2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ニーズ調査的な意味合い?京成スカイライナーの一部が青砥に当面の間停車。 | トップページ | この205系もいずれジャカルタに行く? »

「箱根登山鉄道の108は○○だ」と思ったら、違うのですね

これは4ヶ月前に撮ったものです。

入生田には箱根登山鉄道の検車区がありますね。

車庫には、昨年の台風19号で全線が不通になったために、走りたくても走れない電車が眠っていました。

モハ108もその一つです。

2020040901

モハ108って、「えれんなごっそCAFE107」に展示されているモハ107同様、モハ1形の仲間かと思ったら、ちがうのですね。こちらはモハ2形なのですね。

モハ108って、吊り掛け車かと思ったら、ちがうのですね。1985年にカルダン駆動方式に変わったのですね。

モハ108って、もう廃車になって、この入生田の車庫に保留になっているのかと思ったら、違うのですね。まだ現役車なのですね。

そんなこと知っているよ、という人には当たり前過ぎて面白くない話でしょうが。

でも、もう廃車になった仲間もありますね。

1927年製造とのことだけど、それなら

2027年まで活躍してほしい、

107と同様、100年間活躍してほしい、

という気もします。

もちろん、箱根登山鉄道株式会社という会社の都合でそれ以前に廃車にせざるを得ないこともあるかもしれないけど。

小田急 箱根登山鉄道

« ニーズ調査的な意味合い?京成スカイライナーの一部が青砥に当面の間停車。 | トップページ | この205系もいずれジャカルタに行く? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニーズ調査的な意味合い?京成スカイライナーの一部が青砥に当面の間停車。 | トップページ | この205系もいずれジャカルタに行く? »