2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

銚子電鉄。前と後ろで顔が異なる2000系(2017年9月。外川にて)

以前、当ブログの銚子電鉄の記事に

「2000系を置き換えるのは、非常にいいことで先頭車両が、前面が、異なる顔で不揃いになっていてかっこ悪いです 」

とコメントくださった方がいらっしゃいました。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2023/08/post-c599ea.html

これは2017年9月に銚子電鉄の外川で撮ったものです。

2023091601-1

2023091601-2

私も初めて見た時は「えっ?」と思いましたね。

やはり違和感を持ちました。

その反面、どちらもかつての京王電鉄時代を思い出させる点はよかったと思いましたが。

 

秩父鉄道の大ベテラン機関車デキ103、今日も石灰石輸送

これは秩父鉄道の小前田で撮ったものです。

機関車はデキ100形のデキ103です。

2023091301-1

この機関車、1954年製なのですね。

来年で70年目を迎える大ベテランなのですね。

石灰石を積んだ貨車を引いて、小前田駅を出発です。

2023091301-2

 

タンク機関車なのに、C62よりも大きいブルガリア国鉄 46形蒸気機関車

海外にはタンク機関車なのに、C62よりも大きい蒸気機関車があるのですね。

こんな動画を見つけました。

https://www.youtube.com/watch?v=QchXVmNjfXg&t=15s

ブルガリア国鉄 46形蒸気機関車がそれです。

ブルガリアの首都ソフィアとペルニクという都市の間、約30Kmしか離れていない距離で石炭輸送などに活躍していたそうです。だいたい、東京ー横浜間ほどの距離ですね。

その46形蒸気機関車ですが、前兆8m、全高4.3m、重量149トンだそうです。

かつて国鉄で、特急「つばめ」「はと」「はつかり」、急行「安芸」「ニセコ」などを牽引したC62よりも重いのですね。タンク車なのに。

日本は線路幅が狭軌なのに、ブルガリアは標準軌ゆえに、タンク車でもこれほどおおきなものを製造して走らせることができるのでしょうね。

そしてこの機関車、何と、動態保存されているそうです。

 

意外と煙が出なかったパレオエクスプレスのふかや花園駅発車

5月中旬のふかや花園でC58363牽引のパレオエクスプレスを撮りました。

2023090801-1

パレオエクスプレスがふかや花園に停車することになった代わりに武川が通過になったのですね。

2023090801-2

発車シーンを撮ったのですが、意外と煙は出ませんでした。

このC58363ですが、国鉄時代は釜石、仙台、小牛田、郡山、新庄と、東北地方のみで活躍していたのですね。

秩父鉄道

秩父鉄道で活躍の元東急車

5月に秩父鉄道のふかや花園で撮ったものです。

これは7800系。元東急8090系ですね。

2023090701-1

これは7000系。元東急8500系ですね。

2023090701-2

思えば、秩父鉄道には元東急7000系が2000系として走っていた時期もありましたね。

東急8500系は秩父鉄道だけでなく、長野電鉄や伊豆急行、さらにはインドネシアに譲渡されたものもありますね。

8090系の中には富山地方鉄道に譲渡されたものもありますね。

何年か後には、別の東急車がこの秩父鉄道を走るようになるのでしょうか?

今の東急車の中にも、いずれ地方鉄道か外国に譲渡されるものも出てくるでしょうか?

 

3700形もかれこれ30年以上の歳月が過ぎましたね。

先日、京成船橋で3700形の快速西馬込行きを撮りました。

すなわち都営地下鉄浅草線に直通する電車ですね。

2023090601

3700形もかれこれ30年以上の歳月が過ぎましたね。

まだ3500,3400,3600形が走っていることを考えると、廃車が出るのはまだまだ先かもしれませんね。

3500形のように半世紀走っている車両もあることを考えると、あと20年弱は走っていられる?

ふかや花園を通過するデキ505牽引貨物列車

秩父鉄道の電気機関車って、かつての国鉄を走っていたEF13とかEF15を縮小したような感じですね。

現在秩父鉄道には、デキ100、デキ200,デキ300、デキ500形の4種類があるのですね。

これはふかや花園を通過するデキ505の貨物列車です。

石灰石を引き渡してカラの貨車の回送でしょうか?

2023090202-2

2023090202-1

製造されてからもう43年の歳月が経つのですね。

この機関車よりも古いのがまだ現役で走っているので、まだまだ活躍するのかもしれないけど、秩父鉄道としては新規で製造するのでしょうか?

JR貨物の機関車のお古をもらうのでしょうか?だけどEF級の機関車が秩父鉄道で走れるのかなあ?

この車両を有料急行に使うのは、ちょっとねえ・・・

5月中旬に秩父鉄道に乗車しました。

これはふかや花園駅で撮ったものです。

2023090201

車両は5000系です。

秩父鉄道では6000系が急行用として使用されますね。

この5000系は、都営地下鉄三田線を走っていた時は6000形でしたね。

そして、6000系が検査等で運用につけず、車両不足が生じた際には、この5000系が急行「秩父路」号として運用されるのですね。

オールロングシートなのに。

しかも急行料金210円もしっかり取るのですね。

5000系急行にあたった人にとっては、納得がいかないのでは?

せめて半額にしてほしいものですね。

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »