2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新鶴見で憩うEH210 | トップページ | まだまだ元気の3600形 »

北館林レポート4(元都営地下鉄6000形が倉庫になっていた)

2ヶ月ほど前、東武佐野線を挟んで反対側から北舘林解体所を撮りました。

その時、ステンレスの車両だったものを見つけました。

何やら解体中の車両ではなく、完全に解体することなく、車体を備品用の倉庫に利用しているように見えました。

2019040603_6000

このステンレス車は何だろう?かつてはどこを走っていたのだろう?

どうやらこの車両は都営地下鉄三田線の6000形だったようですね。

そもそもこの東武の北舘林解体所で実際に解体作業をしているのは東武の社員ではなく、高田産業という会社の人だそうです。

この高田産業の人のための倉庫として利用されているのですね

http://eurofima.way-nifty.com/aux_amis_des_trains/2013/06/post-44cd.html

この車両は都営三田線でお役御免になった後にここに来たのでしょうか?

それとも秩父鉄道で暫く走った後、ここにきたのでしょうか?

かつての都営三田線の6000形の仲間の中には秩父鉄道以外に、熊本電気鉄道やインドネシアに行ったのもあるそうですね。

その熊本電気鉄道には、かつての東京メトロ銀座線を走っていた01系や南海ズームカーの22000系も走っているのですね。

 

« 新鶴見で憩うEH210 | トップページ | まだまだ元気の3600形 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新鶴見で憩うEH210 | トップページ | まだまだ元気の3600形 »