2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

山本寛斎氏と京成スカイライナー

ファッションデザイナーの山本寛斎氏が亡くなったのですね。

謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

さて、山本寛斎氏といえば、あの京成スカイライナーをデザインした人でもありますね。

しかも、そのスカイライナーことAE車は、ブルーリボン賞も受賞しましたね。

改めて、山本寛斎氏の功績を讃えたいです。

写真は2011年11月に京成青砥で撮ったものです。

この時はイブニングライナーに運用された時のものです。

2020072701-1

2020072701-2

祝・箱根登山鉄道ついに運転再開!(^_^)(^〇^)(^◇^)

昨年の台風19号で甚大な被害を受けた箱根登山鉄道がついに運転再開しましたね(^_^)(^〇^)(^◇^)

 

https://www.nikkansports.com/general/photonews/photonews_nsInc_202007230000226-0.html

https://www.kanaloco.jp/article/entry-418721.html

https://www.tetsudo.com/event/29319/

 

よかった、よかった(^_^)

しかも当初の見込みよりも前倒しできたのですからね。

復旧工事に携わった関係者のみなさんには、敬意を表します。

とはいっても、コロナウイルス感染リスクの影響もあって、客足はどうでしょうか?

「Go To キャンペーン」が「Go To Hell キャンペーン」にならないか、不安ですね。

私も撮り鉄は自粛気味です。

早くコロナウイルス騒動が終息して、以前のような活気が戻ってほしいものです。

写真は昨年12月に撮ったものです。

この時点では、復旧の見通しが立っていませんでした。

2020072301-1

2020072301-2

あと、早速YOU TUBEに動画をアップした人もいます。

 

小田急 箱根登山鉄道

3600形の3688編成がリバイバルカラーで運転

京成の3600形も風前の灯火のようですが、何やらこのたび京成は3600形の3688編成をリバイバルカラーに変更して運転するのですね。

8月1日からで、記念乗車券も発売されるそうです。

https://www.tetsudo.com/event/29631/

http://www.keisei.co.jp/information/files/info/20200720_175651954819.pdf

京成の3600形がデビューしたのが1982年。

あれから38年の歳月が流れたのですね。

今の調子だと、先に製造された3500形より先に消える運命なのでしょうか?

このリバイバルカラーは最後の花でしょうか?

写真は2019年3月に京成小岩で撮ったものです。

2020072101

快速佐倉行きです。ということは都営地下鉄浅草線の西馬込発ということですね。

この時は8両編成だから殆ど優等列車に運用されていましたね。

今は6両編成だから、各駅停車専用で、もう都営地下鉄の足を踏み入れることもないのですね。

変な扉?違うのですね。魔改造と言う人もいますが。

これは1ヶ月前、館林に到着しようとしている電車から撮ったものです。

20000系改め20400型です。

何だか、変な扉だなあ・・・・・・、

と思ったら違うのですね。

2020071902 

東京メトロ日比谷線に直通していた時は扉だったのですね。その時は5扉だったのですね。

でも、東武日光線南栗橋以北、及び宇都宮線用の20400型に改造された時、この部分は座席スペースになったのですね。

これを魔改造という人もいます。

https://ameblo.jp/one-tra777/entry-12588020488.html

https://ameblo.jp/sasurai-museum/entry-12463444044.html

魔改造か否かは、捉え方は人それぞれですね。

三浦春馬さんとレッドアロークラシック

俳優・歌手の三浦春馬さんが急死したそうですね。

何やら自殺とか。

何故、自殺したの?

理由はわからないけど、謹んでご冥福をお祈りします。

三浦春馬さんといえば、東京ガスのエネファームのコマーシャルが印象に残っています。

この印象が残っているゆえ、このニュースを聞いて大変ビックリしました。

その東京ガスのエネファームのコマーシャルといえば、西武のレッドアロークラシックが出てきたのが特に印象に残っています。

写真は2011年12月に西武新宿で撮ったものです。

2020071901

 

 

館林にいた改造直後(?)の20400型

1ヶ月前ですが、東武伊勢崎線の春日部から館林まで10000系の区間急行に乗りました。

これは間もなく終点館林に着こうとしている電車から撮ったものです。

2020071701 

かつては東京メトロ日比谷線に直通していた20000系、廃車になった仲間もありますが、20400型に改造されるのもありますね。

これは、恐らく改造された直後のものではないかと思います。

館林にいたけど、佐野線や小泉線では走りませんね。

日光線の南栗橋以北や宇都宮線で走るのですね。

東武 東京メトロ

京成中山で3032編成を撮る。6両編成ではこれだけ総合横浜製造

鎌倉時代からの歴史がある中山法華経寺は千葉県市川市中山二丁目にあります。

https://temple.nichiren.or.jp/1041026-hokekyoji/

京成中山はその中山法華経寺の最寄り駅です。

先日、京成中山で3032編成の各駅停車京成上野行きを撮りました。

2020071702

3032編成は、京成の3000形の11次車。1次車とは13年もの差があるのですね。

京成の3000形は殆どが日本車輌か東急車輌で製造しているけど、この3032編成は総合車両製作所横浜事業所なのですね。

他にも3027、3029,3033編成も総合車両製作所横浜事業所で製造のようですが、6両編成ではこの3032編成だけなのですね。

3000形は3049編成まで製造されるかと思いきや、3042編成で終わりでしたね。

某月某日の南栗橋車両管区春日部支所の様子

1ヶ月前、東武伊勢崎線の春日部ー館林間を区間急行に乗車しました。

北春日部を通過すると、東武の電車の車庫が見えますね。

「春日部電車区」とか「春日部車両センター」とは言いませんね。

「南栗橋車両管区春日部支所」が正式名称ですね。

かつては、「春日部検修区 」だったのですね。

この南栗橋車両管区春日部支所の住所は、埼玉県春日部市梅田本町一丁目ですが、実際には春日部市だけでなく、宮代町にも跨がっているのですね。

走行する電車から撮ったので、いいタイミングの写真はありません。

亀戸線、大師線の8000系も見えました。

8000系もいつまで走っていられるのでしょうか?

2020071701-1

あと、東京メトロ日比谷線に直通する70000系も見えました。

2000系時代から記憶している者としては、隔世の感です。

10000系やスペーシアもいました。

2020071701-2

2020071701-3

どちらもベテランの域に入っていますね。

北風沙織さん、監督就任おめでとう!(^_^)(^◇^)(^0^)/

これまで、当ブログでは北風沙織さんを何度か取り上げたことがあります。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_3f70.html


http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/p_2298.html


http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-a699.html

その時はまだ、現役の選手でした。

その後、北翔大学時代の後輩と結婚し、今は立派なお母さんにもなっているのですね。

そして、北海道ハイテクアスリートクラブのコーチも務めていたそうですが、

この度、何と、監督に就任したのですね。

https://twitter.com/doshin_undoubu/status/1282803896323170304

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/440206

恩師の中村宏之氏の勇退に伴うものだそうですが。

北風沙織さん、監督就任おめでとう!(^_^)(^◇^)(^0^)/

これからの活躍に期待します。

ところで、北海道ハイテクアスリートクラブを有する北海道ハイテクノロジー専門学校は、北海道恵庭市恵み野にあるのですね。

最寄り駅はJR北海道の恵み野だそうです。

https://www.hht.ac.jp/prospectus/access/

西武鉄道の東村山駅で志村けんさんの東村山音頭が復活

コロナウイルス感染はまだまだ終息の見通しが立っていませんね。

東京都東村山市出身の志村けんさんんもコロナウイルスの犠牲になったのは残念ですね。

さて、西武の東村山駅では、発車メロディ-として、あの志村けんさんの東村山音頭を流すのですね。

https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/shisei/koho/pickup/r02pickup/hasshamelody.html

https://kitatama.keizai.biz/headline/387/

以前も流していたのですね。

だから、復活なのですね。

新宿線のホームではありません。

国分寺線のホームだそうです。

改めて、謹んで志村けんさんのご冥福をお祈りします。

写真は本川越駅で撮った特急「小江戸」です。

特急「小江戸」もかつては通過していた東村山にも停車しますね。

本川越からだと、3つめの停車駅ですね。

でも特急「小江戸」の入線するホームでは東村山音頭は流れませんね。

聴こえるのかもしれませんが。

2020071401

 

東京メトロのコロナウイルス対策に成果あれ!

東京都知事に再選された小池百合子氏ですが、早々に大難題にぶつかりましたね。

7月9日のコロナウイルス感染者数が224人。

一時期、減少傾向だったのに、再び増加傾向。

しかも東京都だけダントツ。

でも、行政ばかりに頼らずに頑張る企業もありますね。

その一つが東京メトロ。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-722582/

つり革などに抗ウイルス剤をコーティングするそうです。

もちろん全車両対象です。

この東京メトロのコロナウイルス感染予防対策に成果が出てほしいと思います。

そして、他の鉄道会社も続いてほしいものです。

東京都もモニタリングをするよりも、抗ウイルス剤の散布なり、コーティングなりをどんどん進めるべきではないでしょうか?

写真は後楽園で撮った東京メトロ丸の内線2000系と曳舟で撮った半蔵門線の8000系です。

2020070901-1

2020070901-2

 

消えゆく3600形を惜しんで・・・・・・・

何やら京成の3600形が風前の灯火のようですね。

3500形より先に消滅してしまうのでしょうか?

消えゆく3600形を惜しんで、5枚の写真を掲載します。

これは京成船橋で撮ったものです。

芝山鉄道にリースされていた時のものですね。

20200708013600-1_20200708200001

これは八千代台で撮りました。

快速特急西馬込行き。つまり、都営浅草線直通ですね。

20200708013600-2_20200708200001

これは京成津田沼で撮りました。

20200708013600-3_20200708200001

これは菅野を通過し、市川真間に向かってくるところです。

20200708013600-4_20200708200001

これは東中山を通過しようとしているところです。

20200708013600-5_20200708200001

東中山も特急停車駅だった時代もありましたね。

今でも競馬開催時に臨時停車することがありますが。

何やら、今2編成しか残っていないとか。

今後の3100形の製造計画如何で、これらもそう長くない?

お別れ運転するのかな?

コロナウイルス禍ではそれもないかな?

 

えーーっ!またかよー!?NHKって、やっぱり「日本破廉恥協会」?

えーーーーーーーーーっ!またかよーー!?

NHKって、やっぱり「日本破廉恥協会」?

 

それとも、「日本変質者協会」?

 

「日本変態協会」?

 

「日本犯罪者協会」?

 

番組制作会社『NHKエデュケーショナル』 プロデューサーが児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)と、都青少年健全育成条例違反(性交類似行為)だって!?

こんな奴を放し飼いにするNHKに受信料徴収の権利を与えるなんて、おかしいのでは?

https://www.excite.co.jp/news/article/Weeklyjn_23239/

NHKは受信料徴収をやめよ!

 

日本破廉恥協会は受信料徴収をやめよ!

 

日本変質者協会は受信料徴収をやめよ!

 

もう、NHKなんて放送局はなくしましょうよ。

まだまだ元気に活躍、ベテラン3400形。京成中山で3400形の特急成田空港行きを撮る

京成の3400形も老朽化していると言われているけど、まだまだ元気に活躍していますね。

先日、中山法華経寺の最寄り駅、京成中山で3400形の特急成田空港行きを撮りました。

2020070601

初代スカイライナーの足回りを流用して登場した3400形。

8両編成ゆえに、優等列車に運用されることが殆どですね。

その上、都営浅草線にも直通運転するし。

今後の京成の3100形の製造計画によっては、3400形も追われる身でしょうか?

短編成化して各駅停車専用で生き長らえる可能性はあるのでしょうか?

それとも、廃車直前まで特急や快速運用主体?

そういえば、3600形はあと2編成しか残っていないそうですね。

 

碓氷峠鉄道文化むらで「EF63&189系記念セレモニー」7月11日に開催

かつて、信越本線には特急「あさま」が走っていました。

信越本線には碓氷峠という難所があり、ここを通る列車はEF63を2両連結して越えなければいけませんでしたね。

北陸新幹線の長野開業と同時に廃止されましたが、碓氷峠鉄道文化むらというものがありますね。

7月11日にこの碓氷峠鉄道文化むらで「EF63&189系記念セレモニー」が開催されるそうです。

189系「あさま」の車内も公開されるそうです。

https://railf.jp/event/2020/07/02/132500.html

https://www.usuitouge.com/bunkamura/events/563/

 

それにしても189系の功績は大きいですね。

特急「あさま」は当初181系でした。EF63との協調運転が出来ないので8両に制限されていました。

それが189系になったら12両になったのですからね。

特急「あさま」以外にもこの碓氷峠を越えた特急には「白鳥」「はくたか」「白山」がありましたね。

「白鳥」と「はくたか」はディーゼル特急でした。

「はくたか」は電車化されたら、長岡経由に変更されましたね。

「白山」は急行時代も特急格上げ後も碓氷峠を越えていましたね。

遠い日の思い出でした。

JR東日本  国鉄

 

 

 

日光詣の横に10000系区間急行館林行きが到着

これは、1ヶ月前に東武伊勢崎線の春日部で撮ったものです。

上りホームにスペーシアの日光詣が停車中、10000系の区間急行館林行きが到着したところです。

2020070101

東武動物公園から館林までは各駅停車ですね。

10000系もかれこれ40年弱の歳月が過ぎましたね。

もっとも、10000系よりも古い8000系もまだ走っているから、まだまだ走っていられるでしょうか?

とはいえ、これからも8000系は次々と北館林で解体されていくから、その後釜として入って行くでしょうか?

たとえば、野田線、小泉線、佐野線、伊勢崎線の館林-伊勢崎間とか。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »