2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 先行したマイクロバスに追いつき(早川を挟んでEXE αの箱根湯本発車を撮る) | トップページ | 10年前、京成には芝山鉄道リースの3600形が走っていた »

この電車もあと3ヶ月弱の辛抱。箱根湯本で撮った3000形アレグラ号

これは、5ヶ月前に箱根湯本駅で撮ったものです、

箱根登山鉄道の3000形アレグラ号が停まっています。

もちろん、出発時刻を待っているために停まっているのではありません。

2020050401-1

2020050401-2

昨年の台風19号の被害で箱根湯本-強羅間が不通になっているため、動けいない状態なのですね。

この時はまだ、復旧の見込みも立っていませんでした。

「長期運休」とか、「長期間」の運休とされ、具体的に「何月何日まで」と明示できない状況でした。

2020050401-3

正直、私ももしかすると

「1年以上掛かるのでは?まさかこのまま廃線じゃないとは思うけど・・・・・・」

くらいに思っていました。

その後、「9月末」と発表があり、さらに予想以上に復旧工事が捗り、「7月末」となりましたね。

同社は「雪が降らなかったから」とか「沿線住民の理解があったから」と言っているけど、それ以外に1日でも早い復旧のために頑張った工事関係者の尽力・努力もあるでしょう。

復旧工事関係者のみなさんには敬意を表します。

タイトルでは「3ヶ月弱の辛抱」と書いたけど、その前に試運転で走ることも考えられるから、動けるようになるのは、あと2ヶ月前後でしょうか?その前に機器の状態もチェックしないといけないでしょうね。

小田急 箱根登山鉄道

« 先行したマイクロバスに追いつき(早川を挟んでEXE αの箱根湯本発車を撮る) | トップページ | 10年前、京成には芝山鉄道リースの3600形が走っていた »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先行したマイクロバスに追いつき(早川を挟んでEXE αの箱根湯本発車を撮る) | トップページ | 10年前、京成には芝山鉄道リースの3600形が走っていた »