2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北陸鉄道石川線レポート9(出番待ちの7700系) | トップページ | 柴又で京成の苦難の歴史を経験した3500形同士の交換を撮る »

北陸鉄道石川線レポート10(鶴来-加賀一の宮間の廃線は残念)

これはかつての北陸鉄道加賀一の宮駅の跡です。

2019080304-2

2019080304-1

北陸鉄道石川線はかつて、加賀一の宮まで来ていたのですね。

元東急7000系も元京王3000系もこの加賀一の宮まで来ていた時期があったのですね。

さらにここから白山下まで電車で行けたのですね。

北陸鉄道はモータリゼーションの影響をもろに受けて、相次いで廃線に追い込まれましたね。

乗る人が少ないので、経営が成り立たないので廃線もやむを得なかったのかもしれないけど、

交通弱者が切り捨てられたのですよね。

この日白山比咩神社 には多くの人が車で来たために道路は大渋滞、数珠つなぎ状態でした。

これを思うと、せめて北陸鉄道石川線が加賀一の宮まで残っていたら、と思いました。

2019080304-3

当ブログは、私鉄総連の「守ろう公共交通」運動やJR貨物の「環境を考えれば鉄道貨物輸送」の主張などに賛成するとともに、子ども達から広場と青い空と夢を奪う高速道路無料化に反対します。

« 北陸鉄道石川線レポート9(出番待ちの7700系) | トップページ | 柴又で京成の苦難の歴史を経験した3500形同士の交換を撮る »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道(北陸鉄道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸鉄道石川線レポート9(出番待ちの7700系) | トップページ | 柴又で京成の苦難の歴史を経験した3500形同士の交換を撮る »