2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

「河のほとりに」と谷山浩子さんと石川優子さん

岡村孝子さんはヤマハのポプコン出身です。

辛島美登里さんもヤマハのポプコン出身です。

下成佐登子さんもヤマハのポプコン出身です。

中島みゆきさんもヤマハのポプコン出身です。

明日香さんもヤマハのポプコン出身です。

八神純子さんもヤマハのポプコン出身です。

伊藤敏博さんもヤマハのポプコン出身です。

そして、

谷山浩子さんもヤマハのポプコン出身です。

石川優子さんもヤマハのポプコン出身です。

谷山浩子さんは「河のほとりに」を歌ったことがあります。

石川優子さんも「河のほとりに」を歌ったことがあります。

「河のほとりに」を作詞・作曲したのは、谷山浩子さんです。

先日、江戸川の土手を歩いていたら、「河のほとりに」という歌を思い出してしまいました。

2020112801

もう、かれこれ40年以上も前の歌なのですね。

1979年なのですね。

1979年では、私は谷山浩子さんの存在を知りませんでした。

石川優子さんについては、コルゲントローチのコマーシャルで存在を知っていましたが、無関心でした。

翌年に関心を持つようになり、この歌の存在も知りました。

翌々年にはファンクラブに入会しました。

岡村孝子さんは1979年時点では、まだデビューしておらず、岡崎北高校の生徒でした。翌年、大学受験に失敗して浪人を余儀なくされましたが、翌々年に椙山女学園大学に入学し、加藤晴子さんと出会いました。

こんな動画も紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=3z-1VvzCnBU

https://www.youtube.com/watch?v=qpuh59HdfyE

https://www.youtube.com/watch?v=C5IKbResh_A

https://www.youtube.com/watch?v=imnM8fvbvm4

 

初めてE131系を撮る。まだ営業運転ではないけど

ついに初めてE131系を撮りました。

総武線各駅停車の幕張本郷駅のホームから撮りました。

2020111701 

でも、営業運転は来年の3月だそうですね。

それまでは試運転なのですね。

営業運転は内房線 木更津~安房鴨川、外房線 上総一ノ宮~安房鴨川、鹿島線 佐原~鹿島神宮で行われるそうだけど、所属はこの幕張車両センターでしょうか?

ということは、それ以外は回送運転なのでしょうね。

まさか、209系の定期列車と併結運転はないかな?

これが小田急だったら、併結運転が可能なようにE131系を設計・製造したかな?

その後、状況を見て、徐々に増備して209系を追うことになるのでしょうか?

そうなれば、千葉~木更津・上総一ノ宮・佐原間でも営業運転するようになるでしょうか?

どうなるかわからないけど、E131系の活躍に期待したいですね。

JR東日本

「串カツ 田中」2店くらべ。たまには、こんなのもいいかな?

串カツは大阪名物なのですか?

串カツ 田中という店を見掛けますね。

でも、社長は田中さんではなく、貫さんなのですね。

田中さんは副社長なのですね。

でも、レシピを考案したのは、この副社長の田中さんのお父さんなのですね。

あと、大阪名物だというから、本社は大阪にあると思いきや、東京都品川区東五反田にあるのですね。

先日、梅ヶ丘店に行ってきました。小田急線梅ヶ丘駅から5分程度の世田谷区梅ヶ丘1-15-9にあります。

2020111601-1

この時は紅ショウガと山芋とニンニクをテイクアウトしました。

レジ袋は無料で、こんな箱に入っていました。

2020111601-2

2020111601-3

別な日に稲毛店に行きました。JR総武線の稲毛駅から数分の千葉市稲毛区小仲台2-4-8にあります。

2020111601-4

この時は牛、トマト、チーズ、ニンニク、豚しそをテイクアウトしました。

レジ袋は有料だったので、透明のパックのまま持ち帰りました。

店によって違うのですね。

2020111601-5

たまにはこういう飲食もいいかな?

機会があったら、別の「串カツ 田中」に行って比べてみようかと思います。

コロナウイルスが収束したら、店内でゆっくり飲食してみたいですね。

ほんの一瞬ながら撮れたE235系

これは総武線各駅停車から撮ったものです。

E235系が映っていました。

ほんの一瞬でも、初めて撮りました。

2020111501

12月21日から営業運転を始めるのですね。

いよいよ来たか、という感じですね。

70系が走っていた横須賀線時代(つまりまだ国鉄の頃)から記憶している者としては、電車もまた、世につれ変わっていくものであることを改めて痛感します。

JR東日本は車両を入れ替える時はあっという間に入れ替えてしまうから、来年の今頃はE217系は少数派になっているでしょうか?

それとも、コロナウイルス感染拡大の影響による減益も影響して、そんな早く置き換えは進まない?

E217系を引き取ってくれる所はあるのでしょうか?

E217系が去っていくのを惜しみつつも、E235系の活躍に期待したいですね。

京成国府台と学校

京成の国府台。「こくふだい」とは読みませんね。

「こうのだい」ですね。

JRの国府津も「こくふづ」ではなく「こうづ」、名鉄の国府も「こくふ」ではなく「こう」ですね。

この地は「鴻之台」と書かれた時代もあり、また下総国府が置かれたこともあったのですね。

さて、京成の国府台は和洋女子大学の最寄り駅。

2020111101-2

女優の結城しのぶさんがこの大学の出身なのですね。中退だけど。

参議院議員や東京都知事をも務めた放送作家の青島幸男氏の娘・青島美幸さんもこの大学の出身なのですね。

あと、この大学の付属の中学・高校もあるのですね。

でも、国府台は和洋女子大学だけの最寄り駅ではありません。

千葉商科大学の最寄り駅でもあります。

1982年、この大学の学園祭で石川優子さんのコンサートがありました。

それ以外にも東京医科歯科大学、県立国府台高校、筑波大学附属聴覚特別支援学校の最寄り駅でもあるのですね。

これだけの学校があるけれど、この駅には優等列車は停まりません。

かつては急行が停まっていた時期もありましたが、今は各駅停車しか停まりません。

でも、これらの学校の入学式、卒業式、入学試験日、文化祭・学園祭開催日には、一部の優等列車が臨時停車してあげられないのかなあ・・・・・・。

ちょっとした思いつきの域を出ないことですが。

写真は国府台を通過する快速特急上野行きです。

2020111101-1

 

小田急初代5000形と2代目5000形

これは小田急の初代5000形です。

2012年に町田で撮りました。

引退間際ですが、快速急行などの優等列車に運用されていました。

2020111001-1 2代目5000形です。

2ヶ月前に梅ヶ丘で撮りました。

2020111001-2

初代5000形が引退して8年が過ぎ、2代目5000形の登場ですね。

そういえば、7000形が昨年引退したけど、10年以内に2代目7000形が登場するでしょうか?

ただ、小田急は何故か6000形という車両がないですね。

当面、通勤車は5000形が増備されるけど、その次は6000形かな?

あと、小田急にはかつてキハ5000形というのが存在していたのですね。

http://www.agui.net/imglog/oer/oerimg-689.html

当時、電化していなかった国鉄御殿場線への直通列車用として。

江戸川渡る京急1000形。思い出せば、初代1000形も・・・・・・。

これは一ヶ月前に京成の国府台で撮ったものです。

江戸川を渡る京浜急行の1000形です。

快速佐倉行きです。

2020110901 

京成は江戸川の両岸に駅を持っていますね。

千葉県側は国府台、東京都側は江戸川。

ところで、この京急1000形は佐倉に着くと、折り返しは都営浅草線の西馬込行きになりますね。

直ぐには京急線に帰してもらえずの運用ですね。

思い出せば、京浜急行の初代1000形もこの江戸川を渡り、千葉県内を快走していましたね。

歴史は繰り返されますね。

梅ヶ丘でまだαになっていないEXEを撮る。

2ヶ月前に小田急の梅ヶ丘で撮ったものです。

30000形のEXEのえのしま号です。

2020110801

そうですね。まだαになっていない車両ですね。

この車両もいずれはαになるのでしょうけど。

来年で登場から四半世紀になりますね。

あと10年から15年は使えそうですね。

ということは小田急の特急車も、あと10年から15年はないということでしょうか。

この間になんらかのニーズ変化があれば、別かもしれませんが。

 

梅ヶ丘でのすれ違い。小田急1000形とJRのE233系

これは2ヶ月前に小田急の梅ヶ丘で撮ったものです。

1000形とJR東日本のE233系のすれ違いです。

2020110701

1000形は急行だったか快速急行だったかは覚えていません。

JRのE233系は準急でした。

どちらも梅ヶ丘には停まりません。

今、JRには準急は走っていませんね。

急行すら定期では走っていませんね。

でも、小田急では走っていますね。

JRのE233系は東京メトロ千代田線経由でこの小田急線を走ります。

思えば、小田急の1000形もかつては千代田線を走っていましたね。

東中山で都営5500形を撮る。都営車は東中山以東には行かない時代もあったけど。

これは1ヶ月ほど前に京成の東中山で撮ったものです。

都営地下鉄の5500形ですね。

2020110601

都営浅草線の車両は、5500形が増えて行きますね。

5300形もいずれは、すべて5500形に代わられますね。

5000形時代からの記憶があるものとしては、時の流れを感じます。

その都営5000形ですが、1982年頃までは東中山までしか来なかった記憶があります。

しかも、京浜急行に乗り入れた時は急行運転するのに、京成線内では各駅停車ばかりだった時期もあった記憶もあります。

でも、今の都営車の行動範囲は広いですね。

この電車は快速佐倉行きでした。

 

東中山で撮った3列車そろい踏み

これは、京成の東中山で撮ったものです。

東中山では優等列車による追抜きが行われるので、このような光景も見られますね。

2020110501

真ん中は3700形の快速西馬込行き。

もし、この電車があと、1,2分遅れたら4本撮れたかも。

だからと言って、遅れてくれなんて言うつもりはありません。

3700形も30年弱の歳月が過ぎましたね。

でも、バリバリ活躍していますね。

京成線内だけでなく、都営地下鉄浅草線や京浜急行にも直通運転しますね。

あと10年は走れるかな?

この東中山は特急停車駅だった時期もあります。

通勤時間帯には八千代台発東中山行きという特急も走っていた時期もありましたね。

205系のインドネシアでの活躍に期待したい

10月に武蔵野線の205系もついに運転が終了しましたね。

101系1000番台時代からの記憶がある者としては、まさに時の流れを感じます。

武蔵野線には103系も走った時期もありましたね。

写真は京葉線の新浦安で8月に撮ったものです。

2020110401

だけど、武蔵野線を走っていた205系は1両も解体されず、インドネシアに譲渡されたのですね。

既にインドネシアに渡った車両は通勤電車としているようですね。

205系のインドネシアでの活躍を祈りたいです。

JR東日本 国鉄 

海神の坂登り。3000形の特急成田空港行き

京成の海神駅は、101年の歴史があるのですね。

その101年の歴史の中には、総武鉄道海神線との乗り換え駅だった時期もあったのですね。

でも、この総武鉄道海神線はわずか4年で営業休止になったのですね。

その海神駅ですが、西船方面から坂を登ってくるところの撮り鉄もいいかも。

これは1カ月前に撮ったものです。

2020110303 

電車は3000形の特急成田空港行きです。

3000形が今の京成車両の中での与党第一党的存在。

今後、3100形が増備されていくことになると思いますが、3000形の両数を超える日はいつ?

そうなる前に3200形が登場する?

これは予想できません。

ここでも見た小田急の伝統的お家芸。1000形の各駅停車を3000形の快速急行が追い抜くと思ったら

これは梅ヶ丘で撮ったものです。

1000形の各駅停車を3000形の快速急行が追い抜くと思いました。

2020110302-1

ところが、この快速急行は新宿寄りには1000形を併結していました。

2020110302-2

2020110302-3

異形式の併結運転は、まさに小田急の伝統的お家芸ですね。

ただ、4000形も5000形も4両編成も6両編成もありません。

いずれは見られなくなるのでしょうか?

とは言っても、それは20年程先かな?

小田原・箱根湯本方面と藤沢・江ノ島方面の優等列車が新宿ー相模大野間併結運転していた時代と比べれば、本数は大幅に減らしたとはいえ、まだまだ時折見られるものですね。

東武野田線を急行で全線乗車 その13 大宮→船橋の選択肢としては?

5ヶ月前、東武野田線の急行に乗りました。

乗車区間は大宮→船橋間です。つまり全線乗車したのです。

乗った車両は8000系でした。

これは終点船橋に着いたところです。

大宮から78分でした。

2020110301-1

折り返しは急行柏行きです。

2020110301-2_20201103144401

大宮ー船橋間直通の急行は時間帯が限られているのですね。

野田線の多くが単線だったころには約2時間掛かった列車もあったことを考えると、78分での走破は大きな前進ですね。

ただ、大宮ー船橋間の移動の選択肢としては最良とも言えませんね。

この電車が大宮14:44発で船橋16:02着でした。

でも、JR高崎線で14:43発の熱海行きに乗り、上野、秋葉原乗り換えで移動すると、船橋には15:49に着いてしまいます。ただ、運賃は東武経由だと817円なのに、JR利用だと935円です。

東武の方が安いのですね。

なら、東武利用が最安か?といえば、さにあらず。

京浜東北線を利用し、日暮里で京成に乗り換えると773円で、東武利用より安く済みます。

大宮14:49発の京浜東北線に乗ると、日暮里で京成の快速特急成田行きに乗り換えられ、京成船橋には16:05着です。

直通ニーズは今一つなのかもしれませんね。

JR東日本 京成 東武

東武野田線を急行で全線乗車 その12 高柳での追抜きは10000系

5ヶ月前、東武野田線の急行に乗りました。

乗車区間は大宮→船橋間です。つまり全線乗車したのです。

乗った車両は8000系でした。

高柳では10000系の各駅停車を追抜きです。

2020110101

高柳で抜くということは、新柏ー逆井間から乗車の人も、ここで急行に乗り換えれば、新鎌ケ谷や船橋に早く行けるということですね。

この高柳を出れば、六実を通過して新鎌ケ谷。

新鎌ケ谷を出れば、鎌ケ谷、馬込沢、塚田、新船橋を通過して船橋。

野田線の急行の中には柏-船橋間の所要時間が19分というのもあります。

つまり20分を切る列車もあるということですね。

単線区間の残っていた時代はこの区間は30分超えは当たり前だっただけに、急行の偉大さを感じてしまいます。

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »