JR西日本にとっては、東洋紡のビジネスパーソンの人はお得意様的存在やろうか?

敦賀延長後は、さらにお得意様度が高くなるのやろうか?

入善もJR北陸本線時代は特急停車駅やった記憶があります。

写真は昨年の5月、金沢駅で撮ったものです。

2020030701

 

栃木県佐野市には、ラーメン屋さん「大金」、金山神社、金色の麗水観音の像があるから・・・

先日、台風19号で秋山川が氾濫して被害を受けた栃木県佐野市の義援金を郵便局で振り込みました。

https://www.city.sano.lg.jp/soshikiichiran/sougou/koho_chiikirenkeika/19/13185.html

栃木県佐野市には、

「大」というラーメン屋さんがあります。

2020011903-1

山神社があります。

2020011903-3

厄除け大師には色に輝く麗水観音の像があります。

こ麗水観音の像は一度盗難に遭ったのですが、奇跡的に戻ってきました。

2020011903-2

自分はわずかな金額しか寄付できないけど、少しでも多くの義援金が集まることを祈りたいものです。

 

太宰治ゆかりの場所でもある三鷹車両センターの跨線橋

JR東日本の三鷹車両センターを跨ぐ跨線橋は、作家・太宰治のゆかりがある場所でもあるのですね。

太宰治はこの跨線橋に友人を案内したこともあったとか。

山崎富栄もこの跨線橋を渡ったこともあったのでしょうか?

太田静子もこの跨線橋を渡ったこともあったのでしょうか?

2019120501-1

2019120501-2

太宰治存命中はまだ国鉄三鷹電車庫で略称は東ミツだったようですね。このころは63系がいたのかな?

これはその跨線橋から撮った三鷹車両センターの風景です。

2019120501-3

太宰治は東京都三鷹市で生活していましたが生家は津軽ですね。青森県五所川原市で、津軽鉄道の金木が最寄り駅ですね。

それにしても、太宰治さん、山崎富栄さん、あなたたちは何故心中したの?どうしても心中しなければいけなかったの?

 

 

台風19号佐野市災害支援義援金を振り込みました

写真は栃木県佐野市を流れる秋山川です。

穏やかな流れの川に見えます。

2019112002

でも台風が来れば別ですね。

今年の10月の台風19号で氾濫したのですね。

これまで厄除け大師のお参りやラーメン、いもフライ等を目当て等何度か訪れたことのある佐野市が被害を受けたことに心を痛めています。

今から27年前、私は仕事がうまくいかなくて、栃木県佐野市に旅行に出掛け、厄除け大師にお参りしました。

即効ではなかったものの、徐々にもっとやり甲斐のある仕事を担当できるようになりました。

生活も好転しました。

厄除け大師の御利益ではないかと思えるのです。

それゆえに、本日義援金を振り込みました。

わずかな金額ですが。

台風19号佐野市災害支援義援金については、こちらをご覧ください。

https://www.city.sano.lg.jp/topics/info/in191018-06.html

思えば、佐野市にある厄除け大師の麗水観音は、一度盗難に遭ったのに、奇跡的に戻ってきたのですね。

佐野市の災害復旧も、何か奇跡的な良いことが起きることを祈りたいものです。

20191120021

佐野市を流れる秋山川が氾濫。堤防が決壊

台風19号の被害に遭われた方に対し、お見舞い申し上げます。

何やら佐野市を流れる秋山川の堤防が決壊したのですね。

https://www.sankei.com/affairs/news/191013/afr1910130062-n1.html

赤坂町では160人の人が取り残され、孤立した住宅もあるとか。

現場は東武佐野線の佐野市駅から南西に約500メートル離れた場所とのことです。

佐野にはこれまで厄除け大師とラーメンといもふらいを目当てに何度か行きました。

これは3年前に秋山川を渡る両毛線の電車を撮った時のものです。

115系と107系。もう両毛線では見られませんね。

107系の中には上信電鉄に譲渡されたのもありますが。

2019101301-1

2019101301-2

この時は秋山川という川は穏やかな川という印象でした。

でもこれを見て、台風などで大雨が降れば、危険なのだなとは思いました。

2019101301-3

柱には「警戒」とか「中止」とか書かれています。つまり、「中止」ラインを超えたら、JR東日本としては運転中止の判断をするということでしょうか。

今回の台風でこれを上回る量の多量の水が流れたということですね。

普段の水位はこんなに低いのに、今回の台風で流れた水の量が半端でなかったということですね。

修復作業をしているけど、完了のめどは立っていないとか。

一日でも早く復旧できることを祈ります。

JR東日本

 

無計画に小松に来て「コマツた」と言うなかれ!芦城公園がありますよ。古い街並みもありますよ。

4か月ほど前、石川県小松市に行きました。

特に理由はありません。

北陸鉄道で鶴来に行ったのですが、白山比咩神社でお参り後もこの町を散策しようと思ったら、雨が降ってきて、気分的にもうんざりしてきたので、鶴来経由で西金沢に戻りました。

でも、このまま金沢に戻るのも勿体ないと思い、521系電車に乗って、小松に行ってみようかと思いました。

とはいえ、そんな長時間滞在できない。

小松に来たはいいもの、どこに行こうか?安宅の関に行こうかと思ったけど、バスはない。タクシー使うとお金が出てしまう。

「小松に来たけど、コマツたなー」

と思ったけど、そうでもなかったですね。

散策に適するところがあるじゃないですか?

