2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が参議院選挙に当選!この政党、今後どんな活動をしていくのだろう……?

これは4年前、船橋に行く用事があって、たまたま見かけたので撮った写真です。

2019072901nhk

NHKから国民を守る党」とかいう政党の党首、立花孝志氏が船橋市議選に立候補して選挙運動をしていたところです。

主張は面白いけど、当選することはないだろう、法定得票数にも満たないだろう、と思ったら当選したのですね。

だけど、この立花孝志氏、任期途中で東京都知事選挙に立候補して落選し、葛飾区議会選挙に立候補して当選したのに、これも任期途中で堺市長選挙に立候補して落選という繰り返し。

何で一つのところに落ち着こうとしないのだろう?と思ったら、今度は参議院選挙に比例区で立候補し、何と当選してしまったのですね。

それと、議員は立花氏一人かと思ったら、新宿区や中野区、八千代市、立川市などにも同党の議員がいるのですね。

しかも4年前、立花氏が立候補した船橋市にも新たに議員に当選した人がいるのですね。

http://www.nhkkara.jp/member.html

いやあ、驚いた。

思えば、私も就活するまではNHKを日本を代表する放送局として、敬意を表していました。

でも、就活してNHKがとんでもない偽善放送局だということがわかりました。

「必要書類を揃えて、〇月〇日、17:00に持ってきてください」

と言われたので、それを揃えて15分前に行きました。

ところが担当者が食事に出掛けて1時間以上待たせた挙句、「すいません」の一言も言いませんでした。

後でわかったのですが、NHKは特定の人に対して事前に呼び出して、内定の手続きをさせていたそうです。

こんな嫌がらせをしてまでして、採用したくなかったのなら、書類選考で落としてほしかったです。

このためにとんだ無駄な時間を費やしてしまいました。

これ以来、NHKに受信料徴収権があることに大いに憤りを感じるようになりました。

NHKの不祥事事件が発生すると、

「やっぱりそうだったか。あんな偽善に満ちた放送局なら起きて当然だ!所詮、NHKは日本ハレンチ協会だ!

と言いたくもなりました。

 

それにしても、この「NHKから国民を守る党」とかいう政党、今後どんな活動をしていくのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=ORMv_NHcdCM

https://ameblo.jp/nhkto/

NHKは日本ハレンチ協会

NHKは日本破廉恥協会

 

千葉商科大学は自然エネルギーを100%活用!

1982年11月、京成の国府台駅を最寄り駅とする千葉商科大学の学園祭で、石川優子さんのコンサートが行われました。

あれから37年の歳月が経ちました。

石川優子さんも今年で61歳ですね。

さて、これはJR総武線の市川駅で見つけたものです。

この大学は市川駅から京成バスでも行けますね。

それにしても、この大学は大いなる敬意を表すべきものがあるのですね。

学内で使うエネルギーは何と、自然エネルギーの活用しているのですね。

それも100%!

2019072701 

世の中には原発賛成・反対の議論をしている人がいますが、それをする前にまず、千葉商科大学のように自然エネルギー100%使用の法人に目を向けてほしいものです。

5500形最新編成の快速西馬込行きに乗る

先日、京成の東中山→小岩間を都営5500形の快速西馬込行きに乗りました。

5500形に乗るのは今回が2度目です。

これから乗れる確率が上昇するのでしょうね。

2019072201-1

5500形は今のところ9編成製造されたそうですが、その第9編成と言える車両でした。

つまりこの時点での最新車両に乗れたということですね。

いずれは増備されて最新でなくなるのでしょうけど。

2019072201-2

これは小岩を発車したところです。

2019072201-3

5000形時代から記憶している者としては、時の流れを感じます。

5000形時代は東中山までしか乗り入れず、しかも京成線内は各駅停車ばかりという時代が1983年まで続きました。

1968年からは京浜急行に乗り入れるようになりましたが、京急線内では急行運転でしたね。

5500形は京成や京急のみならず、北総鉄道や成田スカイアクセス線も走れますね。

それにしても、5500形の引退と私のこの世の人間の引退とどちらが先になるのかなあ。

いずれにしても、生きている限り、鉄道趣味は楽しみたいものです。

5300形が来た。でも車内の広告は5500形だった。

先日、京成の東中山から快速西馬込行きに乗りました。

車両は都営5300形。

2019072102-1

 

でも、この車内の広告、どうみても5300形を描いたようには見えませんね。

2019072102-2

5500形を描いたものですね。

都営浅草線はいよいよ5500形の時代に入ったことを象徴するような広告にも思えました。

既に5500形は9編成製造されたとのこと。

5500形が多数派になり、全て5500形化される日もそう遠くないということですかね。

北陸鉄道石川線レポート7(車齢なんと、80年以上の電気機関車ED20)

これは鶴来で撮ったものです。

2019072101

北陸鉄道にも電気機関車があるのですね。

それはED20。

1938年製造。つまり今年でなんと81歳!

つまり戦前から走っている機関車なのですね。

JRにも他の私鉄にも戦前から走っている車両はないですよね。

よく長持ちしているものです。

製造当時は金沢電気軌道のED1形だったのが、石川県下の鉄軌道の戦時統合により北陸鉄道ED20形となったそうですね。

ただ、この電気機関車、除雪用の機関車であり、雪が降らないと出番がないようですね。

たしかにラッセル車のような装備があるし。

でも、雪が降れば、大活躍のようですね。

https://togetter.com/li/1197520

 

新木場では5社の撮り鉄が可能だけれど……

これは東京メトロ有楽町線の新木場で撮ったものです。

JRのE233系ですが、JR東日本の線路上を走行しているのではなく、東京臨海高速鉄道の線路の上を走行しているのですね。

高架線の柱が邪魔になり、あまりいい写真は撮れません。

2019072001-1

こちらは東京メトロ有楽町線の10000系です。

2019072001-2

思えば、有楽町線の新木場駅のホームでは複数社の車両が撮れるということですね。

この日はゆっくりする時間がなかったので、2社の車両しか撮れませんでしたが、ここでは東京臨海高速鉄道も撮れますね。

また、東京メトロ有楽町線には東武東上線や西武池袋線の車両も乗り入れて来るので、計5社の車両を撮ろうと思えば撮れるということですね。

この場でたっぷり時間が取れればの話ですが。

かつては小田急のMSE車60000系も臨時列車ながら乗り入れてきたこともありますね。

小田急の車両も乗り入れてくれば6社となるけど、ダイヤが複雑になって大変かな?

新木場の駅前には千疋屋総本店の事業所もあるのですね。

2019072001-3

なんだかおいしいケーキかゼリーが食べたくなった。

この会社のコーポレートカラーは緑なのでしょうか?

JRのグリーン車で千疋屋総本店のケーキかゼリーを車内販売できないものでしょうか?

JR東日本も緑だから、千疋屋総本店とJR東日本、何か共同ビジネスというか、コラボレーションできないものかと思いますね。

 

思えば初代京急1000形も京成線内を走っていた

これは京成八幡に停車中の京急1000形の快速佐倉行きです。

2019072001

京急車なのに、京急線に返してもらえず、都営浅草線の西馬込と京成本線の佐倉との間を行ったり来たりの運用に入っている最中ですね。

この京急1000形は2代目。

初代1000形も京成線内に入ってきましたね。

歴史は繰り返されますね。

北陸鉄道石川線レポート6(鶴来で憩う7000系。これらの車両も2021年までには・・・・・・)

これは北陸鉄道石川線の鶴来の車両基地で憩う7000系です。

東急時代も7000系でしたね。

2019071901tsurugi-1

東急時代は中間車だったのに、北陸鉄道譲渡後に運転台を取り付けられたのもありますね。

7200形というそうですけど。

2019071901tsurugi-2

これらの車両はもう50年以上も経過しているのですね。

何やら東京メトロ日比谷線の03系が北陸鉄道に譲渡とのこと。

最初は浅野川線であっても、いずれは石川線にもその波が押し寄せてくるでしょう。

これらの車両がみられるのは2021年までなのでしょうか?

