2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北陸鉄道石川線レポート12(東急時代は中間車の7200。この日は鶴来でひっそりと) | トップページ | 北陸鉄道石川線レポート13(「恋のしらやまさん」鶴来に到着) »

京成110年の歴史は京浜急行との相互乗り入れ抜きで語れず

京成電鉄も110周年を迎えたのですね。

その京成の110年史はやはり京急抜きでは語れないでしょう。

もともと京成が改軌したのは、都営浅草線のみならず、京浜急行への乗り入れをも視野に入れて行ったものですから。

京成が都営浅草線経由で京浜急行に乗り入れるようになって51年の歳月、つまり京成の歴史の50%弱を占めますね。

つまり119周年の時に60年となるから、その時点で過半数となるのですね。

写真は京成臼井―京成佐倉間で撮り鉄したものです。

2019080702-1

2019080702-2

京急車なのに、西馬込行きです。

つまり佐倉―西馬込間を行ったり来たりさせられて、京急線に帰してもらえない運用に入っているのです。

« 北陸鉄道石川線レポート12(東急時代は中間車の7200。この日は鶴来でひっそりと) | トップページ | 北陸鉄道石川線レポート13(「恋のしらやまさん」鶴来に到着) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸鉄道石川線レポート12(東急時代は中間車の7200。この日は鶴来でひっそりと) | トップページ | 北陸鉄道石川線レポート13(「恋のしらやまさん」鶴来に到着) »