2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

2024年5月

中尾彬さんと鉄道

俳優の中尾彬さんが亡くなったのですね。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202405220000551.html

https://www.jiji.com/jc/article?k=2024052200553&g=soc

謹んで、ご冥福をお祈りします。

鉄道マニアの私にとっては、中尾彬といえば、テレビドラマ「大いなる旅路」での砂田慶吉のイメージが大きいですね。

蒸気機関車の機関士役でしたね。

この日の東西線は葛西~西船橋間行ったり来たり

5月11日~12日は東京メトロ東西線の南砂町駅での線路・ホーム増設へ向けた線路切替工事のために東陽町~西葛西間が運休となりました。

https://www.tokyometro.jp/touzai-unkyu/index.html

西船橋からの上り電車は西船橋~葛西間を行ったり来たりでした。

葛西~西葛西間も行ったり来たりだったのですね。

つまり西船橋~浦安間の駅から西葛西へ行こうとすると、葛西で乗り換えなければいけなかったのですね。

あと、東葉高速鉄道との相互乗り入れも行わず、こちらも西船橋~東葉勝田台を行ったり来たりだったのですね。

2024051202-1

この西船橋で葛西行きの電車も撮りました。

2024051202-2

佐野市といえば、厄除け大師ですね

栃木県佐野市と言えば、厄除け大師ですね。

先月、お参りしました。

正式には惣宗寺といいますが、佐野厄除け大師と言われていますね。

https://sanoyakuyokedaishi.or.jp/

これを考えると、東武佐野線の佐野市駅も「厄除け大師口」に駅名を変えてはどうか?とさえ思います。

ここは、私にとっては御利益のあるように思えるのです。

若い頃、やることなすこと仕事がうまくいかなかった時、ここにお参りした後、徐々に好転したからです。

そんなわけで、撮り鉄や乗り鉄も兼ねて、この厄除け大師に時折お参りすることがあるのです。

ここには田中正造の墓もありますね。あの足尾鉱毒事件で奮闘した。

今の政治屋は田中正造の足下にも及ばない人ばかり。

佐野市を含む選挙区から選出されている茂木敏充も私利私欲のかたまりで、全く比較になりませんね。

2024051201-1

そして奇跡の麗水観音もありますね。一度盗難に遭ったのに、盗んだ犯人の良心が咎めたのか、戻ってきたのですよね。

2024051201-2

東西線で茅場町行きが運転されました

5月11日~12日は東京メトロ東西線の南砂町駅での線路・ホーム増設へ向けた線路切替工事のために東陽町~西葛西間が運休となりました。

https://www.tokyometro.jp/touzai-unkyu/index.html

中野方面からの電車は全て東陽町行きかと思ったら、茅場町で折り返す電車も運転されたのですね。

これは日本橋で撮ったものです。

2024051102-1

これは茅場町で撮ったものです。ぼやけてわかりにくいのですが、この電車は茅場町止まりの電車です。

2024051102-2

2024051102-3

 

 

宇都宮LRT 清原地区市民センター前でのカーブ その2

昨年の11月に宇都宮のLRTに乗りました。

清原地区市民センター前で途中下車し、カーブするところを撮りました。

上りの宇都宮駅東口行きが進入するところです。

私以外にもこのカーブするところを撮っていた人もいました。

ここでの撮り鉄はいかがですか?

2024051101-1

2024051101-2

2024051101-3

 

西小山は東急の駅だけれど・・・・・・

これは西小山で撮ったものです。

西小山は東急目黒線の駅ですね。

でも、この写真の左側は相模鉄道、右側は東京メトロの車両です。

2024051004

これら以外にも埼玉高速鉄道や都営地下鉄の車両はこの東急目黒線を走りますね。

かつて目蒲線として3両の電車が目黒と蒲田の間を行ったり来たりしていた時代を記憶している者としては、まさに隔世の感ですね。

京成の菅野駅の歩道橋から

学校法人・日出学園https://www.hinode.ed.jp/ の最寄駅でもある京成の菅野駅ですが、優等列車は停車しません。

朝8時頃と昼15時頃 - 16時頃は 、この学校の生徒で混雑するそうですね。

その菅野駅ですが、歩道橋があります。

歩道橋の上から下り電車を撮るのはいかがでしょうか?

4ヶ月前ですが、こんな写真を撮りました。

2024051003

 

