2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

北陸鉄道浅野川線レポート13(京王電鉄井の頭線時代の思い出とともに撮り鉄・乗り鉄をして)

2ヶ月前に、北陸鉄道浅野川線の乗り鉄・撮り鉄を楽しみました。

これは、北鉄金沢に着いた直後のものです。

元京王電鉄井の頭線の3000系に乗り、昔を思い出しました。

2019063001-hokurikutetudoasanogawasen

この後、同じ北陸鉄道でも石川線に乗ってみることにしました。

でも、浅野川線と石川線、同じ北陸鉄道なのに、接続する駅がないのですね。

北鉄バスで野町に行こうかな?と思って聞いてみたら、

「本数が少ないので、JRで西金沢経由で行った方がいいですよ」

と言われました。

ところで、ある人のブログを見ました。

全国の駅名を五十音順に並べると、一番最後になるのは、この北陸鉄道浅野川線の駅だそうです。

その駅は割出です。

http://blog.livedoor.jp/matsumoto_superazusa/archives/36689445.html

この北陸鉄道も結構、経営は苦しいようですね。

浅野川線も内灘駅 - 粟ヶ崎海岸駅は廃止に追い込まれたし、他にもモータリゼーションの影響で多くの路線が廃線に追い込まれましたね。

今の浅野川線と石川線の前途もどうなるのでしょうか?

これで北陸鉄道浅野川線レポートはこれで終わりです。
下記のバックナンバーに関心のある方はクリックしてみてください。

北陸鉄道浅野川線レポート1(発車時刻10分程前にならないと入れず)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-40e012.html

北陸鉄道浅野川線レポート2(北陸鉄道8000、京王3000、松本電鉄3000比較)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-8e7c0b.html

北陸鉄道浅野川線レポート3(金沢に着いたらしばしのお休み)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-0a9c89.html

北陸鉄道浅野川線レポート4(かつては急行運転が行われた名残り)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-e2332f.html

北陸鉄道浅野川線レポート5(三ツ屋での交換)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-086944.html

北陸鉄道浅野川線レポート6(内灘で並んだ2編成)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-34ab8d.html

北陸鉄道浅野川線レポート7(内灘を発車した北鉄金沢行き)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-63fafa.html

北陸鉄道浅野川線レポート8(切り離された1両。もう1両はどこへ?)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-87ed45.html

北陸鉄道浅野川線レポート9(えーーーーーっ!?内灘駅の便所で糞便まき散らした奴がいるの!?)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-96c35c.html

北陸鉄道浅野川線レポート10(この電車の折り返し便で金沢に戻りました)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-78f5f5.html

北陸鉄道浅野川線レポート11(北陸鉄道と内灘の凧)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-656c63.html

北陸鉄道浅野川線レポート12(三ツ屋での交換。上りが先に到着して下りを待つ)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-e94afb.html

消えた天才・池田(現・井村)久美子さんの今

このブログでも、かつて走り幅跳びの池田(現・井村)久美子さんのことを何度か取り上げたことがあります。

もう、かれこれ10年以上前のことでした。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-71cd.html

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_1789.html

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_4aa6.html

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/o_ce42.html

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_203a.html

先日、TBSで「消えた天才」というのを見ていたら、なんとその池田(現・井村)久美子さんが出てきたのでした。

思い出せば、当時7m飛ぶことに何度か挑戦していたけど、結局果たせませんでしたね。

マスコミが7m、7mとプレッシャー掛けていたのが原因だったようにも思えます。

今は三重県の鈴鹿市に住んでいるのですね。

夫と一緒にイムラアスリートアカデミーを設立して、講師もしているそうですね。

 

秩父鉄道のデキも使いよう。観光客や撮り鉄・乗り鉄客を呼び寄せることのデキる機関車

秩父鉄道の電気機関車には、石灰石運搬とパレオエクスプレスの補機のイメージが強かったのですが、他にも使いようがあるのですね。

同鉄道でEL牽引の臨時急行「武甲」号とか、「三峰51号」を取り上げているブログを見て、そう感じました。

先日、ある人のブログの夜行臨時急行「三峰51号」の記事に掲載されている写真を見て、何やら国鉄時代の夜行列車を思い出してしまい、なつかしさを感じました。

https://blogs.yahoo.co.jp/blacksheep_ken0926_1103/42719825.html#42719825

C58牽引のパレオエクスプレスだけでなく、デキも観光客や撮り鉄・乗り鉄客を呼び寄せることのデキる車両なのだと思いました。

何やら国鉄時代の箱型貨物用電気機関車を縮小したような形ですね。

今のJRにはない魅力もあるように思えます。

他にも下記ブログ記事を紹介します。

https://blogs.yahoo.co.jp/nobuz010/49811701.html

http://blue-allow.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-3ca9f8.html

https://ameblo.jp/kazu58-6158-89/entry-12437333487.html

写真は寄居で撮ったデキ300です。

2019062601

北陸鉄道浅野川線レポート12(三ツ屋での交換。上りが先に到着して下りを待つ)

10連休中の1日、早朝から深夜まで乗り鉄・撮り鉄を楽しみました。

その中の一つは北陸鉄道。

この鉄道で使用しているのはかつて京王電鉄井の頭線の3000系。

この北陸鉄道では8000系。

これは内灘から金沢に戻る途中です。

三ツ屋では下り列車と交換します。

上りの北鉄金沢行きが先に到着して、下りの内灘行きがやってきました。

2019062503-1

2019062503-2

※当ブログの鉄道記事のうち、北陸鉄道関係は「鉄道(北陸鉄道)」として独立させました。

北陸鉄道浅野川線、石川線の関心のある方はこのカテゴリから探してみてください。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/cat24230260/index.html

 

東武越生線に乗ってみて

4ヶ月前に東武越生線に乗りました。

越生→坂戸間をただ乗っただけでした。

坂戸からはハイキング帰りの人も乗ってきました。

そういえば、この東武越生線、かつては休日に「くろやま」という池袋からの直通特急も走っていた時期もありましたね。

今はそのようなニーズはないのでしょうか?

坂戸に近づくと立ち席客も増えてきました。

ローカル線というイメージもあったけど、地元民の利用も多いのでしょうか?

写真は坂戸に到着したばかりの8000系です。

この8000系もいつまで走っていられるのやら。

2019062502sakado

 

 

 

東中山で京急1000形と都営浅草線の5300形を撮る。京成にとっては、どちらも他社車両。

先日、東中山で京急1000形と都営浅草線の5300形を撮りました。

まずは、京急1000形の快速佐倉行きが進入するところです。

2019062501-1

この時、東中山では都営浅草線5300形の快速西馬込行きが発車しようとしていました。

2019062501-2

京成にとっては、どちらも他社の車両ですね。

京成の場合、押上-高砂間では、京急車、都営車、北総車を見られる確率が高いですね。

でも高砂以東もゼロではありませんね。

 

東武越生線初乗車。インフレ番号の8000系

4ヶ月、東武越生線に乗りました。

この日、寄居→越生間はJR八高線に乗り、この越生で乗り換えました。

これは発車を待つ8000系坂戸行きです。

5桁の番号があるけど、80000系ではありませんね。

インフレ番号ですね。

2019062202ogose-1

ホームの反対側に下り電車が到着しました。

2019062202ogose-2

奥に見えるのはJR八高線のホームです。

この電車到着後、坂戸行きは発車しました。

2019062202ogose-3

北陸鉄道浅野川線レポート11(北陸鉄道と内灘の凧)

連休中に北陸鉄道浅野川線の乗り鉄・撮り鉄を楽しみました。

北陸鉄道浅野川線を走るのは、かつて京王電鉄井の頭線の3000系。

これは内灘で撮ったものです。

右側の電車に乗って、金沢に戻りました。

 

乗車する前に、何故か凧が飾ってあるのに気づきました。

 

この内灘という町は世界の凧祭典が催される町でもあるのですね。

http://www.town.uchinada.lg.jp/webapps/www/event/detail.jsp?id=10666

http://nippon-matsuri.com/uchinada_tako/

この世界の凧祭典は県内外だけでなく、海外からも人が集まるそうですね。

この時ばかりは北陸鉄道は稼ぎ時?

いや、多くの人は車を使ってくるのでしょうか?

 

越生ではJRは肩身が狭い?遠慮している?

写真は越生を発車しようとしている八高線のディーゼルカーキハ110です。

2019062001

右側の線路はJRのものではありません。

東武越生線のものです。

東武越生線ホームは島式ホームの両側に線路があるのに、JR八高線は1線のみです。

ここでは列車交換はできません。

ここではJRは肩身の狭い身なのでしょうか?

それとも東武に遠慮しているだけ?

ただ、八高線に準急が走っていたころ、すなわち国鉄時代、この越生は準急停車駅でした。R東日本

八高線、小川町と明覚は交換可能、折原。竹沢、越生は不可能。

4ヶ月ほど前、JR八高線の寄居→越生間を乗車しました。

電化されていないせいか、ローカル線風情を感じさせます。

国鉄時代の名残も感じさせます。

そのJR八高線、寄居-小川町間11.1kmは、途中折原、竹沢と2駅があるのに、列車交換はできません。

東武東上線との乗換駅、小川町はできます。

これで暫く交換不可能駅が続くかと思いきや、次の明覚でも交換ができます。

これは私の乗った列車と交換する下り列車です。

2019061802_1

ちなみに次の越生は東武越生線との乗換駅。

でも、そこは列車交換不可能なのですね。

 

JR東日本

頑張れ、埼玉県立小川高校の生徒諸君!

はーるーのおがわは、さらさらいくよ

小川町駅はJR八高線と東武東上線との乗換駅です。

JR八高線は埼玉県立小川高校の前に停まります。

その小川高校に掲げられていた垂れ幕や看板を見たら、この学校の生徒を応援したくなりました。

一つはこの学校の生徒が入った大学の名前。

2019061801ogawa-1

もう一つはそれぞれの大会に出場する放送部、バスケット部、サッカー部、少林寺拳法部を称えるもの。

2019061801ogawa-2

この学校の生徒も頑張っていますね。

頑張れ、埼玉県立小川高校の生徒諸君!

勉強も部活も頑張れ、埼玉県立小川高校の生徒諸君!

寄居でJRキハ110と秩父鉄道デキ300牽引の貨物列車とを同時撮影

寄居駅はJR八高線と秩父鉄道と東武東上線との乗り換え駅でもありますね。

4ヶ月前に寄居でJRのキハ110と秩父鉄道のデキ300牽引の貨物列車とを同時に撮りました。

2019061602

寄居ならでは撮れる光景ですね。

デキ300牽引の貨物列車は石灰石を積んで熊谷貨物ターミナルを目指します。

JRキハ110は高麗川行きです。

今の八高線は八川線と高高線とに分離したような状態ですね。高麗川-倉賀野間が電化されることはないかな?

私は八高線については、キハ35が走っていたころ、すなわち国鉄時代から記憶しています。

JR東日本

 

ついに丸ノ内線2000系を撮る。丸ノ内線にはやっぱりこの色が似合う。

ついに東京メトロ丸ノ内線の2000系を撮ることができました。

撮った場所はお茶の水の聖橋からです。

2019061601-1

2019061601-2

2019061601-3

こうやってみると、2000系は新型車両なのに、この塗装になつかしさを感じてしまいます。

500形を思い出したからです。

やっぱり丸ノ内線には赤が似合うなあ……

そんな気分になりました。

まだ2000系は少数派ですが、2022年度までには、全車両2000系になるそうですね。

北陸鉄道浅野川線レポート10(この電車の折り返し便で金沢に戻りました)

