2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

佐野市といえば、ラーメンといもフライだけ?いや、桜あんぱんも!味噌まんじゅうも!

4ヶ月前に佐野に行ったのですが、コロナウイルス感染が怖くて、イートインを敬遠しました。

これまで何度か佐野に来たのですが、ラーメン食べずに帰ったのは今回が初めて。

早くコロナウイルス感染が収束してほしいもの。

やっぱり、佐野のラーメンが食べたいよーーー!

でも、栃木県佐野市といえば、ラーメンといもフライのイメージが強かったのですが、それ以外も忘れてはいけないのですね。

桜あんぱんも、味噌まんじゅうも佐野の名物なのですね。

Img_4385

これはイートインをせず、JR佐野駅前の広場で食べました。

さのまると特急「りょうもう」号

さのまるは栃木県佐野市のイメージキャラクターですね。

その佐野市はJR両毛線も走れば、東武佐野線も走っていますね。

これは、東武の佐野駅の改札を入ったコンコースに置かれていたものです。

さのまると一緒に特急「りょうもう」号も描かれていますね。

2020100301-1

2020100301-2

特急「りょうもう」号は、佐野線には1日1往復しか入ってきません。

でも、館林まで特急「りょうもう」号を利用できますね。

東武としても、館林まで特急「りょうもう」号を利用してくれれば収入増にもなりますね。

浅草・北千住~館林間の特急料金は1050円、午後割・夜間割で840円。

私はその料金を払う価値はあると思います。

 

両毛線で211系が見られるのはあとどのくらい?5~10年前後?

JR両毛線の下り列車が佐野に着く前には、あの昨年の台風19号で氾濫した秋山川を渡ります。

そして大門踏切を通過します。

4ヶ月前、その大門踏切で211系を撮りました。

2020100201-1

2020100201-2

2020100201-3

この車両もかつては、首都圏を長編成で走っていましたが、今は地方に追いやられてしまいましたね。

かつて房総地区を走っていたこともありましたが、そこでも今は見られません。

中央線なら立川以西で見られますね。

この車両は国鉄末期に登場しましたね。

JR東日本だけでなく、JR東海、JR西日本でも走っていますね。

両数は減らしましたが。

両毛線で211系はあと、どのくらいでしょうか?

5年から10年前後?

秋山川氾濫で流された橋

栃木県佐野市には秋山川が流れています。

これは2018年11月に撮ったものです。

2020090901-1

これは2020年6月に撮ったものです。

2020090901-2

よく見ると、橋が両端を残して、なくなっていますね。

昨年の台風19号で流されたのでしょうね。

昨年の台風19号で秋山川が氾濫し、佐野市内も大きな被害を受けたとは聞いていたけど、橋をも流してしまう程だったのですね。

これは斜めから撮ったものです。

2020090901-3

これは橋の片側から撮ったものです。

2020090901-4

これは1,2枚目とは反対側から撮ったものです。

2020090901-5

これらは6月の時のものです。

今はどうなっているのでしょうか?

普段は流れ穏やかな秋山川も台風が来れば、怖い存在なのですね。

6月某日、佐野厄除け大師にはツツジがきれいに咲いていました

これは3ヶ月前に佐野厄除け大師で撮ったものです。

その厄除け大師には、ツツジがきれいに咲いていました。

2020090403-1

2020090403-2

2020090403-3

ツツジと言えば、40年程前に群馬県館林市のつつじヶ丘公園のツツジを観に行ったこともあります。

でも、この栃木県佐野市の厄除け大師のツツジもきれいですね。

また機会があったら、ツツジの咲く頃に佐野の厄除け大師に行ってみたいものです。

厄除け大師はJR両毛線と東武佐野線の佐野駅からでも、東武の佐野市駅からでも歩いていけますね。

行きは佐野市で下車して帰りは佐野から帰る、またはその逆もいいかも。

佐野市には金山神社と金色に輝く麗水観音像があるから・・・・・・

昨年の台風19号で、秋山川が氾濫し、栃木県佐野市も大きな被害を受けました。

私もほんの僅かな金額ながら、郵便局から災害義援金をふりこんだけど、どのくらい集まったのでしょうか?

