2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

祝・小田急70000形・GSE車、ブルーリボン賞受賞!

これは昨年の7月に海老名で撮った小田急のGSEです。

2019052501-blue-ribon-1

こちらは昨年の10月に新宿で撮ったものです。

2019052501-blue-ribon-2

小田急の70000形がブルーリボン賞を受賞したのですね。

確かに70000形ですが、色彩も形もインパクトのある車両だと思っていましたけど。

小田急のロマンスカーは3000形のSE車以降、歴代のロマンスカーがブルーリボン賞を受賞しているのですね。

ブルーリボン賞を受賞しなかったロマンスカーはないのですね。

小田急の歴代のロマンスカーのデザイン・設計・製造等に関わった人々に敬意を表したいですね。

https://www.tetsudo.com/news/2101/

https://news.mynavi.jp/article/20190523-jrcbl2019/

https://tetsudo-ch.com/7570627.html

https://response.jp/article/2019/05/23/322662.html

あと、ローレル賞には相模鉄道の20000系、叡山電鉄の730形「ひえい」が選ばれたのですね。

北陸鉄道浅野川線レポート2(北陸鉄道8000、京王3000、松本電鉄3000比較)

10連休中のうち、1日は早朝から深夜まで乗り鉄、撮り鉄を楽しみました。

北陸新幹線「かがやき」号で金沢に出た後、北陸鉄道浅野川線に乗りました。

これは北鉄金沢駅で出発を待つ、内灘行きです。

2019052301_3000-1

この8000系、かつては京王電鉄の井の頭線を走っていた3000系ですね。

これはその京王3000系時代のものです。

11年前に永福町で撮りました。

2019052301_3000-2

かつての京王電鉄の3000系の仲間の中には、北陸鉄道以外にも上毛電鉄、岳南鉄道、伊予鉄道、松本電気鉄道に譲渡されたものもありますね。

これは松本電気鉄道のものです。ここでも3000系なのですね。4年前に松本で撮りました。

2019052301_3000-3

 

寄居でブルーバード塗装を撮る。この塗装もあとわずかだそうですね。

ある人のサイトを見ましたが、東武東上線を走っているブルーバード塗装も7月上旬で終了だそうですね。

これは3ヶ月前に寄居で撮ったものです。

何やら電車の音が聞こえるなあ、と思ってカメラを向けたら撮れた次第です。

小川町-寄居間を行ったり来たりの運用に入っているところでした。

2019052201-bulebird

この塗装は、かつて東武東上線の行楽列車「フライング東上」号のリバイバルカラーだそうですね。

だけど、終了するということは、この8000系8198Fの終了でもあるのでしょうか?

この寄居から秩父鉄道経由で羽生に出て、そこから北舘林に移動されて解体となるのでしょうか?

それとも、元の塗装に戻されて、もう少し生き延びるのでしょうか?

京成「市川ママ」レポート5 (市川ママ(真間)と優等列車)

京成電鉄は4/27-5/12の間、母の日にちなんで「市川真間」駅を「市川ママ」にしました。

もう、母の日は過ぎたので、「市川真間」に戻っています。

写真は「市川ママ」を通過しようとしている3000形快速佐倉行きです。

2019052101-mama

市川真間はかつては優等列車停車駅でした。

特急は通過でしたが、急行は停車していました。

今は各駅停車しか停まりません。

だけど、JR総武線が停まり、京成に振り替え輸送を行う時は優等列車を臨時停車させてはどうだろうか?

日出学園国府台女子学院の入学試験がある日は、優等列車を臨時停車させてはどうだろうか?

そんなことを思います。

そういえば、私が「市川ママ」に行った時、国府台女子学院の小学生の下校時と重なり、迎えに来たママと一緒に帰る生徒の姿が見られました。

🍸

京成「市川ママ」レポートはこれで終わりです。1~4は下記の通りです。

関心のある方はクリックしてみてください。

京成「市川ママ」レポート1 (JRの間々田やわたらせ渓谷鉄道の「大間々」も似たようなイベントはどうだろう?)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-1431bd.html

京成「市川ママ」レポート2(市川ママ停車中の3000形)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-c9396b.html

京成「市川ママ」レポート3(ママの絵がいっぱい)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-f68b51.html

京成「市川ママ」レポート4(市川には手児奈伝説の真間があるから)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-1922ee.html