10連休の1日は撮り鉄・乗り鉄でエンジョイしました。

その中で北陸鉄道浅野川線の北鉄金沢-内灘間を往復しました。

これは北鉄金沢からの電車が内灘に到着しようとするところです。

私はこの折り返し便に乗って金沢に戻ることにしました。

2019061502

北陸鉄道を走るのはかつて京王電鉄井の頭線を走っていた3000系。

この北陸鉄道浅野川線では8000系です。

やはり見ていると、井の頭線時代を思い出します。

京王電鉄井の頭線時代はクハだったのですね。

でも、クハとクハを繋げても電車は走れません。

この北陸鉄道浅野川線を走るにあたって、電装化されたのですね。

 

※当ブログの鉄道記事のうち、北陸鉄道関係は「鉄道(北陸鉄道)」として独立させました。

北陸鉄道浅野川線、石川線の関心のある方はこのカテゴリから探してみてください。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/cat24230260/index.html

 

北陸鉄道浅野川線レポート9(えーーーーーっ!?内灘駅の便所で糞便まき散らした奴がいるの!?)

【ご注意】

この記事を飲食しながら読むことをお勧めできません。

吐き戻されても、一切責任を負いかねます。

👊

10連休中の1日は早朝から深夜まで乗り鉄・撮り鉄を楽しみました。

その中の北陸鉄道浅野川線で内灘に行き、駅周辺を歩き回った後、金沢に戻ることにし、その前にトイレに行くことにしました。

2019061501-2

入ったら、貼り紙が目に停まりビックリ!

このトイレで糞便の散乱が見られるそうです。

2019061501-1

私が入った時はそうではなかったけど。

誰か、故意・悪意で糞便をまき散らした奴がいたのでしょう。

こんなことする奴の心は糞便よりも汚いですね。

犯人が捕まるといいですね。

 

寄居で秩父鉄道のデキ同士の交換を撮ることがデキた

もう4ヶ月前のことですが、寄居で秩父鉄道のデキ牽引の貨物列車同士の交換を撮ることがデキました。

秩父鉄道の電気機関車は、どれも同じように見えるけど、違うのですね。

2019061401-1

現在の秩父鉄道には4形式の電気機関車が存在するのですね。

2019061401-2

これから秩父方面に向かう貨車を引いているのがデキ100の102号機。

石灰石を積んだ貨物を引いてきたのがデキ300の302号機です。

2019061401-3

デキ100形は還暦を過ぎているけど、デキ300形は30年過ぎた機関車なのですね。

それでもベテランのうちですけど。

秩父鉄道の貨物列車は、熊谷には行かず、武川で秩父本線と別れ、そこから三ヶ尻線を通って、JR貨物の熊谷貨物ターミナル駅に乗り入れるのですね。

北陸鉄道浅野川線レポート8(切り離された1両。もう1両はどこへ?)

10連休中、北陸鉄道浅野川線の撮り鉄・乗り鉄を楽しみました。

かつて、京王電鉄井の頭線の3000系だった車両がここでは活躍していますね。

内灘に着いて、改札を抜け、駅周辺を歩いていたら、1両切り離された車両を見つけました。

これは踏切付近から望遠レンズを使って撮ったものです。

2019061201-uchinada-1

近くに行って撮ってみました。

2019061201-uchinada-2

廃車、解体になるのかなあ?

でも、もう1両は工場の中にいたようです。

修繕中なのかもしれません。

この台車は交換したものなのでしょうか?わかりません。

2019061201-uchinada-3

60年以上走り続けることがデキている秩父鉄道のデキ100形

秩父鉄道の電気機関車は、どれも同じように見えるけど、4形式もあるのですね。

デキ100、デキ200、デキ300、デキ500と。

私にはちょっと見ただけでは区別デキない。

これは寄居で撮ったものです。

先頭はデキ100形のデキ102です。

2019061101

何やらかつての国鉄の箱型電気機関車を縮小して青く塗ったような機関車ですね。

この機関車、かれこれ60年以上もこの秩父鉄道で走り続けているのですね。

大ベテランなのですね。

60年以上走り続けることがデキている秩父鉄道のデキ100形に敬意を表したいくらいです。

ただ、60年以上の歳月を経ているだけに、いつまで走れるのでしょうか?