その佐野市には山神社があります。

また、厄除け大師には 色に輝く麗水観音像があります。

しかも、この麗水観音、一度盗難に遭ったのに、盗んだ人の良心が咎めたのか、奇跡的に戻ってきたのですね。

2020090401

義援金がどのくらい集まったのかは知らないけど、これからも佐野市に少しでも多くの金が集まり、災害に強い町作りができればいいと思います。

私もこの日、佐野市で買い物をしたので、微々たるものとはいえ、佐野市内で金を落しました。

佐野市駅からさーのって

東武佐野線の下り電車が田島を出発すると、次は佐野市ですね。

この駅をJR両毛線の乗り換え駅と勘違いする人がいるようで、車内放送でも違いますよ的な案内をしますね。

これは佐野市に到着した850形の葛生行き。

2020090302-1

これは佐野市駅舎。

2020090302-2

ところで、この佐野市には生活路線バス「さーのって」号なるものが走っているのですね。

佐野市駅前というバス停もあります。

2020090302-3

東武佐野線の佐野市駅ならではの光景

東武佐野線の佐野市駅は、佐野市上台町にありますね。

これは、3ヶ月前に佐野市駅で撮ったものです。

850形の葛生行きです。

2020090201sanoshi-1

これも8000系の仲間。いつまで走っていられるのでしょうか?

何やら10000系も入り始めているようですね。

この佐野市駅、JR両毛線の乗り換えと勘違いする人もいるそうですね。

十年ほど前に、実際にそういう人を見かけたことがあったけど、今もいるのかな?

2020090201sanoshi-3

そして、この佐野線。一日1往復ながら特急「りょうもう」が入ってきますね。

「200」と書いてあるのは停車位置表示でしょうか?

2020090201sanoshi-4

だけど、佐野線に6両は過剰ですね。500系リバティ化して、3両を館林で切り離して、3両編成で入線させるのはどうなのでしょうか?

あと、何と言ってもこの駅は佐野厄除け大師の最寄り駅でもありますね。

2020090201sanoshi-2

これを思うと、「佐野市」駅は、「佐野大師」という駅名の方がいいかな?

京浜急行にも「川崎大師」という駅もあるし。

いや、それだと西新井の「大師前」とややこしくなるかな?

となれば「佐野厄除」という駅名がいいかな?

阪急には「門戸厄神」という駅はあるけど……。

栃木県佐野市には、ラーメン屋さん「大金」、金山神社、金色の麗水観音の像があるから・・・

先日、台風19号で秋山川が氾濫して被害を受けた栃木県佐野市の義援金を郵便局で振り込みました。

https://www.city.sano.lg.jp/soshikiichiran/sougou/koho_chiikirenkeika/19/13185.html

栃木県佐野市には、

「大」というラーメン屋さんがあります。

2020011903-1

山神社があります。

2020011903-3

厄除け大師には色に輝く麗水観音の像があります。

こ麗水観音の像は一度盗難に遭ったのですが、奇跡的に戻ってきました。

2020011903-2

自分はわずかな金額しか寄付できないけど、少しでも多くの義援金が集まることを祈りたいものです。

 

台風19号佐野市災害支援義援金を振り込みました

写真は栃木県佐野市を流れる秋山川です。

穏やかな流れの川に見えます。

2019112002

でも台風が来れば別ですね。

今年の10月の台風19号で氾濫したのですね。

これまで厄除け大師のお参りやラーメン、いもフライ等を目当て等何度か訪れたことのある佐野市が被害を受けたことに心を痛めています。

今から27年前、私は仕事がうまくいかなくて、栃木県佐野市に旅行に出掛け、厄除け大師にお参りしました。

即効ではなかったものの、徐々にもっとやり甲斐のある仕事を担当できるようになりました。

生活も好転しました。

厄除け大師の御利益ではないかと思えるのです。

それゆえに、本日義援金を振り込みました。

わずかな金額ですが。

台風19号佐野市災害支援義援金については、こちらをご覧ください。

https://www.city.sano.lg.jp/topics/info/in191018-06.html

思えば、佐野市にある厄除け大師の麗水観音は、一度盗難に遭ったのに、奇跡的に戻ってきたのですね。

佐野市の災害復旧も、何か奇跡的な良いことが起きることを祈りたいものです。

20191120021