岡村孝子さんの回復を祈りながら、アルバム「fierte」の歌を聴く

岡村孝子さんのアルバム「fierte」が発売されました。

岡村孝子さんにとって、6年ぶりのアルバムです。

http://okamuratakako.com/?post_type=wbc-portfolio&p=3554

https://www.yamahamusic.co.jp/s/ymc/discography/1007?ima=0000&link=ROBO004

http://www.neowing.co.jp/product/YCCW-10363

「fierte」とはフランス語で「誇り」とか「得意」「自慢」「プライド」の意味があるそうです。

「高慢」「傲慢」という意味もあるようですが、岡村孝子さんのこのアルバムはそういう意味で付けられたものではないと思います。

だけど、肝心の岡村孝子さんは現在、白血病で闘病生活を送っています。

岡村孝子さんの回復を祈りながら、このアルバムの中の歌を聴いています。

頑張れ、岡村孝子さん!白血病に負けるな!

岡村孝子さんに「輝き」あれ!

 

京成「市川ママ」レポート4(市川には手児奈伝説の真間があるから)

京成電鉄は4/27-5/12の間、母の日にちなんで「市川真間」駅を「市川ママ」にしました。

もう、母の日は過ぎたので、「市川真間」に戻っています。

もともと京成の市川真間駅はお母さんに関係するからではありません。

市川には真間という町があるからです。

この町の名は奈良時代以前からあったそうです。

手児奈伝説の町の名でもあるのです。

そもそも、奈良時代ではお母さんのことを「ママ」と呼ぶ人はいませんね。

だけど、この市川真間駅は真間の真ん中にあるのではありません。

この駅の北側は真間1丁目ですが、南側は市川1丁目と新田5丁目なのですね。

でも、京成がこの駅を「京成市川」とせず、「市川真間」にしたことはよいことだと思います。

2019051901

北陸鉄道浅野川線レポート1(発車時刻10分程前にならないと入れず)

10連休の内、1日だけながら、早朝から深夜まで、乗り鉄・撮り鉄を楽しみました。

北陸新幹線の「かがやき」で金沢に行った後、北陸鉄道に乗りました。

北陸鉄道浅野川線には31年前にも乗りました。

金沢-和倉温泉間でC56160牽引の急行「ときめき」号が走った時ですが、そのついでに乗ったのです。

あの時は吊りかけ車だった記憶があります。

でも、今の北陸鉄道浅野川線は元京王電鉄・井の頭線の3000系、ここでは8000系なのですね。

さて、これは北鉄金沢駅の光景ですが、発車時刻間近まで中に入れてくれません。

まもなく開けようとしています。発車時刻10分前を切った頃に入れました。不正乗車防止のためでしょうか?

2019051805

寄居で秩父鉄道と東武の車両の同時撮影

3ヶ月前、秩父→寄居間を秩父鉄道に乗りました。

そして寄居で下車し、改札を出ました。

折角だから、JR八高線のディーゼンルカーの撮り鉄もしようと思ったのですが、時間があったので、駅近辺を歩きました。

それで、秩父鉄道と東武の車両を同時撮影が出来ました。

秩父鉄道は元東急8090系の7500系で、東武は8000系です。

2019051804-1

2019051804-2

羽生でも東武と秩父鉄道との同時撮影もできますが、これは寄居ならでは撮れるような光景ではないでしょうか?

それに今の羽生では8000系は見られません。

思えば、かつて東武の電車がこの寄居から秩父鉄道に入り、長瀞、秩父、三峰口方面に直通運転をしていた時代もありました。

特急「ながとろ」「ちちぶ」「みつみね」号でしたね。名前だけは格好いいけど、ロングシートの通勤車でしたが。

今はありません。

東武東上線から秩父鉄道への直通電車のニーズは本当にないのでしょうか?

掘り起こせばあるのでしょうか?

 

京成「市川ママ」レポート3(ママの絵がいっぱい)

かつて、ハナマルキが女の子に「おかーさーん」と言わせるコマーシャルを流していました。

https://www.youtube.com/watch?v=MbrGJJj0ceQ

さて、京成電鉄には「市川真間」という駅がありますが、4/27-5/12に母の日にちなんで、「市川真間」駅を「市川ママ」に一時的に改称しました。

その「市川ママ」駅には、ハートの飾りも置いてありました。

2019051803-mama-1

そして、近くの小学校や幼稚園生の描いたおかあさんの顔が飾られていました。

2019051803-mama-2

真間小学校

市川小学校

自然幼稚園

国府台女子学院小学校 https://www.konodai-gs.ac.jp/elementary/

日出学園小学校 http://elementary.hinode.ed.jp/

の子ども達が描いた絵です。

みんな、上手に描けていました。

 

そういえば、JR北海道には「母恋」という駅がありますね。

この駅も来年、母の日にちなんだイベントを開催してほしいですね。

 

 

京成「市川ママ」レポート2(市川ママ停車中の3000形)

京成電鉄は4/27-5/12の間、母の日にちなんで「市川真間」駅を「市川ママ」にしました。

もう、母の日は過ぎたので、「市川真間」に戻っています。

写真は「市川ママ」の表示と、同駅に停車中の3000形各駅停車上野行きです。  

2019051802-mama-1

2019051802-mama-2

こういうイベントもなかなか面白いですね。

来年もこんなイベントをしてほしいと思います。

それと共に、JR宇都宮線の「間々田」やわたらせ渓谷鉄道の「大間々」も似たようなイベントを開催してほしい気もします。

かがやき号に乗って、改めて覚えた隔世の感

東京から北陸新幹線の「かがやき」号に乗れば、2時間30分で金沢に着いてしまいます。

国鉄時代の話ですが、

1971年、私は客車急行「白山」を金沢→上野間を乗車しましたが、9時間弱の時間がかかった記憶があります。

1961年に遡ると、そのころの客車急行「白山」は約10時間かかったそうです。

「白山」は1972年に特急格上げになりましたが、それでも6時間強の時間を要していました。

それと、「かがやき」501号に乗れば、8時46分に金沢に着いてしまいます。

私の知人で金沢在住在勤の人がいますが、仕事で東京に来て、付き合いで飲んだ後にホテルに泊まり、翌日「かがやき」501号で帰り、金沢に着いたらそのまま職場に向かって仕事することもある、という人もいます。

北陸新幹線開業前に8時台に金沢にいるようにするには、前日移動してホテルに泊まるか、夜行列車を使わなければいけませんでした。

まさに隔世の感です。

写真は「かがやき」501号が金沢に着いた直後の風景です。

2019051801-kagayaki 

JR東日本 JR西日本

東急車両は地方鉄道での再利用に持って来い?

これは寄居に到着した秩父鉄道7800系の羽生行きです。

右側にはJR八高線のホームが見えますね。

2019051601-yorii

秩父鉄道の7800系は元東急8090系ですね。

かつての東急8090系の仲間の中には富山地方鉄道に譲渡されたのもあるのですね。

東急の車両って、東急線を追われた後、地方鉄道で活躍するのも少なくないですね。

東急って、再利用を想定して車両を製造しているのでしょうか?

長野電鉄や北陸鉄道にも元東急の車両が走っていますね。

 

羽生での東武10000系と秩父鉄道5000系との一瞬の並び

これは3ヶ月前に東武の羽生で撮ったものです。

羽生といえば、東武伊勢崎線と秩父鉄道との乗換駅でもあります。

左は東武の10000系、右は秩父鉄道の5000系(かつては都営地下鉄三田線6000系)です。

2019051502-hanyu

両社は羽生での停車位置はそろいませんが、一瞬並びます。

そこを撮りました。

東武の10000系もかれこれ23年から36年経過しましたね。

1980年代に製造されたものは、そろそろ追われる身でしょうか?

それとも小泉線や桐生線、佐野線を走る8000系や800形、850形をまず追ってからでしょうか?

かつての都営三田線の6000系は、このように秩父鉄道に譲渡されたのや、熊本電気鉄道に譲渡されたのもありますね。

中にはインドネシアに渡ったのもあったのですね。

もう40年以上も走っているだけに、これもそう先は長くないでしょうか?

S字カーブを描いて、特急「りょうもう」が進入する

これは3ヶ月前に東武の舘林で撮り鉄した時のものです。

特急「りょうもう」です。

下り列車が舘林に進入する前にS字カーブを描きます。

2019051501-ryomoutatebayashisji-1

2019051501-ryomoutatebayashisji-2

S字の撮り鉄にこだわりのある方は舘林もいいのではないでしょうか?

ところで、特急「りょうもう」に使用されている200系も、もう四捨五入すれば30年になろうとしているのですね。

まだ後継車両の話は出ていないのでしょうか?

100系もまだ出ていませんね。

東武としては、あと5,6年は200系のままでいくでしょうか?

私も1800系の急行時代から「りょうもう」号には何度か乗りました。

 

 

 

京成「市川ママ」レポート1 (JRの間々田やわたらせ渓谷鉄道の「大間々」も似たようなイベントはどうだろう?)

みなさんは、ご自分のお母さんのことをどう呼んでしますか?

「おかあさん」「おっかさん」「おかあちゃん」「おっかあ」「おふくろ」「ママ」などあると思いますが。

この度、京成電鉄は4/27-5/12の間、母の日にちなんで「市川真間」駅を「市川ママ」にしました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190510/k10011911121000.html

https://trafficnews.jp/post/85596

その期間中、1日だけ言ってみました。

この「市川ママ」の表示を撮っている人もいましたね。

2019051101-mama-1

私が行った時、学校法人平田学園https://www.konodai-gs.ac.jp/  国府台女子学院小学校の下校時でした。

女子小学生をお迎えして連れて帰るママも、この駅表示を撮っていました。

これは市川ママを通過する3600形の特急上野行きです。

2019051101-mama-2

市川真間はかつては急行停車駅。今は優等列車は1本も停まりません。

でも、JR総武線が止まり、京成に振り替え輸送をした時くらいは、臨時停車してもいいのではないでしょうか?

だけど、この京成の「市川ママ」のイベントを考えると、JR宇都宮線の「間々田」駅やわたらせ渓谷鉄道の「大間々」駅も似たようなイベントをしてもいいのではないかと思いました。

 

北陸新幹線限定販売の加賀さつまいもアイスクリームを食す

先日、北陸新幹線「かがやき」号に乗って、金沢に行きました。

2019050603-imoicecream-1

車内販売が回ってきた時、加賀さつまいものアイスクリームを食べました。

2019050603-imoicecream-2

五郎島金時という石川県のさつまいもを使用しているのですね。

加賀イモとは言わないのですね。

2019050603-imoicecream-3

それで、この五郎島金時を使用した加賀さつまいものアイスクリームですが、スジャータめいらくグループが製造しているようですが、町のコンビニやデパートでは買えず、北陸新幹線限定販売なのですね。

大量生産には不向きなのでしょうか?

となれば、北陸新幹線を利用した際にはこのアイスクリームを食べてみるのもいいかも。

 

 

3100形の導入で、3600形の行方は?

京成も3100形を導入しますね。

それに伴い、3500形か3400形か3600形が追われることになると予想されます。

先日、当ブログにコメント下さった方の話によると、まもなく設備投資計画が出るそうですが。

3600形には既に廃車も出ていますね。

一番新しい3688編成でも30年経っていますね。

今後、どうなっていくのでしょうか?

都営浅草線に入れても、京浜急行線には入れない、北総鉄道対応されても、成田スカイアクセス線対応されていない、という制約のある車両だけに、お役御免が早くなるでしょうか?

8両編成を6両にすれば、千葉線にも入れ、4両化すれば金町線に入れますね(既に入っている編成もありますが)。その場合、中間車に余剰廃車が出るでしょうね。

写真は京成船橋で撮った3600形の特急成田空港行きです。

3658編成です。

2019050602-3600

この車両は最後まで主として優等列車の運用で最後まで活躍するでしょうか?

それとも短編成化され、普通専用、地上専用として生き延びるでしょうか?

この車両で急行料金取るのはちょっとねえ……

2ヶ月半程前、秩父鉄道に乗りました。

その際、5000系も撮りました。

この5000系、元は都営地下鉄三田線を走っていた6000形ですね。

2019050601-chichibu

ところで、秩父鉄道には急行「秩父路」号が走っていますね。

その急行用車両には元西武101系の6000系が使われていますね。

でも、6000系に検査等が発生して、車両不足になると、この車両が使われるのですね。

この車両が使用されても200円の急行料金が必要なのですね。

オールロングシート車なのに。

この車両で急行料金徴収は疑問ですね。

せいぜい半額の100円程度にしてほしいものです。

北舘林レポート10(そう遠くない時期に、この車両も……)

3ヶ月程前に東武の北舘林解体所の様子を見てきました。

それで帰途につくことになりました。

これは渡瀬駅で撮ったものです。

850形の舘林行きが北舘林解体所の横を通って、接近するところです。

2019050501-1

2019050501-2 

この電車もいずれは、この解体所で解体されるのですね。

今後の東武の車両製造計画がどうなるのかわからないけど、8000系も800形、850形も老朽化しています。

いずれは10000系か20000系のお古が佐野線、小泉線用に流れてくるのではないでしょうか?