佐野市、金山神社と観音寺

佐野市といえば、厄除け大師が有名ですが、厄除け大師程有名でなくても、こういう所に立ち寄るのもいいかも。

例えば金山神社。

少しでも金運に恵まれればと思って、お参りしました。

2024051002-1

そして観音寺。ここには大仏像もあります。

2024051002-2

目黒で撮った東京メトロ9000系新横浜行き

東急目蒲線は今はありませんね。今は目黒線と多摩川線に分離していますね。

目黒線は東横線の日吉、さらには新横浜線経由で新横浜、さらには相模鉄道の海老名まで直通運転するのもありますね。

先日、目黒で東京メトロ9000系を撮りました。

行き先は新横浜。つまり、東横線を経由して新横浜線に直通して新横浜まで行く電車です。

2024051001

E259系化された特急「しおさい」の船橋停車を撮る

これは成田エクスプレスではありません。

特急「しおさい」銚子行きです。

2024050804

3月16日のダイヤ改正で、特急「しおさい」はE259系に替わりましたね。

そして船橋にも停車するようになりましたね。

この日、船橋に停車する特急「しおさい」を撮るために、ここに来た次第です。

思えば特急「しおさい」は国鉄時代、183系からスタートしましたね。

ディーゼル急行「犬吠」を格上げする形で。

JR東日本

佐野市の扇屋という和菓子屋

東武佐野線の佐野市駅から厄除け大師に向かう途中、扇屋という和菓子屋さんがあることに気付きました。

それで、サブレとどら焼きを買いました。

2024050803

これまで何度か佐野市駅から厄除け大師まで歩いたけど、この和菓子屋さんの存在には全く気付きませんでした。

栃ナビというサイトでも紹介されています。

https://www.tochinavi.net/spot/home/?id=13636

エールNAVIというサイトでも紹介されています。

https://yell-navi.jp/partners/ougiya/

宇都宮LRT 清原地区市民センター前でのカーブ その1

昨年の11月に宇都宮のLRTに乗りました。

下り電車が清原地区市民センター前を発車すると、左にカーブしますね。

後追いですが、そのカーブするところを撮ってみました。

2024050802

佐野市駅はJR両毛線との乗り換え駅にあらず

東武佐野線の佐野市駅はJR両毛線との乗り換え駅ではありません。

なのに、勘違いしてこの駅で降りてしまう人がいるのか、電車が田島を出ると

「次の佐野市はJR両毛線との乗り換え駅ではございません」

と車内方法します。

私も十年前だったが、間違って降りてしまった人を目撃したことがあります。

2024050801

この駅は1914年に「佐野町」としてスタートし、1943年に「佐野市」に改称したそうですね。

この駅を「南佐野」とか「佐野植上」「佐野上台」あたりに改名するのはどうでしょうか?

それとも、地元の人は「佐野市」のままであることを望んでいるのかな?

 

 

宇都宮LRT 清原地区市民センター前にて

昨年の11月に宇都宮のLRTに乗りに行きました。

これは清原地区市民センター前で、宇都宮駅東口行き、すなわち上り電車の発車するところです。
2024050701-1

上り電車を見送ったら、下りの芳賀・高根沢工業団地行きがきました。

2024050701-2

田島駅も佐野市内の駅。10000系同士の交換

4月に佐野に行きました。

東武佐野線の田島駅もまた佐野市内にある駅ですね。

その名の通り、栃木県佐野市田島町に所在するのですね。

この駅で、10000系同士の交換するところを撮りました。

2024050601 

東武佐野線が8000系の独壇場だったのもつい数年程前ですね。

佐野線、小泉線、桐生線が10000系独壇場になるのも時間の問題?

この日、北館林解体所にいたのは、20000系、9000系、8000系

4月上旬に東武佐野線に乗りました。

渡瀬駅を出発すると、進行方向右側に北館林解体所が見えますね。

この日はまず、20000系がいました。東京メトロ日比谷線に直通運転していましたね。

2024050301-1

そして9000系もいました。東上線で活躍していましたね。

登場した当初は吊り掛け車の7000系も走っていましたね。

2024050301-2

2024050301-3 

しかもトップナンバーの9001でした。

2024050301-4

それより長く活躍した8000系もいました。

まだ走っている仲間もいるけど、そう遠くない時期にここにやってくることになるのでしょうね。

2024050301-5

製造当時は新車であっても、いずれは老朽化して廃車となりますね。

どの車両にも、長い間お疲れ様でした、と言いたい気分です。

 

リバイバルカラー200系館林出発。このカーブもいいかな?

4月に東武伊勢崎線の館林で撮ったものです。

リバイバルカラー200系特急「りょうもう」が館林を出発するところです。

2024050203-1

2024050203-2

館林駅の多々良寄りのカーブを描くところを撮るのもいいですね。

1800系時代を彷彿させるこの塗装、私も好きです。

この200系もいずれはリバティに代るのでしょうか?

今後の東武の車両製造計画はいかに?

さようなら255系特急「しおさい」 その5

255系で運転されていた特急「しおさい」もついに、E259系に替わってしまいましたね。

もう、255系「しおさい」を見ることはできません。

ダイヤ改正前に成東から255系「しおさい」に乗りました。

これが私にとって、最後の255系特急「しおさい」乗車となりました。

2024050202-1_20240502003001

乗った車両は自由席です。

でも、今の特急「しおさい」には自由席車はありませんね。

2024050202-2

JR東日本

リバイバルカラー200系の館林進入を撮る

これは4月に東武伊勢崎線の館林で撮ったものです。

リバイバルカラーの200系特急「りょうもう」が館林にカーブを描いて進入するところです。

2024050201-1

「りょうもう」号到着から数分後、800形の館林止まりの各駅停車が到着しました。

2024050201-2

30年以上走り続けた200系、60年程走り続けた8000系。

どちらもベテランですね。

北館林で解体されるのも、そう遠くないと思うけど。

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »