2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北陸新幹線の2019年5月時点の小松駅付近の工事進捗状況 | トップページ | 鹿島川鉄橋渡る3000形特急上野行きと3600形快速西馬込行き »

東武野田線8000系の最後の花として運河-船橋間でも急行運転させたい気もするけど

東武野田線の六実-逆井間の複線化工事も着々と進んでいますね。

そして、東武はついに急行運転の発表もしました。

2020年3月から運転されるのですね。

https://www.chibanippo.co.jp/news/economics/632775

https://news.livedoor.com/article/detail/17146183/

これは高柳で撮ったものです。

2019100502-1

この高柳にも急行が停まるのですね。

というか、この駅を通過したら緩急接続ができませんね。

ところで、東武野田線にはまだまだ8000系が走っていますね。

来年の急行運転の日以降も残存しているのでしょうか?

船橋ー運河間でも急行に運用されることがあるのでしょうか?

かつて東武を走っていた吊りかけ車7800系も引退直前まで、伊勢崎線で準急、東上線で急行や準急に運用されていました。

この写真は昨年の5月に柏で撮ったものです。

8000系急行大宮行きです。

2019100502-2_20191005205401

2019100502-3

8000系の最後の花として運河-船橋間でも急行運転させたい気 もします。

東武としては、60000系を優先的に急行運用させるのでしょうか?

« 北陸新幹線の2019年5月時点の小松駅付近の工事進捗状況 | トップページ | 鹿島川鉄橋渡る3000形特急上野行きと3600形快速西馬込行き »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸新幹線の2019年5月時点の小松駅付近の工事進捗状況 | トップページ | 鹿島川鉄橋渡る3000形特急上野行きと3600形快速西馬込行き »