そう遠くない時期に。

この記事をもって、北舘林レポートは終了です。

1~9の記事に関心のある方は下記をクリックしてみてください。

北舘林レポート1(渡瀬駅で降りて)

北舘林レポート2(右に分岐すれば、解体が待っている)

北舘林レポート3(がらんどうになっていた81106)

北館林レポート4(元都営地下鉄6000形が倉庫になっていた

北館林レポート5(82101、84101もがらんどうだった)

北館林レポート6(明日は我が身。解体所の横を8000系が行く)

北舘林レポート7(あの小田急のLSE車7000形の残骸を発見!)

北舘林レポート8(小田急LSE・7000形の残骸から在りし日を想う)

北舘林レポート9(解体された部品。元は何系?何形?)

京成高砂でAE車と都営地下鉄5300形の並びを撮る

もう3ヶ月程前に撮ったものです。

京成高砂で、AE車と都営地下鉄5300形の並びを撮りました。

2019050402-takasago

AE車はスカイライナーとして運転しているのではありません。

回送列車です。

上野まで行って、そこで折り返しでスカイライナーとしての運用に入るのでしょうか?

都営5300形の方は、普通印西牧の原行きなので、これから北総鉄道に入ろうとしているところです。

5300形もいよいよ追われる立場になりましたね。

このような組み合わせを撮れるのも今のうちですね。

5000形時代から記憶している者としては、時の流れを感じます。

 

北舘林レポート9(解体された部品。元は何系?何形?)

これまで、東武の北舘林解体所は、佐野線の電車から見る程度でした。

しかし、3ヶ月前、渡瀬駅で下車し、実際に見に行ってみました。

これは解体された電車の部品です。

2019050401-2 

2019050401-1

何系、何形のものだったのかはわかりません。

それにこの北舘林解体所は、東武以外の車両も解体するので、必ずしも東武の車両だったものとは限りません。

私が行った時は、小田急のLSE車7000形の残骸を見ました。

以前、東京メトロ銀座線の車両01系を見かけたこともあります。

この後、どうなるのでしょうか?

高炉で溶かされ、再利用されるのでしょうか?

闘病中の岡村孝子さんの状態が「昨日よりも今日よりも」と回復することを祈ります。

岡村孝子さんが白血病に罹ってから、今の状態が気になります。

本日、

「白血病闘病の岡村孝子がインスタで胸中 公表後初投稿 前向きと不安が交錯「今日1日を頑張る、を重ねて」 

という記事を見つけました。

Sponichi

岡村孝子さんなりに頑張っているようですね。

岡村孝子さんの歌の中に「昨日よりも今日よりも」というのがあります。

闘病中の岡村孝子さんの状態が昨日よりも今日よりも、と回復に向かって、元気な姿で戻ってくることを祈ります。

「昨日よりも今日よりも」という歌については下記を参照ください。

https://www.dailymotion.com/video/x1ds85w

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=39874

そういえば、1992年の冬のコンサートだったか、歌っているそばで4人の女性ダンサーが踊っていた記憶があります。

3500形もいよいよ風前の灯火?

これは京成高砂で撮った3500形です。

2019050303-keisei3500

京成も2代目3100形を導入するとのことですが、となれば、3500形もいよいよ風前の灯火でしょうか?

3100形の投入で、現在優等列車に使われている3400、3600、3700の8両編成の一部が4両編成化または6両編成化され、3500形を駆逐していくことになるのでしょうか?

