2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 6両編成の「リバティりょうもう」は今後増える? | トップページ | 過渡期の光景?赤城行き10000系と西小泉行き8000系の並び »

3100形あと1編成?次は3200形?編成車両数が変更できる新形式車両だとか。

マイナビニュースによると、京成電鉄は3100形を1編成製造するそうですね。

これによって3500形か3400形が1編成廃車でしょうか?

その一方で新形式車両「3200形」導入に向けた設計をも進めるそうですね。

京成電鉄、3100形1編成を新造 - 新型車両「3200形」導入に向け設計 | マイナビニュース (mynavi.jp)

鉄道コムでもこのニュースが出ていますね。

https://www.tetsudo.com/news/2877/

となれば、今度の3100形の製造が最後なのでしょうか?

今年度は設計を進めるだけで、製造されて営業運転に入るのは2024年度以降でしょうか?

3200形は編成車両数が変更できる新形式車両だそうですね。

ということはある時は4両編成で金町線に入り、ある時は8両編成で優等列車に運用されたり、都営地下鉄浅草線や京浜急行にも直通するといった幅広い運用に対処できるようにするということでしょうか?

ただ、芝山鉄道に運用される時は2両編成で運転できるようにするのでしょうか?

少なくともこの線区で6両編成は過剰も甚だしいですよね。

写真は今年の1月に京成高砂で撮ったものです。

20230511801

 

« 6両編成の「リバティりょうもう」は今後増える? | トップページ | 過渡期の光景?赤城行き10000系と西小泉行き8000系の並び »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6両編成の「リバティりょうもう」は今後増える? | トップページ | 過渡期の光景?赤城行き10000系と西小泉行き8000系の並び »