2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 入生田での1000形の交換風景。よーく見ると線路配置が違う | トップページ | 祝・京葉線全線開業30周年 »

青森県東津軽郡今別町による「奥津軽いまべつ」駅活性化策

新幹線の新青森-新函館北斗間は北海道新幹線の区間であり、JR東日本ではなくJR北海道の区間でもありますね。

途中、奥津軽いまべつという駅があります。

2020032102-1

青森県にあっても、この駅はJR北海道の管轄ですね。

新幹線の駅があるこの青森県東津軽郡今別町は人口が2567人しかいないそうです。

そのせいか、新幹線の利用客も1日80人程度。全国の新幹線駅でワーストだそうです。

停まる列車も1日7本なのですね。

特に、下りは10時7分の列車の後は14時15分。なんと約4時間も空いてしまうのですね。

それで今別町はこの駅の活性化のために通学・通勤定期の半額を補助するとのことです。

その効果はどうなるでしょうか?

あと、町としても観光で人を呼び寄せる工夫も必要では?

だるま滝とか荒馬まつりとか、「青函トンネルの入り口のある町だよー」とか宣伝するとか。

写真は東京駅で撮った「はやぶさ」号です。

2020032102-2

 

 

« 入生田での1000形の交換風景。よーく見ると線路配置が違う | トップページ | 祝・京葉線全線開業30周年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入生田での1000形の交換風景。よーく見ると線路配置が違う | トップページ | 祝・京葉線全線開業30周年 »