2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

山本化学工業が、ウエットスーツ素材のマスクを販売

山本化学工業という会社が、ウエットスーツ素材のマスクを販売するのですね。

http://www.yamamoto-bio.com/

http://www.yamamoto-bio.com/news/news200330.html

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57454110R30C20A3000000/

https://www.sankei.com/west/news/200330/wst2003300017-n1.html

この会社、水着の素材を製造する会社だそうですけど、そのノウハウをマスクにも活かすのですね。

こういう会社に頑張ってほしいですね。

本社は大阪市生野区中川5丁目13-11で、大阪メトロの小路駅か北巽駅が近いようですね。

東京オフィスは東京都渋谷区神宮前6-33-14 でJR原宿か東京メトロの明治神宮前が近いようですね。

岡山県に工場があるそうですけど、岡山県勝田郡勝央町太平台50-3は姫新線の勝間田か西勝間田駅からタクシーを使って行くところのようですね。

この会社、江戸時代は能登の港から関西・北海道を巡る北前船の回船問屋だったそうですね。

代々山本一族で世襲してきた会社のようですね。

http://www.yamamoto-bio.com/company.html

 

レッドアロークラシックが「小江戸」として運転開始

これは2011年12月に西武新宿で撮ったレッドアロークラシックです。

この時、拝島行きの臨時特急として運転されました。

2020032802-1

これは昨年2月に撮ったものです。

2020032802-2

乗車していたNRA・10000系の特急「ちちぶ」号が上りの特急「ちちぶ」と交換するために正丸で運転停車したのですが、その対向列車がレッドアロークラシックだったのです。

レッドアロークラシックは、一度東京ガスのコマーシャルにも出た記憶だあります。

そのレッドアロークラシックですが、池袋線の特急としての役目は終えたものの、新宿線の特急「小江戸」として運用されているのですね。

鉄道ボビタスで知りました。3月25日から運転開始しているのですね。

http://rail.hobidas.com/rmn/archives/2020/03/post_1981.html

思い出せば、西武は10000系を先に新宿線から投入しましたね。

でも、池袋線から先に10000系を撤退させました。

新宿線にはLaviewの001系をまだ投入していないというか、投入しないのではないか?という見方もあるようですね。

40000系になるのでは?という見方をしている人もいた記憶があります。

特急「小江戸」の乗車率も今ひとつのようですね。

例えば、川越から新宿に行こうと思ったら、東武東上線+JRの方が安いし、所要時間も短いし、近道ですからね。

特急「小江戸」はこれからどうなるのでしょうか?

 

曳舟で撮ったベテラン同士(東京メトロ8000系と東急8500系)。引取先の有無は?

3ヶ月前、東武の曳舟で撮ったものです。

これから東京メトロ半蔵門線の8000系と東急8500系です。

2020032801

どちらもベテラン車両ですね。

東急8500系の仲間の中には既に廃車になったもの、秩父鉄道や長野鉄道などの地方私鉄に譲渡されたり、海外に譲渡されたものもありますね。

残りの車両もそう遠くない将来に2020系に置き換えられますね。

現在活躍中の8500系を引き取ってくれる地方私鉄はないのでしょうか?

この車両を引き取ってくれる外国はないのでしょうか?

東京メトロの8000系も来年から18000系に置き換えられるそうですね。

どちらも長い間頑張った車両ですね。

東京メトロ8000系を引き取ってくれる地方私鉄はないのでしょうか?

この車両を引き取ってくれる外国はないのでしょうか?

どちらの車両も解体される場合は、東武伊勢崎線の線路を使って北館林に回送されていくのでしょうね。

小雨のぱらつく武蔵小杉。相鉄12000系停車中に新幹線が

小雨のぱらつくある日のこと、武蔵小杉で相模鉄道の12000系を撮りました。

羽沢横浜国大を出発してから15分間ノンストップで走り続けてきたのですね。

2020032701-1

相鉄線内では特急に運用されても、15分以上ノンストップで走り続けることはないですね。

羽沢横浜国大前-武蔵小杉間、本当に停車駅を作るニーズはないのでしょうか?

