2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« タイミングはよくないけど、一応3社同時撮影 | トップページ | 100年活躍したモハ107と人生100年時代 »

野田線8000系の最後の花?急行運転。

東武野田線というか、アーバンパークラインですが、ついに船橋-運河間でも急行運転をするようになりましたね。

写真は撮れなかったのですが、本日、8000系の急行を船橋-柏間で目撃しました。

今の8000系はいつ北館林で解体されるかわからない状態ですが、野田線の8000系にとっての急行運転はまさに最後の花ではないでしょうか?

かつて8000系は、東武伊勢崎線や日光線で快速や準急、東武東上線では急行、準急の他、特急にも運用されたこともありました。

東上線の特急の場合には、秩父鉄道へ直通運転をした運用もありました。

活躍の場が狭まり、仲間が次々と北館林で解体されていきますね。

幼い頃からの記憶がある者としては、8000系の最後の活躍ぶりを見守りたい気分です。

思えば吊り掛け車の7000系も引退直前まで優等列車に運用されていた記憶もあります。

野田線の8000系も同様の扱いになるのでしょうか?

写真は昨年の10月に柏で撮ったものです。

この頃は大宮ー春日部間のみ急行運転でしたね。

2020031502

それにしても、今は運河-春日部間は各駅停車ですが、東武としては、いずれこの区間での急行運転も考えているのでしょうか?この区間が複線化されると・・・。それとも、そこまでのニーズはないのでしょうか?

« タイミングはよくないけど、一応3社同時撮影 | トップページ | 100年活躍したモハ107と人生100年時代 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイミングはよくないけど、一応3社同時撮影 | トップページ | 100年活躍したモハ107と人生100年時代 »