2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 寄居で出発時刻を待つツートンカラー車を撮る。この塗装こそ、東武史上を最も彩るもの。 | トップページ | 味の素の川崎事業所横を1500形が行く。 »

北陸鉄道浅野川線レポート6(内灘で並んだ2編成)

10連休中の1日だけ、早朝から深夜まで撮り鉄・乗り鉄を楽しみました。

これは北陸鉄道浅野川線の内灘で撮ったものです。

2019060801uchinada-1

2019060801uchinada-2

この北陸鉄道浅野川線の8000系は元京王電鉄3000系。

こうやってみると、井の頭線時代を思い出しますね。

ただ、井の頭線時代は正面色は7種あったけど、北陸鉄道ではオレンジだけですね。

複数色は今の北陸鉄道の経営状態からいって、コスト的に問題かもしれませんね、

« 寄居で出発時刻を待つツートンカラー車を撮る。この塗装こそ、東武史上を最も彩るもの。 | トップページ | 味の素の川崎事業所横を1500形が行く。 »

鉄道(北陸鉄道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄居で出発時刻を待つツートンカラー車を撮る。この塗装こそ、東武史上を最も彩るもの。 | トップページ | 味の素の川崎事業所横を1500形が行く。 »