2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北陸鉄道石川線レポート3(今の北陸鉄道の経営状態を暗示する光景?) | トップページ | 北陸鉄道石川線レポート4(8000系ではなく7700系) »

うすい止まりの電車、中線に入る。折り返しは普通上野行き

京成本線の下り各駅停車の中には、うすい止まりがありますね。

うすいに下りホームに着きます。

そして、回送電車として中線に入ります。

2019071402-1

2019071402-2

折り返しは各駅停車上野行きとなります。

2019071402-3

この電車のおかげで、臼井、ユーカリが丘、志津、大和田、実籾、大久保では平均10分1本の割合で乗車チャンスがあるということですね。

快速が来れば、それに乗ればいい。津田沼以西の快速通過駅は、津田沼で乗り換えればいい。東中山以西の快速通過駅は、東中山で乗り換えればいい。

うすい始発の各駅停車が来れば、それに乗り、先を急ぐなら津田沼で特急に乗り換えればいいという体系ですね。

かつては大和田で折り返していました。今も大和田折り返しの電車もあります。

でも、人口の増加でそのニーズに応えるように、うすいまで延長されましたね。

ところで電車の表示は「うすい」とひらがなでも、駅名としては「京成臼井」ですね。

「臼井」と表示すると、北総鉄道の「白井」と紛らわしいからなのですね。

« 北陸鉄道石川線レポート3(今の北陸鉄道の経営状態を暗示する光景?) | トップページ | 北陸鉄道石川線レポート4(8000系ではなく7700系) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸鉄道石川線レポート3(今の北陸鉄道の経営状態を暗示する光景?) | トップページ | 北陸鉄道石川線レポート4(8000系ではなく7700系) »