以前、JR貨物が首を縦に振らないとダメであるとのコメントをした人がいたけど。

仮にニーズがあってもJR貨物次第なのでしょうか。

横浜市からJR貨物に要請することはなさそうでしょうか。

それにしても相模鉄道の12000系、流線型のせいか、前面だけを見ると、料金徴収形の特急車のように見えますね。そうは見えない人もいると思いますが(あくまでも個人差)。

停車中に新幹線が通過しました。

2020032701-2

相模鉄道の12000系 がこの時停車していたのはJR東日本の線路上。

でも、東海道新幹線はJR東海ですね。

東京駅で出発を待つE353系の特急かいじを撮る

これは1ヶ月前に東京駅で撮ったものです。

出発を待つE353系の特急かいじ35号です。

2020032501

中央線の特急については181系時代からの記憶があります。

181系特急「あずさ」は東京駅まで来ることはなかったですね。

ただ、当時の中央線特急「あずさ」は、上越線特急「とき」と共通運用でしたね。

「あずさ」として東京駅に来ることはなかったけど、「とき」として東京駅に来ることが1日に上り下り1回ずつありました。

遠い日の国鉄時代の話ですが。

今の中央線特急「あずさ」「かいじ」に使われているE353系は、リニア中央新幹線開業まで走ることになるのでしょうか?

ただ、リニア中央新幹線は上諏訪、松本方面には行きませんね。

となれば、甲府始発?それとも、リニア中央新幹線の停まらない駅のニーズに応える形で本数減らして存続?

考えてみれば、リニア中央新幹線はJR東日本ではなくJR東海ですね。

ベテラン8500系もまだまだ元気に活躍

これは3ヶ月前に東武スカイツリーラインの西新井で撮ったものです。

東急8500系もまだまだ元気に活躍できますね。

東武を走るということは、東急田園都市線ー東京メトロ半蔵門線と3社に跨がって走るということですね。

2020032401 

仲間の中には廃車になったものや、長野電鉄、伊豆急行、秩父鉄道に譲渡されたもの、海を渡ってインドネシアに行ったものもありますね。

1975年から1991年にかけて製造されたから、新しいものはまだ30年経っていないのですね。

だけど、だんだんと2020系に奪われていくのでしょうね。

入生田で28.6‰の勾配を登ってくるGSEを撮る

3ヶ月前、箱根登山鉄道の入生田駅から小田原寄りの踏切近くで、カーブを描き坂を登ってくるGSEを撮りました。

2020032301-1

その勾配なのですが、28.6‰なのですね。

2020032301-2

その上、カーブだから、へたに速度を出せないし、運転士さんも辛い区間でしょうか?

これは入生田のホームに入るところです。

2020032301-3

それにしても、初代3000形のSE車からの記憶がある者としては、小田急のロマンスカーも時代とともに変わってきたなあと思いますね。

GSEはこの赤い塗装がとても印象的です。

 

3400形今後の行方は?

これは京成船橋で撮った3400形の快速西馬込行きです。

つまり、都営浅草線直通ということですね。

2020032202

3400形は初代AE車の足回りを流用した車両。

初代どころか、2代目AE車も引退したけど、3400形はまだまだ元気に活躍ですね。

8両編成だから引退直前まで主に優等列車に運用されるのでしょうか?

それとも、短編成化されて生きながらえるのでしょうか?

8両編成だと、京成小岩以東では各駅停車に運用できないし、千葉線や金町線に入れませんね。

老朽化を指摘する人もいるけど、まだ廃車にはなっていませんね。

3500形や3600形もまだ走っていますしね。

あと、5年は走れるでしょうか?

今後京成が2代目3100形を何両製造するかに掛かっているでしょうか?

祝・京葉線全線開業30周年

これは京葉線新浦安で撮ったものです。

京葉線が東京ー蘇我間全線開通して30周年なのですね。

2020032201

30年って、あっという間だった気がします。

それまでは東京ー新木場間がまだ開通してなかったのですね。

今振り返ってみると、京葉線は1986年3月に西船橋-千葉港間の開業から始まったのですね。

つまり、国鉄時代も約1年あったということですね。

東京-蘇我間が開通したのはそれから4年後だったのですね。

あの頃は103系も京葉線を走っていた記憶もあります。

かつては京葉線は強風が吹くと停まると言われていたけど、それも改善されましたね。

あと30年過ぎると、私もこの世にいないかもしれないけど、まだまだ京葉線の移り変わりを見守りたいものです。

JR東日本

青森県東津軽郡今別町による「奥津軽いまべつ」駅活性化策

新幹線の新青森-新函館北斗間は北海道新幹線の区間であり、JR東日本ではなくJR北海道の区間でもありますね。

途中、奥津軽いまべつという駅があります。

2020032102-1

青森県にあっても、この駅はJR北海道の管轄ですね。

新幹線の駅があるこの青森県東津軽郡今別町は人口が2567人しかいないそうです。

そのせいか、新幹線の利用客も1日80人程度。全国の新幹線駅でワーストだそうです。

停まる列車も1日7本なのですね。

特に、下りは10時7分の列車の後は14時15分。なんと約4時間も空いてしまうのですね。

それで今別町はこの駅の活性化のために通学・通勤定期の半額を補助するとのことです。

その効果はどうなるでしょうか?

