2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 1次車から14次車まで3000形。3019編成は5次車 | トップページ | 京成八幡に展示されていたプラレール »

雨上がりの飯田橋の新ホームに降りる

総武・中央線各駅停車については、国鉄時代、しかも茶色の国電72系時代からの記憶がありました。

飯田橋駅はカーブのところにホームがあるため、電車とホームとの間が広くあいていて、危険でした。

実際に転落事故もあったそうですね。

でも、今は違います。

先日、飯田橋に行く用事があり、初めて新しいホームに降りました。

新宿寄りに移動しましたね。

2020081801-1

2020081801-2

ホームが濡れていますが、大雨が降った後でした。

国鉄時代だったか、千葉方面から来て飯田橋で折り返す電車もあった記憶があります。

今のホームがある場所が、かつて飯田橋折り返し便の引き上げ線のあった所ですね。

新ホームに移動後、危険度が下がったけど、東京メトロ東西線との乗り換えには歩く距離が長くなりましたね。

JR東日本

« 1次車から14次車まで3000形。3019編成は5次車 | トップページ | 京成八幡に展示されていたプラレール »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1次車から14次車まで3000形。3019編成は5次車 | トップページ | 京成八幡に展示されていたプラレール »