1両くらい、動態保存はできないものでしょうか?

東武鬼怒川線で「EL大樹」号なるものを走らせるなら、秩父鉄道のデキ100形はどうでしょうか?

それとも秩父鉄道内で「ELパレオエクスプレス」号はいかがでしょうか?

 

北陸鉄道浅野川線レポート7(内灘を発車した北鉄金沢行き)

10連休中の1日だけは早朝から深夜まで撮り鉄を楽しみました。

北陸新幹線「かがやき」501号で金沢に出た後、北陸鉄道浅野川線の乗り鉄・撮り鉄を楽しみました。

北陸鉄道浅野川線を走るのは元京王電鉄3000系。井の頭線を走っていましたね。

ここでは8000系です。

これは内灘を出発した北鉄金沢行きです。

2019060904-uchinada-1

2019060904-uchinada-2

2019060904-uchinada-3

井の頭線時代は5両で走っていましたが、ここでは2両編成、中間車はありませんね。

ゆっくりとした速度です。

都営5500形に初乗車(京成八幡→京成小岩間。快速西馬込行き)

これまで都営浅草線の5500形を撮ることはあっても、まだ乗ることはありませんでした。

先日、初めて都営浅草線の5500形に乗りました。

乗車区間は京成八幡→京成小岩間です。

快速西馬込行きです。

これは、京成八幡に到着しようとしているところです。

2019060903-5500-1

これは京成小岩を発車しようとしているところです。

2019060903-5500-2

まだ5300形の方が多いものの、いずれは次々を5500形に代わっていくのですね。

5000形時代からの記憶がある者として、時代の移り変わりを感じます。

 

 

佐野線、小泉線、桐生線にもリバイバルカラー車両を!

この3つは、東武亀戸線で撮ったリバイバルカラーの車両です。

大師線を走ることもありますね。

2019060902-revival-1

2019060902-revival-2

2019060902-revival-3

この2つは、東武東上線で撮ったリバイバルカラーの車両です。

越生線を走ることもありますね。

ブルーバードは間もなくなくなりますね。

2019060902-revival-4

2019060902-revival-5

だけど、佐野線、小泉線、桐生線ではリバイバルカラー塗装の車両は走っていません。

これらの3線にも走らせてほしい気もします。

野田線や伊勢崎線の舘林―伊勢崎間でもリバイバルカラーを走らせてほしいですね。

走らせることで、物珍しさで撮りに来る人や乗りに来る人を誘ってみてはどうかと思います。

8000系も今や追われる身。

最後の花的にリバイバルカラーでこれら線区に走らせてほしいですね。

 

 

味の素の川崎事業所横を1500形が行く。

これは2ヶ月ほど前の撮り鉄写真です。

味の素の川崎事業所の横を通る京急1500形です。

京急大師線の川崎大師駅上りホームから撮りました。

2019060901ajinomoto

味の素の工場も別に鈴木町駅近くにあるのですね。

そういえば、京急大師線は全線地下化が計画されていたのですが、川崎ー川崎大師間は地下化中止になったのですね。

 

 

北陸鉄道浅野川線レポート6(内灘で並んだ2編成)