あと、町としても観光で人を呼び寄せる工夫も必要では?

だるま滝とか荒馬まつりとか、「青函トンネルの入り口のある町だよー」とか宣伝するとか。

写真は東京駅で撮った「はやぶさ」号です。

2020032102-2

 

 

入生田での1000形の交換風景。よーく見ると線路配置が違う

小田原から3つめの駅でもある箱根登山鉄道の入生田駅ですが、ここも箱根町ではなく、小田原市です。

神奈川県小田原市入生田190-4にあります。

3ヶ月前ですが、この入生田で赤い塗装の1000形の交換風景を撮りました。

20200321011

駅も線路も箱根登山鉄道ですが、どちらも小田急の車両ですね。

ところで、よーく見ると、下りと上りの線路配置がちょっと違いますね。

上りは3線軌条になっていますね。

20200321012

そうですね。入生田駅には箱根登山鉄道の車庫というか、入生田検車区がありますね。

箱根登山鉄道の電車はこの入生田検車区から出て、箱根湯本まで回送運転されるのですね。

この3線軌条ですが、かつては小田原までありましたが、今は入生田-箱根湯本間のみですね。

だけど、箱根登山鉄道は昨年の台風19号の被害をもろに受けて不通になっています。

何やら今年の秋に復旧とのことですが、1日でも早く復旧できるといいですね。

 

ピンクが定着したと言っていい?新京成

先日、京成津田沼で新京成のN800形と8800形の並びを撮りました。

N800形は京成の3000形と兄弟のようですね。

思えば新京成の車両だけど、8000形、8800形、8900形、N800形、80000形と、何故か「8」という数字にこだわりがあるみたいですね。

 2020032003

4,5年前からでしたっけ、ピンクの塗装に塗り替えを始めたのは。

こうやってみると、ピンクもコーポイレートカラーとして定着したのでしょうか?

最初見た時は、えっ?なんでピンクにするの?と思ったけど、今では違和感も感じません。

だけど、新京成には京成千葉線に乗入れる車両はあるのに、京成から新京成に乗入れる車両はありませんね。

あと、新京成には急行のニーズはないのでしょうか?

松戸から県庁所在地千葉に速く行きたいというニーズはないのでしょうか?

あっても、追い抜き駅をどこに作るの?という問題もありますね。

あと、京成津田沼-新津田沼間の単線区間もネックになるかな?

ガソリンスタンドの向こうをEXEαが下っていくのが見える

3ヶ月前、風祭から箱根湯本に向かって歩いて移動している途中に撮ったものです。

場所的には風祭と入生田との間ですね。

ガソリンスタンドの向こうに小田急のEXEαが通るのを見かけたので、写真に撮りました。

2020032002-1

この区間は下り勾配のようですね。

2020032002-2

小田原で前4両を増結することもあって、箱根湯本-小田原間の先頭車と最後尾車との形が違いますね。

2020032002-3

箱根湯本-小田原間は箱根登山鉄道の区間。この区間のみを利用するだけでも特急券は必要ですね。200円ですが。

思えば、小田急の特急ロマンスカーですが、「入生田」という駅を通過するけど、入生田の「入」を取った「生田」という駅も通過しますね。

 

さようなら、スーパービュー踊り子(小雨のぱらつく武蔵小杉にて)

ついに251系のスーパービュー踊り子が引退しました。

スーパービュー踊り子が廃止される数日前、武蔵小杉で撮りました。

これが私の撮った最後のスーパービュー踊り子号です。

このような表示ももう、見ることはできませんね。

2020032001-1

伊豆急下田発特急スーパービュー踊り子19号池袋行きが到着しました。

この日は小雨がぱらついていました。

2020032001-2

30年間、東京・新宿・池袋-伊豆急下田を行ったり来たり、お疲れ様でしたね。

1両くらい保存してほしいけど、阻害要因もあるかな?