北陸鉄道石川線レポート5(社運を賭けた更新?これらの車両も2021年には姿を消しているか?)

日比谷線、時には東武スカイツリーラインに直通運転していた東京メトロ03系が北陸鉄道に譲渡されるのですね。

既に、松任まで運ばれた車両もあるそうですね。

石川線の7000系を置き換えるのかと思ったらさにあらず、浅野川線の車両をまず置き換えるとのことです。

でも、石川線を走る元東急7000系の7000系も、元京王3000系の7700系もそう長くはないのでは?

ある人のブログによると、北陸鉄道は2021年度までに約840億円をかけて老朽化した鉄道施設の更新を行うようです。

これほどお金を掛けるということは、北陸鉄道は借金をしてでも、老朽化した施設の更新をしようという意気込みなのでしょうか?

社運を賭けた更新なのでしょうか?

北陸鉄道も、一時は浅野川線や石川線も廃止を考えていたようで、それを地元住民や自治体の反対で撤回したとか。

廃止したくても、地元が許してくれないなら、攻めの経営を行おうと考えているのでしょうか?

施設の更新によって、電気代やメンテナンス費用などが削減できる見込みもあるのでしょうか?

老朽施設を酷使した故にトラブルが発生して、そのために莫大なコストが掛るような事態にならないようにするための予防措置の意味合いもあるのでしょうか?

写真は鶴来駅で並んだ7000系と7700系です。

これらの車両も2021年には姿を消しているのでしょうか?

2019071701

 

まだまだ走れそうか、3400形

先日、京成の臼井2号踏切で3400形の特急成田空港行きを撮りました。

2019071601

初代AE車の足回りを流用した3400形ですが、ここ数年、老朽化も指摘されているものの、まだ廃車は出ていないようですね。

来年3100形が営業運転に入ると言っても、2編成しか投入されないし、それで弾き飛ばされるとすれば3500形か3600形と言われていますね。

京成だけでなく、都営浅草線や京急、北総にも対応できるから、まだまだ活躍できそうでしょうか?

京成が3100形を大量投入するとなれば、話は違ってくると思いますが。

 

臼井で3041編成の特急上野行きを撮る

京成の3000形も3002~3025編成までは、6両編成だったせいか、各駅停車専用車のように思えました。

でも3026編成からは8両編成の方が多数になりましたね。

だから3000形の優等列車を見られる確率もぐんと高くなりましたね。

1ヶ月ほど前に臼井で3041編成の特急上野行きを撮りました。

2019071502

特急なので、臼井は通過です。

来年は3100形が登場しますね。

これから京成も変わっていくのでしょうね。

北陸鉄道石川線レポート4(8000系ではなく7700系)

2ヶ月ほど前に北陸鉄道石川線の乗り鉄・撮り鉄を楽しみました。

元東急7000系でもある7000系に野町→鶴来間を乗車しました。

終点鶴来に着いて、「えっ?」と思ったことがありました。

それは、石川線にも浅野川線と同じ、元京王電鉄井の頭線の3000系がいるではありませんか!

2019071501

でも、浅野川線では8000系であっても石川線では7700系なのですね。

同じ北陸鉄道なのに、浅野川線は1500Vに対し、石川線は600V。

これでは同じ機器の車両を使えませんね。

仮に野町-北鉄金沢を結べたとしても、直通運転はできませんね。

それにしても元東急7000系と元京王3000系の並び、東京では見られなかった光景ですね。

うすい止まりの電車、中線に入る。折り返しは普通上野行き

京成本線の下り各駅停車の中には、うすい止まりがありますね。

うすいに下りホームに着きます。

そして、回送電車として中線に入ります。

2019071402-1

2019071402-2

折り返しは各駅停車上野行きとなります。

2019071402-3

この電車のおかげで、臼井、ユーカリが丘、志津、大和田、実籾、大久保では平均10分1本の割合で乗車チャンスがあるということですね。

快速が来れば、それに乗ればいい。津田沼以西の快速通過駅は、津田沼で乗り換えればいい。東中山以西の快速通過駅は、東中山で乗り換えればいい。

うすい始発の各駅停車が来れば、それに乗り、先を急ぐなら津田沼で特急に乗り換えればいいという体系ですね。

かつては大和田で折り返していました。今も大和田折り返しの電車もあります。

でも、人口の増加でそのニーズに応えるように、うすいまで延長されましたね。

ところで電車の表示は「うすい」とひらがなでも、駅名としては「京成臼井」ですね。

「臼井」と表示すると、北総鉄道の「白井」と紛らわしいからなのですね。

北陸鉄道石川線レポート3(今の北陸鉄道の経営状態を暗示する光景?)

  北陸鉄道も廃線になった区間が多いですね。

浅野川線も石川線も全面廃止をしようとしたけど、地元や自治体の反対でかろうじて残っていますね。

この石川線も野町-白菊町は廃線になりました。鶴来ー加賀一の宮間も廃止になりました。

その加賀一の宮ではかつて、能美線や金名線と接続し、そこへの直通運転も行われていたのに、その2線も廃線になりました。

経営の苦しさを象徴するように、野町駅もどことなく活気のない駅ですね。

写真は発車を待つ元東急7000系の鶴来行きです。

向かい側のホームはもう使っていないようですね。

2019071401-1

というのも線路が撤去されていました。

2019071401-2

「速くて安全北鉄電車 野町←25分→鶴来」と書いてあるけど、見向きもせずに車を利用する人が多い現状なのでしょうか?

この野町と北鉄金沢とを地下で結び、浅野川線と直通運転できれば、少しは活気付くかな?でもそれだけの金がないからできないかな?

ただ、金沢港 - 金沢駅 - 野町駅間をLRTあるいはBRT方式で結ぶという案が浮上しているそうですが、現実性はどうなのでしょうか?

2019071401-3

白山比咩神社には毎月一日にお参りすると、ご利益があるのでしょうか?

でも、その白山比咩神社に近い加賀一の宮にはもうこの電車は行けません。

なのに、看板にはまだ「加賀一の宮」が残っています。

「鶴来」と書き直す費用も節約しているのか?鶴来では白山比咩神社が遠いので、「加賀一の宮」のままにしてあるのか?

2019071401-4

 何やら今の北陸鉄道の経営状態を暗示するような光景に思えました。

ただ、北陸鉄道の場合、高速バスや定期観光バス、貸切バス、旅行業、不動産業も行っているので、こちらで少しでも多くの黒字を出せる経営ができれば、鉄道事業にも波及されるかな?

乗客が年々減っているだけに石川線も浅野川線も、あと何年持つのだろうか?という不安もあります。

でも、まだまだ存続してほしいものです。

何やら、ビール電車、おでん電車、妖怪電車といった企画で電車を走らせることがあるとのことだけど、いろいろ知恵を絞って乗客を引き寄せられる工夫をどんどん行ってほしいものです。

北陸鉄道石川線レポート2(小雨のパラつく中、野町で発車を待つ)

2ヶ月前、北陸鉄道石川線で撮り鉄・乗り鉄を楽しみました。

JR西金沢で乗り換え、まず、新西金沢→野町間を乗車しました。

これは野町に着き、折り返し鶴来行きとして発車を待っているところです。

この日は小雨がパラついていました。

2019071305

元東急7000系はこの北陸鉄道でも7000系ですね。

北陸鉄道以外に、弘南鉄道、福島交通、水間鉄道、秩父鉄道に譲渡されたのもありましたね。

製造されてから50年以上の歳月の流れたこの元東急7000系。

いずれはここも追われるのでしょうね。

何やら東京メトロ日比谷線の03系が北陸鉄道に譲渡されるとか。

もしかすると、この7000系が標的?

西武10000系を秩父鉄道「秩父路」号用に転用できたら・・・・・・

5カ月弱程前、本川越→西武新宿間をNRA10000系特急「小江戸」号に乗りました。

これは西武新宿に到着した直後の写真です。

2019071304

この車両もいよいよ追われる身。Laviewに代わられますね。

だけど、この車両を地方の私鉄で引き取ってもらえるのでしょうか?

10000系を引き取る地方私鉄はどこでしょうか?

個人的には秩父鉄道で引き取ってほしいと思います。

もちろん急行「秩父路」号用として。

今の秩父鉄道の急行「秩父路」に運用されている6000系ですが、車両の修理・検査に入ると、オールロングシートの5000系が代走します。

オールロングシート車で急行料金を取るのはどうも納得がいきません。

それでこの10000系を引き取り、10000系の修理・検査時に6000系が代走するようにすればいいのでは?と思えます。

 

北陸鉄道石川線レポート1(雨の降る新西金沢で「恋のしらやまさん」のヘッドマーク付き7000系を撮る)

2ヶ月前の雨の降る日、JR西金沢で北陸鉄道石川線に乗り換えました。

金沢は「北鉄金沢」を名乗っているのに、こちらは「北鉄西金沢」ではなく、「新西金沢」なのですね。

やってきた電車は7000系。東急のお古ですが、この車両、東急時代も7000系でしたね。

東急時代、東横線も走っていたし、当時の営団地下鉄(現・東京メトロ)の日比谷線にも直通していましたね。

2019071303

何故か「恋のしらやまさん」と書いてあるヘッドマークを付けていました。

「しらやまさん」とは白山比咩神社のことなのですね。

縁結びのご利益もあると言われているそうですが、

北陸新幹線が延伸後、この西金沢もJR西日本の駅ではなくなり・・・・・・

これは2ヶ月前に西金沢で撮ったものです。

この駅で降りたのは、北陸鉄道石川線の乗り鉄・撮り鉄を楽しむためです。

2019071302

かつての北陸本線のはED70牽引の客車列車でした。

国鉄時代ですね。

その頃の記憶が残っている者としては、521系という電車を見て、隔世の感を禁じ得ないものがあります。

右側には北陸新幹線の高架線が見えます。

北陸新幹線が延伸されれば、この西金沢もJR西日本の駅ではなくなるのですね。

御茶ノ水駅の階段が取壊中。バリアフリーに向けて

これは1ヶ月前に撮った写真です。

JR御茶ノ水駅の階段が取り壊されているところです。

国鉄時代からずーっと使われてきた階段ですね。

2019071301-1

この階段には幼い頃からの思い出があります。

学生時代は某予備校の模擬試験や夏期講習等を受けた時にも使いました。

何やら御茶ノ水駅では。バリアフリー整備等工事が行われているのですね。

この階段は4月7日から使用停止になっているのですね。

2019071301-3

2019071301-2

下りホームも取り壊し中です。

2019071301-4

御茶ノ水駅はバリアフリー対応の駅として生まれ変わるのですね。

JR東日本

海神の坂を登ってきたのは3700形のトップだった

各駅停車しか停まらない京成の海神ですが、西船側から坂を登ってくるところを撮るのが好きです。

機会あれば、ここで坂登る電車を撮ります。

先日撮ったのは、3700形の特急成田空港行きでした。

2019071101-1

よくみると、先頭車は3701。この形式のトップでした。

2019071101-2

この車両ももう、28年経っているのですね。

あと12~15年は走っていられるでしょうか?

生まれた時は113系。金沢で撮った七尾線の415系……、と思ったら勘違い。413系でした。

これは2ヶ月前に金沢で撮ったものです。

右は521系。

左は415系です。と思ったら413系でした。

ご指摘された方、ありがとうございます。

2019071002

415系は製造された時は113系だったのですね。

七尾線の電化の時に113系から交直両用電車に改造されたものですね。

今はないけど、遜色急行「能登路」にも使用されたこともありましたね。

この415系はJR西日本になってから改造されたものですが、他の415系は国鉄時代に製造されたものですね。

常磐線や鹿児島本線で走っていましたね。

今や常磐線や鹿児島本線には415系は走っていません。

七尾線の415系もいつまで走っていられるのでしょうか?

老朽化も進行していると思いますが。

 

飯田橋駅のカーブ。このような光景も過去のものへと

これは飯田橋駅です。

このような光景もいずれ見られなくなりますね。

20190710011

 なぜなら、飯田橋駅のホームは市谷寄りに移転するので。

これは2ヶ月前の状況です。

あれから工事は進捗していると思いますが。

20190710012

移転すると、東京メトロ東西線との乗り換えが遠くなりますね。

でも、乗客の安全性を考えれば、移転することは正しいことですね。

私も幼い頃、親から

「飯田橋の駅はこわいよー。危ないよー」

と教えられていました。

カーブゆえに電車とホームの間が広くあいていますからね。

国鉄 JR東日本

なーに、これ!?カナヘイの小動物のNRA10000系特急「小江戸」

4ヶ月半ほど前のことです。

西武新宿線の本川越から西武新宿まで特急「小江戸」に乗りました。

2019070901-1

だけど、この時特急「小江戸」に運用された10000系はなーに?

派手なラッピング。

2019070901-2

2019070901-3

「カナヘイの小動物 ゆるっと小旅 西武鉄道で行く川越旅」

とのことだけど。

車両の外装だけでなく、車内もカナヘイの小動物。
2019070901-4

2019070901-5

川越観光の宣伝なのでしょうけど。

常磐線が全線復旧したら、東京都区内-仙台間を直通する特急が復活!!列車名は「ひばり」?「まつしま」?「きぼう」?それとも……

2011年3月11日の東日本大震災と、原発事故の影響で不通になっていた常磐線。

少しずつ、復旧してきて、2020年3月末までには、ついに全線再開するようですね。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190706_72020.html

https://trafficnews.jp/post/87604

長い歳月を費やしましたね。

それに伴い、上野か品川と仙台を結ぶ特急が運転されるのですね。

震災前、JR東日本は上野-いわきといわきー仙台とで分割するような計画でいたけど、それはなしになったのでしょうか?

まだ上野or品川-仙台間を走る特急の本数や名称は決まっていないそうです。

「ひたち」でも「ときわ」でもないのなら、個人的には「ひばり」か「まつしま」が復活してほしいですね。

「そうま」もいいかな?「ときわ」に吸収されて消滅したけど。

それとも、常磐線の全線復旧までの苦難を乗り越えたことを象徴するような名称もいいかな?

あるいは、被災された人を励ます意味で「きぼう」「ひので」とか。

かつての国鉄にこんな名前の修学旅行列車が走っていましたね。

東北本線経由の列車でしたが、国鉄時代の名列車でしたしね。

震災前、かつてはこの車両が上野-仙台を結んでいましたね。651系ですね。「スーパーひたち」として。

2019070701-jyoban-1

もちろん、来年春に登場する特急は657系で運転されるけど。 

2019070701-jyoban-2

かつては653系も常磐線を走っっていたけど、仙台までいくことはなかったですね。

2019070701-jyoban-3

東京―仙台を東北新幹線でさーっと行くのもいいけど、在来線である常磐線経由で行くのも、新幹線にはない旅気分を味わえるのでは?

 

川越市で東武と東京メトロ、10000系同士の並びを撮る

4ヶ月半ほど前に東武東上線の川越市で撮ったものです。

左は東武10000系(正確に言うと10030系)の準急森林公園行き、

右は東京メトロ10000系の各駅停車新木場行きです。

2019070401

つまり10000系同士の並びを撮ることができたのです。

東武の10000系はかれこれ30年の歳月が過ぎましたね。

まだ8000系が走っているから当面は安泰かもしれないけど、10年後はどうなっているでしょうか?

東京メトロの10000系はかれこれ13年の歳月がたっていますね。

この車両は営団地下鉄時代を経験してませんね。

東京メトロになっての初の新製車両ですね。

行動範囲も広いですね。東京メトロは有楽町線と副都心線、それ以外に東武、西武、東急、横浜高速とあちらこちらに顔を出しますね。

何とか無理やり撮った2本の東京メトロ10000系

4ヶ月半ほど前に東武東上線川越市駅で撮ったものです。

上りホームの両側に東京メトロ10000系が停まっていたので、2本とも撮ろうかと思ったけど、なかなかいい場所が見つからず。

停車位置もずれていたので。

それで何とか無理やり撮りました。

右はFライナー急行元町・中華街行き。すなわち東京メトロ副都心線、東急東横線、横浜高速鉄道へと直通する電車。

左は各駅停車新木場行き。東京メトロ副都心線と有楽町線へ直通する電車。

2019070301

7000系釣りかけ車が走っていた時代の東武東上線を記憶しているものとしては、本当に随分変わったものだと思わざるを得ません。

生まれた時から北陸本線。金沢で521系を撮る。

首都圏では見られない車両。

そもそもこれは関東地方ではなく、北陸地方の金沢で撮ったもの。

521系はJR西日本の車両ですね。

2019070203

1970年代の北陸本線の普通列車の殆どはEF70とかED70牽引の客車列車でした。国鉄時代でしたね。

1980年代になると、475系の急行形のお古や、583系を改造した419系が走るようになりました。

でも、今はそれも走っていません。

521系は北陸本線の普通列車の主力ですね。

この車両は他からのお古ではありません。

製造された時から北陸本線を走っていますね。

18時台、EF65牽引貨物列車の後にまたEF65牽引貨物列車

夏だから撮れる写真です。

18時台に、総武快速線内をEF65牽引の貨物列車が2本続きます。

これらが船橋で撮ったものです。

この塗装、まさに

「この機関車はJR貨物だぞー、JR東日本の機関車じゃないぞー」

と言わんばかり。

2019070202ef65-1

船橋通過直前に成田エクスプレスとすれ違いました。

2019070202ef65-2

またそのあとにEF65牽引の貨物列車。

この機関車、ブルートレインを牽引していた時代を思い起こさせる塗装ですね。

私もEF65牽引の列車には、寝台特急「あけぼの」「みずほ」「出雲」「瀬戸」に乗った記憶があります。

2019070202ef65-3

2019070202ef65-4

でも、この機関車もJR東日本のものではありません。

JR貨物のものですね。

そもそも、今のJR東日本、機関車は1両たりとも保有していませんね。

この時、船橋には私以外にもこの2本の貨物列車を狙って撮り鉄している人もいました。

坂戸で撮ったFライナー。東京メトロ10000系。

4ヶ月半ほど前の写真です。

坂戸で撮ったFライナー急行元町・中華街行きです。

車両は東武ではなく、東京メトロの10000系。

2019070201

Fライナーは東武東上線内は急行、東京メトロ副都心線は急行、東急東横線内と横浜高速鉄道線内は特急ですね。

各駅停車として運転する区間はありませんね。

1987年までは、東武車両以外は走らなかったのに、今は東京メトロや東急の車両も走りますね。

あの時代を記憶している者としては、まさに隔世の感です。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »