2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東武野田線を急行で全線乗車 その12 高柳での追抜きは10000系 | トップページ | ここでも見た小田急の伝統的お家芸。1000形の各駅停車を3000形の快速急行が追い抜くと思ったら »

東武野田線を急行で全線乗車 その13 大宮→船橋の選択肢としては?

5ヶ月前、東武野田線の急行に乗りました。

乗車区間は大宮→船橋間です。つまり全線乗車したのです。

乗った車両は8000系でした。

これは終点船橋に着いたところです。

大宮から78分でした。

2020110301-1

折り返しは急行柏行きです。

2020110301-2_20201103144401

大宮ー船橋間直通の急行は時間帯が限られているのですね。

野田線の多くが単線だったころには約2時間掛かった列車もあったことを考えると、78分での走破は大きな前進ですね。

ただ、大宮ー船橋間の移動の選択肢としては最良とも言えませんね。

この電車が大宮14:44発で船橋16:02着でした。

でも、JR高崎線で14:43発の熱海行きに乗り、上野、秋葉原乗り換えで移動すると、船橋には15:49に着いてしまいます。ただ、運賃は東武経由だと817円なのに、JR利用だと935円です。

東武の方が安いのですね。

なら、東武利用が最安か?といえば、さにあらず。

京浜東北線を利用し、日暮里で京成に乗り換えると773円で、東武利用より安く済みます。

大宮14:49発の京浜東北線に乗ると、日暮里で京成の快速特急成田行きに乗り換えられ、京成船橋には16:05着です。

直通ニーズは今一つなのかもしれませんね。

JR東日本 京成 東武

« 東武野田線を急行で全線乗車 その12 高柳での追抜きは10000系 | トップページ | ここでも見た小田急の伝統的お家芸。1000形の各駅停車を3000形の快速急行が追い抜くと思ったら »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東武野田線を急行で全線乗車 その12 高柳での追抜きは10000系 | トップページ | ここでも見た小田急の伝統的お家芸。1000形の各駅停車を3000形の快速急行が追い抜くと思ったら »