153系急行「伊豆」「おくいず」、157系特急「あまぎ」の走っていた頃(すなわち国鉄時代)からの記憶がある者にとって、251系のスーパービュー踊り子号も歴史に残る車両だったと思います。

JR東日本 伊豆急行

風祭での交換風景。1000形とEXE α

1969年から71年まで、「柔道一直線」というスポ根ドラマが放映されていたけど、その中に風祭右京という登場人物がいた記憶があります。

神奈川県小田原市には、箱根登山鉄道の風祭という駅があります。

鈴廣蒲鉾の本店最寄り駅でもありますね。

箱根登山鉄道の駅とは言っても、ここを通る電車は小田急ばかりですね。

3ヶ月前、この駅での交換風景を撮りました。

まず、カーブを描いて1000形の各駅停車小田原行きが到着しました。 

2020031901-1

そして、EXE αがカーブを描いてやってきました。

2020031901-2

風祭駅で交換です。

2020031901-3

各駅停車小田原行きが発車しました。次の停車駅は箱根板橋ですね。

2020031901-4

千葉中央からN800形に乗る。京成津田沼で表示が変わり

先日、京成千葉線の千葉中央から京成津田沼まで、新京成のN800形に乗りました。

千葉中央はかつて京成千葉だった時期もありましたね。

それで現在の京成千葉が、その時期は「国鉄千葉駅前」とバス停のような駅名でしたね。

千葉中央発車時点では「普通 松戸」ですが、

2020031801-1

京成津田沼に着くと、「SL01 松戸」に変わります。

2020031801-2

京成千葉線も普通しか走らないけど、過去に臨時で特急も走ったそうですね。

新京成内では全て普通ですね。この線区での急行運転は非現実的?

そもそも追い抜きのための駅がないですね。

ところで左に京成3000形が映っています。

新京成のN800形と京成の3000形、兄弟のようなものですね。

さようなら、スーパービュー踊り子(この日は5分程遅れて品川通過)

ついに251系のスーパービュー踊り子号が引退しました。

これは廃止直前に品川駅で撮ったものです。

2020031701-1

よーく見ると、E657系も映っていますね。

251系が登場したのは、既に国鉄からJRになっていましたが、この頃は型式番号にEが付きませんでしたね。

2020031701-2

この日は5分程遅れていました。通過予定時刻になっても来ないので、一瞬、運休か?通過予定時刻を勘違いしたのか?と思ってしまったけど、そんなことはありませんでした。

まだまだ使えないのでしょうか?

それとも、塩害でけっこうボロボロになっているのでしょうか?

1両くらい、保存されないのでしょうか?

JR東日本

100年活躍したモハ107と人生100年時代

箱根登山鉄道で100年間活躍したモハ1形のモハ107は、蒲鉾で有名な鈴廣グループの一つでもあるえれんなごっそCAFE107に静態保存されました。

最寄り駅は箱根登山鉄道の風祭ですね。この電車もかつては小田原まで顔を出し、風祭駅も通っていましたね。

2020031601-1

中に入れますが、いつでもいうわけではありません。10:00-16:30です。

無料で入れるのですね。

2020031601-2

車内はこのようになっています。

2020031601-3

路線図もありました。

2020031601-5

本当に100年間お疲れ様でしたね。

2020031601-6

人生100年時代と言われるようになった今日、正直私は100歳まで生きられる自信はありません。

しかし、100年活躍した箱根登山鉄道のモハ107を見ると、少しでも100歳に近い歳まで生きていたい、可能な限り撮り鉄、乗り鉄も楽しみたい、という気になってきます。

だけど、今後の車両の維持を考えると、入場料を取らなくても大丈夫なのでしょうか?えれんなごっその収入でまかなえるのでしょうか?

小田急グループの小田急トラベルでこのえれんなごっそCAFE107に立ち寄って食事をするツアーを企画して、人集めするのはいかがでしょうか?

あと、心ない人のいたずらで車体が汚損されないことを、願わずにはいられませんね。

野田線8000系の最後の花?急行運転。

東武野田線というか、アーバンパークラインですが、ついに船橋-運河間でも急行運転をするようになりましたね。

写真は撮れなかったのですが、本日、8000系の急行を船橋-柏間で目撃しました。

今の8000系はいつ北館林で解体されるかわからない状態ですが、野田線の8000系にとっての急行運転はまさに最後の花ではないでしょうか?