この街並み、昭和の面影を残しますね。

2019092201-1

この建物、古い建築なだけに歴史を感じますね。

2019092201-2

そして、芦城公園。加賀三代藩主前田利常の居城であった小松城の三の丸跡に作られた公園なのですね。

この日は天候が今一つだったせいか、人が少なかったのですが、何故か心が落ち着くような公園でした。

2019092201-4

2019092201-3

何の調査も準備もせず、無計画に小松に来ても、「コマツた」なんていうことはありません。

芦城公園があるじゃないか!

そう言いたくなるような公園に思えました。

この公園の近くに本陣美術館というのがあるのですね。

てっきり大名が泊まる本陣があったところなのかと思っていたら、さにあらず。

小松市出身の本陣甚一氏という人が、造った美術館なのですね。館内にはこの人のコレクションが展示されています。

ローソンJR三鷹駅南口店での見る鉄はいかがですか?

JR三鷹駅の南口を出て、武蔵境方向に線路沿いに歩いて1,2分のところに、ローソンJR三鷹駅南口店があります。

2019090704-1

そこにはイートインコーナーもあります。

2019090704-2

ここで座って飲食しながら見る鉄するのはいかがですか?

三鷹を発着する電車を見ながら飲食ができます。

ただし、見る鉄レベルですね。

撮り鉄となると、車両を遮るものが多いです。

これは三鷹で折り返しの東京メトロ東西線05系です。

2019090704-4

これはE231系です。快速か特急かはわかりません。

2019090704-3

これはE353系です。特急「あずさ」か「かいじ」かは忘れました。

2019090704-5

でも、ゆっくりくつろぎながら、電車を見るのもいいかも。

もちろん、ローソンJR三鷹駅南口店で買ったものを飲食することです。

よそで買った弁当を広げて食べるのはダメですよ。当然ですね。

あと、この店で買ったものでも、アルコール類もダメです。

そして長時間滞在もNGです。

JR東日本

 

521系に乗って、歌舞伎の町・小松に到着

4ヶ月ほど前に北陸本線の521系に西金沢→小松間を乗車しました。

これは小松に着いた直後の写真です。

上が切れてしまいました。

既に折り返しの金沢行きに表示を変更していました。

2019090701-1

もう、今の北陸本線には、ED70やEF70牽引の客車列車が走っていた時代の面影は殆ど見られませんね。

この小松駅は今は高架線の駅だけど、かつては地平駅だったと思います。

 

石川県小松市は歌舞伎の町でもあるのですね。

このカブッキーとかいうのもそのイメージキャラクターのようです。

2019090701-2

町には歌舞伎の看板も目につきました。

2019090701-3

2019090701-4

北陸鉄道石川線レポート14(白山比咩神社」は乗務員さんや乗客の安全をも見守る? )

「白山比咩神社 」って、何と読むのだろうと思ったら、「しらやまひめじんじゃ」と読むのですね。

http://www.shirayama.or.jp/index.html

この神社、奈良時代からの歴史があるのですね。

その「白山比咩神社」は北陸鉄道の乗務員さんや乗客の安全をも見守るのでしょうか?

これは北陸鉄道石川線の7000系のトップナンバー7001の車内の運転士室側を撮ったです。

東急から譲渡された時にワンマン運転の仕様に改造したのですね。

2019080902-1

よく見ると白山比咩神社 のお札が貼ってあります。

2019080902-2

今、北陸鉄道には東京メトロ日比谷線で走っていた03系の影が忍び寄ってきています。

何やら松任に到着したそうですが。

東京メトロ03系も北陸鉄道の線路上を走るようになると、この白山比咩神社 のお札が貼られるのでしょうか?

これを見ても、北陸鉄道の鶴来―加賀一の宮間が廃止になったことがとても残念に思えます。

それにしても、この白山比咩神社、森林浴にも適した神社のようにも思えます。

2019080304-3_20190809102801

2019080902-3

※当ブログの鉄道記事のうち、北陸鉄道関係は「鉄道(北陸鉄道)」として独立させました。

北陸鉄道浅野川線、石川線の関心のある方はこのカテゴリから探してみてください。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/cat24230260/index.html

より以前の記事一覧