2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 都営地下鉄5500形快速の通過と5000形時代からの思い出 | トップページ | 潮見駅前での喫煙者による濃厚接触 »

もう、特急「踊り子」の自由席車には乗れないのですね。

185系もいよいよ終わりですね。

先日、大船→東京間を185系特急「踊り子」に乗りました。

2021030501-1

乗った車両は修善寺発の付属編成のサハ185。

でも、隣のモハのモーター音がよく聞こえてきますね。

そしてこの車両は自由席車。

今度の改正で自由席車はなくなるのですね。

2021030501-2

「特急がきたから飛び乗っちゃおう、特急券なんか、あとから買えばいい」

ということもできなくなる・・・・・・、というわけではないけど、

それをすれば、料金を多めに払うことになる。

検札する車掌さんの手間を少なくするにはいいのでしょうけど。

ちょっと寂しいものもあります。

それにしても、国鉄時代から走っていた185系特急「踊り子」、同じ車両を使って、よく40年程持ったものです。

かつては急行「伊豆」と「おくいず」、その後157系特急「あまぎ」が入り、その「あまぎ」が183系に代わり、「おくいず」が「伊豆」に統合され、「あまぎ」と「伊豆」を統合する形で登場した185系特急「踊り子」(183系「踊り子」も存在していた時期もありましたが)。

この度、この電車も引退。

時の流れですね。

国鉄 JR東日本

« 都営地下鉄5500形快速の通過と5000形時代からの思い出 | トップページ | 潮見駅前での喫煙者による濃厚接触 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都営地下鉄5500形快速の通過と5000形時代からの思い出 | トップページ | 潮見駅前での喫煙者による濃厚接触 »