かつて8000系は、東武伊勢崎線や日光線で快速や準急、東武東上線では急行、準急の他、特急にも運用されたこともありました。

東上線の特急の場合には、秩父鉄道へ直通運転をした運用もありました。

活躍の場が狭まり、仲間が次々と北館林で解体されていきますね。

幼い頃からの記憶がある者としては、8000系の最後の活躍ぶりを見守りたい気分です。

思えば吊り掛け車の7000系も引退直前まで優等列車に運用されていた記憶もあります。

野田線の8000系も同様の扱いになるのでしょうか?

写真は昨年の10月に柏で撮ったものです。

この頃は大宮ー春日部間のみ急行運転でしたね。

2020031502

それにしても、今は運河-春日部間は各駅停車ですが、東武としては、いずれこの区間での急行運転も考えているのでしょうか?この区間が複線化されると・・・。それとも、そこまでのニーズはないのでしょうか?

タイミングはよくないけど、一応3社同時撮影

これは品川駅で撮ったものです。

タイミングはよくなかったものの、一応3社の車両を同時に撮れました。

2020031501

手前からJR東日本のE235系、北総鉄道7500形、京急1000形です。

E235系 はいずれ、横須賀線・総武快速線にも投入されますね。

そういえば、山手線って、201系と209系は入りませんでしたね。

205系は国鉄時代に真っ先に投入されましたね。

北総鉄道7500形は京成3000形と兄弟のようなものですね。

北総鉄道も京成グループですが。

この電車は北総鉄道、京成、都営地下鉄浅草線、京浜急行と4社にまたがって走る運用ですね。

その向こうには京急1000形ですが、これは2代目の1000形ですね。

初代も北総鉄道、京成、都営地下鉄浅草線、京浜急行と4社にまたがって 走りましたね。

 

さようなら、スーパービュー踊り子 (カーブを描いて品川進入を撮る)

ついに251系のスーパービュー踊り子が引退してしまいましたね。

これは品川で撮ったものです。

カーブを描いてやって来ました。

2020031402-1

これは私がカメラを構えていた位置からほぼ、真正面になったところです。

2020031402-2

またカーブして品川駅に進入です。

2020031402-3

この列車は品川に停車します。

2020031402-4

思えば、東京と伊東・伊豆急下田を結ぶ優等列車ですが、急行伊豆が全車指定だった頃は下りは品川を通過していた記憶があります。

自由席のある「おくいず」は停まっていました。

157系特急「あまぎ」も停まりませんでした。特急「あまぎ」は当初、下りは東京-網代間ノンストップでしたね。

183系化されても通過していました。

185系特急「踊り子」は最初から停車してましたね。

これらは国鉄時代の話です。

あと、EF58やEF65牽引の14系臨時特急「踊り子」も走ったこともありましたね。

これは品川は通過していたと思います。

251系は修善寺に行くことはありませんでしたね。

そりゃそうですね。10両編成だし。伊豆箱根鉄道駿豆線に入れませんしね。

JR東日本 伊豆急行 国鉄

えれんなごっそCAFE107で箱根ビールを飲みながら見る鉄しませんか?

3ヶ月前ですが、風祭のえれんなごっそCAFE107(神奈川県小田原市風祭245 )で箱根登山鉄道で100年間活躍した107形の前で、箱根ビール+小さな蒲鉾のおつまみ(かまぼこピンチョイス)を味わいながら、見る鉄も楽しみました。
2020031401-1

2020031401-4

 

これは小田急1000形。殆ど小田原ー箱根湯本間を行ったり来たりの運用ですね。

この運用だと、小田急車なのに小田急線内を走れないということになりますが、箱根登山鉄道も小田急グループですね。

この車両も、かつては東京メトロ千代田線にも直通してましたね。

2020031401-2

そしてGSE車70000形。真っ赤な塗装がとても印象的です。

2020031401-3

どちらもタイミングよく撮れたものではありません。

でも、ビールを飲みながら、電車が通るのを見て楽しむのもいかがでしょうか?

 

さようなら、スーパービュー踊り子(1両くらい保存されないの?引き取ってくれるところはないの?)

いよいよ、スーパービュー踊り子号は引退ですね。

2020031101-1

2020031101-2

この251系、東京(池袋・新宿)ー伊豆急下田間を行ったり来たりしていましたが、それだけではありませんでしたね。

「ホームライナー小田原」や「おはよう新宿」にも運用されました。

臨時列車として、ビュー日光、ビュー谷川、ビュー草津、デラックスビュー南房総号にも運用されたことがあったのですね。

団体列車として、上越線、信越本線、白新線を走ったり、さらに羽越本線の村上までや、外房線安房鴨川まで行ったり、中央線や武蔵野線、京葉線を走行したこともあったのですね。

引退後は長野で解体でしょうか?

1両くらい保存されないのでしょうか?

地方の私鉄で引き取ってくれるところはないのでしょうか?

それとも、外国で「その車両ちょうだい」、と言う国はないのでしょうか?

JR東日本横浜支社は、2年3月7、 8日および13日に「スーパービュー踊り子」引退記念撮影会を企画していたけど、コロナウイルス感染拡大警戒のために中止になったのですね。

コロナウイルスが収束した頃に何らかのイベントを催してほしいと思うけど、それまでの維持費を考えると現実的でないかな?

国鉄時代の153系急行「伊豆」「おくいず」から記憶しているものとしては、251系の「スーパービュー踊り子」を何らかの形で歴史的な列車として残してほしい気もします。

JR東日本 伊豆急行

 

モハ107・・・・・・100年間も走り続けさせることができたことへの敬服

箱根登山鉄道の風祭駅近くにえれんなごっそというレストランがあります。

https://www.elennagosso.com/

ここにはえれんなごっそカフェ107というカフェもあります。

そして、この店には箱根登山鉄道で100年間活躍したモハ1形のモハ107が静態保存されています。

https://www.elennagosso.com/beer/

2020031001-1

2020031001-3

2020031001-2

大正、昭和、平成、令和に渡って走り続けたのですよね。

箱根登山鉄道もこの車両をよく、100年間も走り続けさせることができたと敬服してしまいますね。

しかも平坦区間ではなく、急勾配の連続の区間を走っていたのだから、モーターにも結構負担が掛かったリ、ブレーキのすり減りも半端ではなかったと思えるのですが、それでも100年走らせることができたのですよね。

箱根登山鉄道には、どのようなメンテナンス技術を持っているのだろうか?

技術の伝承の仕方に他社より優れた何かをもっているのだろうか?

などと考えてしまいます。

小田急 箱根登山鉄道

 

NEXの向こうにドクターイエロー!フェンスのせいで見にくいけど・・・・・・

  これは品川駅6番線ホームで撮ったものです。

特急成田エクスプレスを撮ったのですが、よーーーく見ると、フェンスの向こうにはドクターイエローが走っていました。

わかりますか?

フェンスのせいでわかりにくいけど。

うっすらと映っているけれど。

2020030901-1

2020030901-2_20200309224601

2020030901-3_20200309224601

 ドクターイエローって、なかなかお目にかかれないですよね。

フェンスの向こう側を走っているところを見られただけでも、

この日は幸運だったというべきかなあ?

 

新幹線 ドクターイエロー JR東日本 JR東海

この光景も過去の物に。さようなら、東京メトロ03系

これは1年半程前に中目黒で撮ったものです。

東京メトロ日比谷線の03系もついに引退してしまいましたね。

もう、こういう光景も過去のものとなってしまいましたね。

https://www.tetsudo.com/report/218/

2020030802-1

2020030802-2

今の東京メトロ日比谷線は東武スカイツリーラインには直通するけど、かつては東急東横線にも直通運転していましたね。

03系の多くは、これから北館林で解体されます。

中には北陸鉄道や長野電鉄に譲渡され、生き延びるのもありますね。

あと、熊本電鉄に譲渡され、既に運転されているのもあるのですね。

北館林で解体される車両には、長い間お疲れ様でした、と言いたいです。

熊本電鉄や北陸鉄道や長野電鉄に譲渡された(される)車両には、これからの活躍に期待したいものです。

さようなら、スーパービュー踊り子(東京駅にて)

いよいよ、251系のスーパービュー踊り子も引退ですね。

https://www.tetsudo.com/report/219/

185系より後から登場したのに、185系より先に全廃なのですね。

185系特急「踊り子」は、特急「あまぎ」と急行「伊豆」を統合する形というか、急行「伊豆」を全て特急格上げする形で登場しましたが、当初から特急車としては疑問視されていましたね。