10連休中の1日だけ、早朝から深夜まで撮り鉄・乗り鉄を楽しみました。

これは北陸鉄道浅野川線の内灘で撮ったものです。

2019060801uchinada-1

2019060801uchinada-2

この北陸鉄道浅野川線の8000系は元京王電鉄3000系。

こうやってみると、井の頭線時代を思い出しますね。

ただ、井の頭線時代は正面色は7種あったけど、北陸鉄道ではオレンジだけですね。

複数色は今の北陸鉄道の経営状態からいって、コスト的に問題かもしれませんね、

寄居で出発時刻を待つツートンカラー車を撮る。この塗装こそ、東武史上を最も彩るもの。

3ヶ月程前に寄居で撮ったものです。

小川町-寄居間を行ったり来たりの運用に入っていて、これは寄居で出発を待つところです。

思えば、今の東武東上線は、池小線と小寄線とに分離されたような運転形態ですね。

かつてはこの寄居から秩父鉄道に乗り入れていた電車もありましたね。

2019060601-1

2019060601-2

このツートンカラーには幼い頃からの思い出があります。

1970年代半ばまでこの塗装だった記憶があります。

1960年代前半は、国鉄の72系同様の茶色だったのが、徐々にこのツートンカラーに塗り替えられていった記憶があります。

ツートンカラーの車両を見て、まだ幼かったころの思い出が甦りました。

茶色との混編成の電車が来ると、ツートンカラーの車両に乗れると、何故か嬉しかった記憶があります。

個人的には、

「この塗装こそ、東武史上を最も彩るもの」

というくらいの思いがあります。

鈴木町と川崎大師との間はたったの0.5kmしか離れていないから・・・・・・。

みなさんの中に「鈴木」さんはいらっしゃいますか?

京急大師線には、鈴木町という駅がありますね。

鈴木町と川崎大師との間はたったの0.5km。

だから、川崎大師駅から鈴木町に停車中の電車はもちろん、乗り降りしている人々の様子も見えます。

2019060501-suzukicho

そういえば、京急大師線は小島新田を除き、ほぼ全線が地下化される計画があったようですけど、川崎-川崎大師間は中止になったそうですね。

ということは、鈴木町もずっと地上駅でいるということですね。

京浜急行

 

ホンマ悲しいわ!大阪環状線の駅での撮影禁止。

なんやて!?

撮影禁止やて?

大阪環状線の駅が今宮を始め、相次いで撮影禁止になったんやて?

でも、アカンのはJR西日本やないで。

JR西日本としては、大事故にならんように予防措置を取ったんやから。

アカンのは、一部の心ない奴やねん!

何やら、今宮駅では、柵を乗り越えて、駅員に注意されたら、その駅員に暴言吐いたスカタンがいたんやて!

アホとちゃうか!?電車にはねられて死んでもええのか?

「悲報」や言うて、この問題を取り上げた人がいてはるけど、ホンマ悲報やわ。

同じ鉄道を趣味とする者として、ホンマ情けないわ!ホンマ悲しいわ!

 

 

北陸鉄道浅野川線レポート5(三ツ屋での交換)

10連休中、1日だけ、早朝から深夜まで乗り鉄・撮り鉄を楽しみました。

北陸新幹線「かがやき」501号で金沢に出た後、北陸鉄道の乗り鉄・撮り鉄を楽しみました。

北陸鉄道浅野川線はかつては京王電鉄井の頭線の3000系。ここでは8000系。

井の頭線時代は全線複線区間を走っていたけど、ここでは全線単線区間。

三ツ屋では、上り下りの交換が行われますね。

これは内灘行き電車の運転士室後方から撮ったものです。

既に北鉄金沢行きが到着していました。

2019060401mitsuya

えーーっ、信じられない!!有田芳生議員は知的財産権冒涜人なの?

えーーーーーーーーーーっ!?

信じられなーーーーーい!!!

立憲民主党の有田芳生議員が、サザンオールスターズのコンサート会場で写真撮影して、自分のツイッターに投稿したって!?

http://news.livedoor.com/article/detail/16557348/

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12274-293708/

https://snjpn.net/archives/134503

いーけないんだ、いけないんだ!

コンサート会場での写真撮影は常識でしょっ!

私は若い頃、石川優子さんや岡村孝子さんのコンサートに出掛けたことがあります。

コンサート会場では必ずカメラチェックを受けましたね。

「カバンの中を開けて、中を見せてください」

と係員から指示されましたね。

そのチェックをすり抜けて会場内で写真撮影すれば、係員がすぐにすっ飛んできて、カメラを取り上げられます。

もちろん、コンサート終了後に返してくれますが。

演出のネタバレに繋がる」「マナー違反」と批判が寄せられているそうですが、当然ですね。

こんなことが平気でやれるなんて、常識を疑います。

歌手のコンサートでの演出はまさに著作権そのものでもあるのです。

有田芳生議員には、著作権というものがわかっていないのでしょうか?

知的財産権というものがわかっていないのでしょうか?

有田芳生議員には、国民の知的活動や知的財産権を守るという観点もないのでしょうか?

有田芳生議員は、知的財産権冒涜人なのでしょうか?

個人的にはこの塗装が一番好き。寄居でツートンカラー塗装・81107F を撮る

3ヶ月ほど前、東武東上線のツートンカラー車・81107F を撮りました。

1960年代から1970年代前半を思い出させますね、この塗装は。

個人的にはこの塗装が一番好きでした。

2019060202yorii-1

2019060202yorii-2

2019060202yorii-3

8000系は登場した時はまさにこの塗装でしたね。

この日は小川町-寄居間を行ったり来たりしていたようです。

思い出せば、かつては8000系の電車が、この寄居から秩父鉄道に入り長瀞、三峰口方面に行く電車も運転されていた時期もありましたね。

陸橋の下からひょっこり、秩父鉄道7500系(寄居にて)

    これは、3ヶ月ほど前に寄居で撮ったものです。

JR八高線のディーゼルカーキハ110を撮った後、駅に戻ろうとしたら、何やら電車の音。

構えていたら、秩父鉄道7500系、すなわち元東急8090系でした。

2019060201-yorii-1

2019060201-yorii-2

普通列車影森行です。

2019060201-yorii-3

東急時代は10両編成もあった8090系。

秩父鉄道7500系としては3両編成ですね。

思えば、寄居というところは、秩父鉄道、東武、JRと3社の車両を撮れる場所でもありますね。

また機会があったら、寄居に来てみたいものです。

寄居市も「寄居によりぃませんか?」とPRしてはどうでしょうか?

 

 

穴守稲荷駅で1000形のエアポート急行を撮る

3ヶ月前です。

京浜急行空港線の穴守稲荷駅で1000形のエアポート急行を撮りました。

2019060105

「急行」といっても、空港線内は各駅停車ですね。

それでも、川崎市民や横浜市民を始め、神奈川県民の空港輸送に一役買っていますね。

1000形は京浜急行にとっては2代目。

初代1000形もそうでしたが、都営浅草線や京成線にも直通運転しますね。

北総鉄道にも乗り入れますね。

行動範囲の広い電車ですね。

北陸鉄道浅野川線レポート4(かつては急行運転が行われた名残り)

