2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 梅ヶ丘で小田急の伝統的お家芸を撮る(3000形と8000形) | トップページ | 3700形もそろそろベテランの域 »

東武佐野線の佐野市駅ならではの光景

東武佐野線の佐野市駅は、佐野市上台町にありますね。

これは、3ヶ月前に佐野市駅で撮ったものです。

850形の葛生行きです。

2020090201sanoshi-1

これも8000系の仲間。いつまで走っていられるのでしょうか?

何やら10000系も入り始めているようですね。

この佐野市駅、JR両毛線の乗り換えと勘違いする人もいるそうですね。

十年ほど前に、実際にそういう人を見かけたことがあったけど、今もいるのかな?

2020090201sanoshi-3

そして、この佐野線。一日1往復ながら特急「りょうもう」が入ってきますね。

「200」と書いてあるのは停車位置表示でしょうか?

2020090201sanoshi-4

だけど、佐野線に6両は過剰ですね。500系リバティ化して、3両を館林で切り離して、3両編成で入線させるのはどうなのでしょうか?

あと、何と言ってもこの駅は佐野厄除け大師の最寄り駅でもありますね。

2020090201sanoshi-2

これを思うと、「佐野市」駅は、「佐野大師」という駅名の方がいいかな?

京浜急行にも「川崎大師」という駅もあるし。

いや、それだと西新井の「大師前」とややこしくなるかな?

となれば「佐野厄除」という駅名がいいかな?

阪急には「門戸厄神」という駅はあるけど……。

« 梅ヶ丘で小田急の伝統的お家芸を撮る(3000形と8000形) | トップページ | 3700形もそろそろベテランの域 »

鉄道」カテゴリの記事

佐野市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅ヶ丘で小田急の伝統的お家芸を撮る(3000形と8000形) | トップページ | 3700形もそろそろベテランの域 »