関西の人の中には、

「東京はあこぎや。新快速の車両を特急に使うなんて!」

と言っていた人もいたとか。

それだけにスーパービュー踊り子の登場は新鮮に思えました。

でも、あれから30年の歳月が流れ、車両も老朽化してきたのでしょうね。

長い間お疲れ様でした、と言いたいです。

2020030801-1

2020030801-2

写真は2ヶ月ほど前に東京駅で撮ったものです。

神田寄りから入線してきました。

JR東日本 伊豆急行

 

E5系。でも「はやぶさ」ではなく「なすの」。

東京駅で撮ったものです。

2020030703-1

E5系だったので、「はやぶさ」か?と思いきや、

郡山行きの「なすの」257号でした。

2020030703-3

2020030703-2

今の東北新幹線、「はやぶさ」ならJR東日本のE5系かJR北海道のH5系ですが、

E5系なら「はやぶさ」か、と言えばそうではありませんね。

「はやて」「やまびこ」「なすの」に運用されることもあります。

「なすの」といえば、かつては上野-黒磯間を走っていた165系急行を思い出します。

急行「なすの」の中には115系の遜色急行もあった記憶もあります。

国鉄時代でしたね。

その後185系特急を経て、新幹線に列車名が移りましたね。

あと、181系特急で急行「なすの」と同じ区間を走る「くろいそ」というのもありましたね。

鈴廣かまぼこの里の幟と赤い塗装の小田急1000形

鈴廣かまぼこの本店と鈴廣かまぼこの里は、小田原市風祭にあります。

最寄り駅は箱根登山鉄道の風祭駅です。

3ヶ月前に風祭駅近くの服部第三踏切で、鈴廣かまぼこの里の幟とともに小田急1000形を撮りました。

2020030702-1

2020030702-2

この1000形、赤い塗装だから箱根登山鉄道にリースしているのかと思いきや、小田急の所有のままなのですね。

ただ、東京都内では見ることができませんね。

殆ど小田原-箱根湯本の間を行ったり来たりの運用ですね。

車両の検査、修繕の時は海老名まで顔を出すようですが。

この車両もかつては、東京メトロ千代田線にも乗入れていましたね。

東洋紡とコロナウイルス検査試薬と北陸新幹線

東証一部上場企業でもある東洋紡は、本社が大阪府大阪市北区堂島浜にありまんなあ。

JR西日本の大阪駅から徒歩で13分、京阪中之島線渡辺橋駅から徒歩で10分のところにあるそうでんなあ。

JR東西線の北新地駅からでも歩いていけるようでんなあ。

大企業やさかい、他にも支社、事業所、工場などもぎょうさん持ってまんなあ。

その中の 福井県敦賀市東洋町にある同社の敦賀第一事業所のみなさん、えらく奮闘しているそうでんなあ。

コロナ検査の試薬の大幅増産に励んでいるそうでんなあ。

生産量20倍やて!?

https://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20200306/CK2020030602000015.html

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56331080T00C20A3TJ1000/

https://www.excite.co.jp/news/article/Fisco_00093500_20200304_004/

https://www.toyobo.co.jp/news/2020/release_667.html

となれば、この事業所のみなさん、夜遅くまで残業しているのやろうか?

休日も返上して頑張っているのやろうか?

他の事業所からも応援に入る人もいてはるのやろうか?

東洋紡の敦賀第一事業所のみなさん、からだ壊さんように気を付けてください。

ほんまに健康を害することがあっては、あきまへんでえ!

人事勤労担当の役員はん、部長はん、課長はん、従業員のみなさんの健康管理をよろしく頼みまっせ。

敦賀市東洋町の敦賀第一事業所、JR北陸本線、小浜線の敦賀駅から徒歩10分のところにあるそうでんなあ。

第二事業所も敦賀駅から徒歩30分のところにあるそうでんなあ。

https://www.toyobo.co.jp/company/access/map_tsuruga1.html

北陸新幹線が敦賀延長になったら、この会社や敦賀第一・第二事業所になんらかの恩恵がもたらされることを祈ります。

そいうえば、この東洋紡には富山県にも事業所や工場がありまんなあ。

富山事業所と庄川工場はあいの風とやま鉄道の越中大門駅から徒歩5分、

井波工場はJR城端線福野駅からタクシーで10分、

入善工場はあいの風とやま鉄道の入善駅から徒歩5分のところにありまんなあ。

いずれも北陸新幹線で行った場合は、乗り換えせなならんところやけど、JR西日本にとっては、東洋紡のビジネスパーソンの人はお得意様的存在やろうか?