もう、45年間も走り続けていますしね。

京成初の冷房付き通勤車両として登場しましたね。

ただ、当時は地下鉄線内ではトンネル内の気温上昇防止のために、都営浅草線内では冷房を使用できませんでしたね。

都営地下鉄浅草線以外にも京浜急行線にも直通したことはありましたね。

特急、急行、快速といった優等列車にも運用された時期もありましたが、近年は地上専用、京成線内専用、普通専用でしたね。

いずれにせよ、3500形の動向が気になるところです。

 

北舘林レポート8(小田急LSE・7000形の残骸から在りし日を想う)

3ヶ月程前に東武の北舘林解体所の様子を見てきました。

この北舘林解体所ですが、解体するのは東武だけでなく、他社の車両も解体するのですね。

この日、あの小田急のロマンスカーLSE車の7000形の残骸を見つけました。

2019050302-lsf7000-1

これは7年前に新宿で撮ったものです。カーブが絵になりますね。

2019050302-lsf7000-2

これは小田原です。新幹線の高架線下をくぐったところです。ここから加速しますね。

2019050302-lsf7000-3

これは小田原の青橋の上から撮ったものです。JR東海道線も写っていますね。

2019050302-lsf7000-4

これは定期運転最後の日、新宿に回送されるところです。経堂で撮りました。

2019050302-lsf7000-5

これはいよいよ最後の運転です。臨時列車「M78星雲号」として運転されましたが、「臨時」の表示です。

2019050302-lsf7000-6

どんな車両もできた当時は新製車であっても、いずれは歳月と共に陳腐化・老朽化していきますね。

北舘林解体所で小田急7000形の残骸を見て、長い間、お疲れ様でしたと言いたい気分でした。

 

「かがやき」号に乗る。闘病中の岡村孝子さんの「輝き」を心の中で歌いながら

先日、北陸新幹線の「かがやき」号に乗って、金沢に行きました。

これは回送列車として、東京駅に入線するところです。

2019050301-1_1

これは到着直後です。

2019050301-2

乗った列車は「かがやき」501号です。

2019050301-3 

2019050301-4

話変わりますが、シンガーソングライターの岡村孝子さんが白血病に罹ったのですね。

私もびっくりしました。

現在、無菌室に入っているそうですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/16398105/

一日でも早く回復してほしいものです。

岡村孝子さんの歌の中に「輝き」というのがあります。

北陸新幹線開業前から、JR東日本、JR西日本、どちらでもいいから北陸新幹線の宣伝に岡村孝子さんの「輝き」という歌を使ってほしいと思い続けています。

「かがやき」号の車内でも、時折心の中で岡村孝子さんの「輝き」を歌っていました。

岡村孝子さんも今、無菌室で相当辛い思いをしているのだと思います。

でも、この歌の中にあるように

「誰よりも輝きを忘れない」

「いつの日も輝きを忘れない」

でほしいと思います。

今、白血病は不治の病ではなくなったので、これが完治することを「奇跡」というには適切か否か判断できませんが、

「奇跡を信じて生きて」ほしいとも思います。

岡村孝子さんの「輝き」については、下記をクリックしてみてください。

*動画 https://www.youtube.com/watch?v=CTRvYMCFqws

*「輝き」

ほらほーら、黄色い電気機関車(秩父鉄道デキ500形の2号機)

2ヶ月半程前、秩父鉄道に乗りました。

これは7800系の運転席後ろから撮ったものです。

黄色い電気機関車が貨車を牽引してやってくるところです。

2019050202

デキ500形というのですね。

現在、秩父鉄道で活躍している電気機関車はデキ500だけかと思ったらさにあらず、デキ100、デキ200、デキ300と計4形式が活躍しているのですね。

見た目は同じ型に見えるけど。

デキ500形は現在7両あるのですね。

そのうちこの502だけが黄色に茶帯の塗装なのですね。

 

北舘林レポート7(あの小田急のLSE車7000形の残骸を発見!)

3ヶ月前ですが、東武の北舘林解体所の様子を見てきました。

その時、8000系3両が解体中でしたが、

よーーーく見ると、あの小田急のLSE車7000形の残骸もありました。

20190502-lse-kitatatebayashi-1

北舘林解体所は東武の車両だけでなく、他社の車両の解体も請け負っていることは知っていましたが、

見た時はびっくりしました。

大型トラックに載せられてここまで来て解体されたのでしょうか?

この解体された小田急のLSE車7000形の残骸を見ながら、LSE車に乗ったことを思い出しました。

改めて小田急のLSE車7000形には、長いことお疲れ様でした、と言いたいですね。

20190502-lse-kitatatebayashi-2 

20190502-lse-kitatatebayashi-3

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »