2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 柴又での3600形と3500形の交換光景 | トップページ | 都営地下鉄5500形快速の通過と5000形時代からの思い出 »

幕張で、今や遅しとばかりに待機中のE131系

いよいよE131系の営業運転が近付いてきましたね。

これは1ヶ月程前に撮ったものです。

2021030201

幕張車両センターで今や遅しと言わんばかりに待機中のE131系です。

ただ、営業運転区間は木更津-安房鴨川ー上総一ノ宮間と、佐原-鹿島神宮間で、千葉発着の列車には運用されないようですね。

そこまでわざわざ回送運転ですか。

確かに千葉近辺で2両だと輸送力不足でしょうね。

だけど、2×2の4両編成や2×3の6両編成での運用で対応できないのでしょうか?

209系の車両状態によって、今後も増備されるのでしょうか?

209系もかれこれ30年程経ってますね。

となれば4両編成や6両編成のE131系も製造されることもあり得る?

それともあくまで2両が基本で、需要に応じて2×2の4両編成から2×5の10両編成までの対処する?

JR東日本としての計画はどうなのだろう?

思えば房総地区はかつてはディーゼルカーや蒸気機関車牽引の列車が走っていました。

あれは国鉄時代でしたね。

この幕張車両センターも国鉄時代からの基地ですね。

かつては183系、113系、165系がいました。

そして「113」の数字の十の位と一の位が入れ替わったE131系の登場。

あの時代ではE131系のような電車が走るとは想像できませんでしたね。

« 柴又での3600形と3500形の交換光景 | トップページ | 都営地下鉄5500形快速の通過と5000形時代からの思い出 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柴又での3600形と3500形の交換光景 | トップページ | 都営地下鉄5500形快速の通過と5000形時代からの思い出 »