敦賀延長後は、さらにお得意様度が高くなるのやろうか?

入善もJR北陸本線時代は特急停車駅やった記憶があります。

写真は昨年の5月、金沢駅で撮ったものです。

2020030701

 

風祭駅近くの服部第三踏切でGSE・70000形を撮る

3ヶ月程前に箱根登山鉄道の風祭駅近くの服部第三踏切で撮ったものです。

GSE・70000形の特急「はこね」号を撮りました。 

2020030401-1

2020030401-2

2020030401-3

小田急のロマンスカーも3000形から記憶している者としては、時代とともにロマンスカーも変化してきたなあ・・・、と感じますね。

2年前は7000形と形式のロマンスカーも走っていました。

思えば、今、ロマンスカーの形式番号は全て5桁台ですね。

この真っ赤な塗装がとても印象的ですね。

80000形というロマンスカーが走るのは何年後だろう?

 

服部第三踏切でMSE・60000形の「はこね」号を撮る

3ヶ月程前に撮り鉄したものです。

箱根登山鉄道の風祭駅からすぐ小田原寄りの踏切は服部第三踏切というそうです。

箱根登山鉄道には「服部」という駅名はないのですが。

阪急宝塚線には「服部」という駅がありますね。

さて、ここで撮ったのはMSE・60000形の「はこね」号です。

2020030301-1

2020030301-2

2020030301-3

60000形の活動範囲は広いですね。

小田急や箱根登山鉄道だけでなく、東京メトロ千代田線やJR東海のエリアである御殿場線にも足を延ばしますね。

アゴ出しE217系

これは西船橋駅の総武線各駅停車下りホームから撮ったものです。

2020030201

スマホで撮りました。

E217系がアゴを出したのではありません。

シャッタースピードのせいか、E217系がアゴを出したような形で写ってしまったのです。

昨年、スマホの機種変更したのですが、旧機種で撮ったら、けっこうブレていたかもしれません。

このE217系の後継車の話も出てきていますね。

国鉄時代、すなわち113系1000番台が走っていた総武快速線を記憶している者として、

さらに70系が走っていた頃の横須賀線を記憶している者として、

時の流れを感じます。

後継のE235系が引退する前に私がこの世の人間を引退している可能性が大きいのですが、

生きている限り、鉄道の移り変わりを見ながら、撮り鉄、乗り鉄を楽しみたいものです。

JR東日本

 

鈴廣かまぼこ本店・鈴廣かまぼこの里最寄り駅、風祭で1000形の発車を撮る

小田原市風祭といえば、鈴廣かまぼこの本店、鈴廣かまぼこの里などがあるところでもありますね。

3ヶ月前、小田急の1000形が箱根登山鉄道の風祭駅を発車するところを撮りました。

小田原行きですね。

2020030102-1

2020030102-2

この幟を見たら、風祭駅には「鈴廣かまぼこ前」の別名を付けてもいいのでは?とさえ思えてしまいます。

2020030102-3

私もこれまで何度か小田原に行きましたが、鈴廣の蒲鉾をよく買って食べました。安い物ですが。

かつては、風祭を始め、箱根板橋と入生田から新宿に直通する急行も走っていましたが、今は走っていませんね。

そもそも4両編成しか入れないから、いつも混んでいた記憶があります。

 

東京ディズニーランドやディズニーシー休業でもディズニーリゾートラインは運行

みなさんの中で東京ディズニーランドやディズニーシーがお好きな方いらっしゃいますか?

コロナウイルス対策のために、臨時休業になってしまいましたね。

https://youpouch.com/2020/02/28/637512/

でも、ディズニーリゾートラインは運行しているのですね。

これはJR京葉線の舞浜駅ホームの新木場寄りのところから撮ったものです。

2020030101-1

ディズニーリゾートライン を運営しているのは株式会社舞浜リゾートライン。

京成グループの会社なのですね。

そもそも、京成の5代目社長・川崎千春氏は何と言っても、ディズニーランドを日本に誘致した人。

この社長の時代に京成は倒産の危機に瀕したけど、この功績は讃えるべきものですね。

だけど、ディズニーリゾートラインは運転していても、 東京ディズニーランドやディズニーシー が休園だから、駅前は閑散としていたようですね。

2020030101-2

ただ、ディズニーリゾートラインですが、別にディズニーランドやディズニーシー に入園しなくても、一週してみるだけでもいいものですね。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »