2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 3800番台の番号が振られても3700形。京成船橋で6両編成を撮る | トップページ | 新宿から相鉄直通電車に乗る。ウトウト眠っていたら、いつの間にやら鶴見川 »

太宰治ゆかりの場所でもある三鷹車両センターの跨線橋

JR東日本の三鷹車両センターを跨ぐ跨線橋は、作家・太宰治のゆかりがある場所でもあるのですね。

太宰治はこの跨線橋に友人を案内したこともあったとか。

山崎富栄もこの跨線橋を渡ったこともあったのでしょうか?

太田静子もこの跨線橋を渡ったこともあったのでしょうか?

2019120501-1

2019120501-2

太宰治存命中はまだ国鉄三鷹電車庫で略称は東ミツだったようですね。このころは63系がいたのかな?

これはその跨線橋から撮った三鷹車両センターの風景です。

2019120501-3

太宰治は東京都三鷹市で生活していましたが生家は津軽ですね。青森県五所川原市で、津軽鉄道の金木が最寄り駅ですね。

それにしても、太宰治さん、山崎富栄さん、あなたたちは何故心中したの?どうしても心中しなければいけなかったの?

 

 

« 3800番台の番号が振られても3700形。京成船橋で6両編成を撮る | トップページ | 新宿から相鉄直通電車に乗る。ウトウト眠っていたら、いつの間にやら鶴見川 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3800番台の番号が振られても3700形。京成船橋で6両編成を撮る | トップページ | 新宿から相鉄直通電車に乗る。ウトウト眠っていたら、いつの間にやら鶴見川 »