1ヶ月前のことです。

10連休中1日だけ、早朝から深夜まで撮り鉄・乗り鉄を楽しみました。

北陸新幹線「かがやき」501号に乗り、金沢に着くと、北陸鉄道の北鉄金沢駅に向かい、北陸鉄道の乗り鉄をすることにしました。

北陸鉄道浅野川線の車両はかつては京王電鉄の井の頭線の3000系ですね。

ここでは8000系ですね。

写真は内灘から到着した8000系です。

行先表示幕を変えるところですが、「急行 北鉄金沢」の表示も現れました。

2019060104

北陸鉄道にもかつては急行も走っていました。

北陸鉄道浅野川線には31年前にも乗車しましたが、その時も内灘行きは急行でした。

でも、今の北陸鉄道には走っていません。

2006年までは走っていたそうですね。

今の北陸鉄道には急行運転のニーズはなさそうですね。

こまめに乗客を拾った方がいいのかもしれません。

ちなみに8000系、すなわち京王電鉄時代の3000系も井の頭線で急行の運用もありましたね。

寄居で八高線キハ110の2両編成を撮る

3ヶ月ほど前、寄居で八高線の列車を撮りました。

八王子と高崎を結ぶから八高線なのですが、今の八高線に八王子-高崎間を直通運転する列車はありませんね。

八川線と高高線とに分離してしまったような運行形態ですね。

その高高区間を走るのはキハ110というディーゼルカーですね。

これは寄居を出発しようとしている高崎行きです。

2019060103-1

2両編成ですね。

2019060103-2

2019060103-3

2019060103-4

国鉄時代にはⅮ51も走ったこともありましたね。

意外にも優等列車が走ったこともあったのですね。

準急「奥利根」「みくに」だそうですが、乗る人も少なく、廃止になったそうです。

JR東日本

岡村孝子さんの「まっさらな朝」と北陸本線を走った485系特急

白血病と闘病中の岡村孝子さんのアルバム「fiete」を聴きました。

http://okamuratakako.com/?post_type=wbc-portfolio&p=3554

その中の「まっさらな朝」という歌に、「輝き」とか「きらめき」という単語が出てきます。

何やらかつての北陸本線を思い出しました。

かつての北陸本線には、長岡-金沢間に「かがやき」という485系特急が走っていましたね。停車駅も直江津、魚津(一部のみ)、富山、高岡に限定されていました。

また、米原-金沢間には「きらめき」という485系特急が走っていましたね。停車駅も福井に限定されていました。

今、「かがやき」という列車名は何と言って北陸新幹線で走っていますね・

「きらめき」はJR西日本では走っておらず、JR九州の門司港・小倉ー博多間に走っていますね。

闘病中の岡村孝子さんが、「新しい朝」や「まっさらな朝」を迎えられることを祈って

石川優子さんはヤマハのポプコン出身です。

辛島美登里さんもヤマハのポプコン出身です。

下成佐登子さんもヤマハのポプコン出身です。

中島みゆきさんもヤマハのポプコン出身です。

八神純子さんもヤマハのポプコン出身です。

谷山浩子さんもヤマハのポプコン出身です。

明日香さんもヤマハのポプコン出身です。

伊藤敏博さんもヤマハのポプコン出身です。

そして、岡村孝子さんもヤマハのポプコン出身です。

現在白血病と闘病中の岡村孝子さんのアルバム「fiete」を聴きました。

http://okamuratakako.com/?post_type=wbc-portfolio&p=3554

その中の「まっさらな朝」ですが、「新しい朝」とか「まっさらな朝」とか「また歩き出す」とかいう言葉が出てきます。

まさに、今の岡村孝子さんに最も相応しい歌ですね。

岡村孝子さんが白血病が完治することで、「新しい朝」や「まっさらな朝」を迎えられるようになってほしい、回復して「また歩き出してほしい」そんな気持ちにさせる歌です。

この歌を聴く時は、岡村孝子さんが、「新しい朝」や「まっさらな朝」を迎えられることを祈る気分になります。

 

北陸鉄道浅野川線レポート3(金沢に着いたらしばしのお休み)

もう1ヶ月前の話です。

10連休中の1日だけは早朝から深夜まで撮り鉄・乗り鉄を楽しみました。

北陸新幹線の「かがやき」号で金沢に向かった後、北陸鉄道に乗りました。

今、北陸鉄道には、かつての京王電鉄井の頭線の3000系が走っていますね。

北陸鉄道では8000系だそうです。

これは北鉄金沢駅で内灘行きに車両で出発を待っていた時に撮ったものです。

内灘からの電車が到着しようとしているところです。

2019060102-hokutetsu-1

こちらは北鉄金沢に着いたら、折り返し運用に入らず、しばらくここでお休みです。

2019060102-hokutetsu-2

 

寄居でブルーバード塗装を撮る。この塗装もあとわずかの日々

3ヶ月ほど前の写真です。

寄居で東武のブルーバード塗装の8000系を撮りました。

この日は小川町と寄居の間を行ったり来たりの運用に就いていたようです。

これは寄居を出発したところです。

2019060101yorii-1

近づいてきました。

2019060101yorii-2

小川町に向けて去っていきました。

2019060101yorii-3

この塗装も7月上旬までだそうですね。

このブルーバード塗装の車両はどうなるのでしょうか?

舘林で解体されるのでしょうか?

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »