2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東武野田線を急行で全線乗車 その10 柏停車中に、8000系急行大宮行きが、船橋発の60000系普通が | トップページ | 東武野田線を急行で全線乗車 その11 高柳にあるのは検車区ではなく留置線 »

梅ヶ丘で4+6の8000形快速急行を撮る。活躍できるのは、あと何年?

1980年代の小田急の象徴的な車両8000形、まだまだ元気で活躍していますね。

これは2ヶ月前に梅ヶ丘で撮ったものです。

快速急行でした。

2020102502-1

10両編成、全て8000形。4両+6両でした。

2020102502-2

そういえば、8000形で10両固定編成ってありませんね。

そりゃそうですね。

8000形が登場した当時の小田急は、小田原・箱根湯本方面と、藤沢・片瀬江ノ島方面の電車が新宿ー相模大野間を併結運転する時代でしたからね。

小田急はこれから5000形を増備していくでしょう。

となれば、8000形の活躍もあと何年でしょうか?

« 東武野田線を急行で全線乗車 その10 柏停車中に、8000系急行大宮行きが、船橋発の60000系普通が | トップページ | 東武野田線を急行で全線乗車 その11 高柳にあるのは検車区ではなく留置線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東武野田線を急行で全線乗車 その10 柏停車中に、8000系急行大宮行きが、船橋発の60000系普通が | トップページ | 東武野田線を急行で全線乗車 その11 高柳にあるのは検車区ではなく留置線 »