2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日光詣の横に10000系区間急行館林行きが到着 | トップページ | まだまだ元気に活躍、ベテラン3400形。京成中山で3400形の特急成田空港行きを撮る »

碓氷峠鉄道文化むらで「EF63&189系記念セレモニー」7月11日に開催

かつて、信越本線には特急「あさま」が走っていました。

信越本線には碓氷峠という難所があり、ここを通る列車はEF63を2両連結して越えなければいけませんでしたね。

北陸新幹線の長野開業と同時に廃止されましたが、碓氷峠鉄道文化むらというものがありますね。

7月11日にこの碓氷峠鉄道文化むらで「EF63&189系記念セレモニー」が開催されるそうです。

189系「あさま」の車内も公開されるそうです。

https://railf.jp/event/2020/07/02/132500.html

https://www.usuitouge.com/bunkamura/events/563/

 

それにしても189系の功績は大きいですね。

特急「あさま」は当初181系でした。EF63との協調運転が出来ないので8両に制限されていました。

それが189系になったら12両になったのですからね。

特急「あさま」以外にもこの碓氷峠を越えた特急には「白鳥」「はくたか」「白山」がありましたね。

「白鳥」と「はくたか」はディーゼル特急でした。

「はくたか」は電車化されたら、長岡経由に変更されましたね。

「白山」は急行時代も特急格上げ後も碓氷峠を越えていましたね。

遠い日の思い出でした。

JR東日本  国鉄

 

 

 

« 日光詣の横に10000系区間急行館林行きが到着 | トップページ | まだまだ元気に活躍、ベテラン3400形。京成中山で3400形の特急成田空港行きを撮る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日光詣の横に10000系区間急行館林行きが到着 | トップページ | まだまだ元気に活躍、ベテラン3400形。京成中山で3400形の特急成田空港行きを撮る »