2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東武和泉レポート その4(「6」という数字が語るもの) | トップページ | あのキハ183系はタイで活躍しているのですね。 »

江戸川駅抜きで京成の歴史は語れず

写真は江戸川駅を通過する3000形の快速特急成田行です。

2023120802

江戸川には各駅停車しか停まりません。

でも、京成の歴史を語る上で、江戸川は欠かせないのですね。

京成が開業した当初、この江戸川駅が終着駅だったのですね。

開業当初は「伊予田」を名乗り、その後市川市ではないのに「市川」を名乗ったのですね。

というのはここで船に連絡して、江戸川の向こう岸の市川市に客を誘導していたからだそうですね。

江戸川橋梁が完成して、「江戸川」名乗り現在に至っているのですね。

この駅の住所も江戸川区北小岩3丁目。まさに江戸川区の駅ですね。

ちなみに「江戸川台」駅は東武野田線で、千葉県流山市にありますね。

「江戸川橋」駅は東京メトロ有楽町線で、東京都文京区にありますね。

 

« 東武和泉レポート その4(「6」という数字が語るもの) | トップページ | あのキハ183系はタイで活躍しているのですね。 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東武和泉レポート その4(「6」という数字が語るもの) | トップページ | あのキハ183系はタイで活躍しているのですね。 »