2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 野田線8000系最後の花?急行大宮行きを撮る | トップページ | お先に失礼の3030編成の特急上野行き »

かつてはその日のうちに東京へ帰れなかった時間帯。「かがやき」518号で帰る

もう6ヶ月も前の話です。

10連休の内、1日だけ金沢への日帰り旅行を楽しみました。

帰路は金沢21時発の「かがやき」518号です。

2019111401-1

2019111401-2

北陸新幹線に乗って見て、改めて隔世の感を覚えます。

かつては20時代の時点で金沢にいたら、もうその日のうち東京に帰ることはできませんでした。

早朝到着の夜行列車で帰るか、宿に泊まるしかなかったのです。

国鉄時代の1970年代前半は、長岡経由の急行「北陸」が2本と長野経由の急行「越前」がありました。

1975年に急行「北陸」の内1本が特急に格上げになり、残る1本は「能登」となりました。

上越新幹線が開業すると「越前」が廃止になりました。

国鉄が民営分割されると、JR東日本と西日本と2社にまたがって走る列車になりました。

特急「北陸」と急行「能登」は北陸新幹線開業まで走ると思いきや、開業前に廃止になってしまいましたね。

これはまだ乗車前の光景です。

金沢から上野行きの夜行列車で帰った遠い日を思い出しながら、私は「かがやき」518号で帰りました。

2019111401-3

これから5ヶ月後、北陸新幹線には大災難に遭いましたね。

台風で千曲川が氾濫し、長野の車両基地に停泊していた車両が冠水。

冠水した車両は廃車に追い込まれる羽目になり、JR東日本の痛手は大きいですね。

« 野田線8000系最後の花?急行大宮行きを撮る | トップページ | お先に失礼の3030編成の特急上野行き »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野田線8000系最後の花?急行大宮行きを撮る | トップページ | お先に失礼の3030編成の特急上野行き »