2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

小田急に2代目5000形が登場!一瞬、東京メトロの東西線の車両と勘違い

小田急から5000形が引退して7年の歳月が経ちましたね。

これは2012年3月に南新宿近くで撮った5000形です。

「初代5000形」と言うのが適切でしょうか?

2019042702-oer5000

さて、この度小田急が新型通勤車5000形を導入することを発表しました。

つまり2代目ですね。

https://www.tetsudo.com/news/2085/

https://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001j5x8-att/o5oaa1000001j5xf.pdf

一瞬、東京メトロの東西線の車両と勘違いしてしまいました。

小田急にとっては、12年ぶりの新型通勤車両なのですね。

この車両の導入によって、いよいよ8000形も追われる身になるのでしょうね。

 

穴守稲荷で京成3000形快速特急通過を撮る

先日、京浜急行空港線の穴守稲荷で京成3000形の快速特急を撮りました。

この駅は通過です。

2019042701

京成の3000形の場合、京成線内でも「快速特急」として運転することもありますね。

京成の車両が京急線を走るということは、京成の5代目社長・川崎千春氏なくしては語れませんね。

京成は都営地下鉄浅草線(当時は1号線と言っていた)への乗り入れのために改軌をしました。

「改軌なんて、いやなこった」

となれば、このようなことはあり得なかった話です。

ただ、京成が都営浅草線経由で京急に乗り入れ始めた頃の京急空港線は羽田空港という駅はあったものの、名ばかりの駅でした。

空港線自体もローカル線的な存在でした。

今は品川や横浜方面、京成、北総鉄道方面から電車、しかも優等列車がバンバン走る路線になりました。

時代は変わりましたね。

秩父の「みそぽてと」。芋料理も追求すれば、奥が深い。

 埼玉県秩父市の名物に「みそポテト」というのがあるのですね。

揚げたジャガイモにみそをつけたものです。

栃木県佐野市の「いもフライ」はソースをかけたものですが、

みそを付けた秩父の「みそぽてと」 も美味しいですね。

私は秩父鉄道の「御花畑」駅前の店で買って食べました。

2019042702

佐野のいもフライにせよ、秩父のみそポテトにせよ、芋料理もまた、追求すれば奥が深いものであることの一例ではないか?

そんな風に思えました。

西武の特急「ちちぶ」や秩父鉄道のパレオエクスプレスの車内でも販売してほしいくらいです。

☆ご参考

栃木県佐野市のいもフライ

 

 

岡村孝子さんもきっと治る!治って「いつか戻ってくること」を信じます。

石川優子さんはヤマハのポプコン出身です。

辛島美登里さんもヤマハのポプコン出身です。

下成佐登子さんもヤマハのポプコン出身です。

中島みゆきさんもヤマハのポプコン出身です。

谷山浩子さんもヤマハのポプコン出身です。

明日香さんもヤマハのポプコン出身です。

八神純子さんもヤマハのポプコン出身です。

伊藤敏博さんもヤマハのポプコン出身です。

そして、岡村孝子さんもヤマハのポプコンの出身です。

岡村孝子さんが急性白血病に罹ったとのニュースが報じられて以来、この件について気になって、気になって仕方がありません。

でも、白血病って不治の病ではないのですね。

確かに夏目雅子さんが27歳で亡くなった1985年頃はそうだったのかもしれないけど、その後医療技術も進歩してきたのですね。

8割は治るのですね。

(「岡村孝子さんが公表の白血病は不治の病でない 8割は治る 」という記事より)

事実、渡辺謙さんも吉井怜さんも白血病から復帰しています。

岡村孝子さんのあみん時代の歌、「つくり笑い」の中に「それでもいつか戻ってくると信じていたなんて」という部分があります。

この歌は悲恋の内容だけど、

私はきっと岡村孝子さんが急性白血病を克服して、「いつか戻ってくる」と信じています。そう祈っています。

3年後の2022年は、岡村孝子さんのデビュー40周年でもあります。

私は既に3年後を楽しみに待っています。

ラーメンだけでなく、いもフライも忘れずに。おばあさんが揚げてくれた出来立てのいもフライを食す。

栃木県佐野市といえば、厄除け大師やラーメンで有名。

でも、いもフライも忘れてはいけません。

佐野に行った時にラーメンも食べましたが、いもフライも食べました。

場所はJR両毛線と東武佐野線の佐野駅で下車し、桐生方向にJRの線路に沿って歩いて5,6分のところにある飯島商店です。

私がこの店に立ち寄った時、おばあさんが出てきて、既に串に刺してあったジャガイモを油の中に入れて揚げてくれました。

そして、お皿の上にのせて、ソースをかけて出してくれました。

 2019042701-imofurai-1

2019042701-imofurai-2

美味しかったです。

このおばあさんにも長生きしてほしいと思いました。

この飯島商店、栃ナビやホットペッパー等でも取り上げられています。

https://www.tochinavi.net/spot/home/?id=10525

https://www.hotpepper.jp/strJ000935500/

https://www.kedamatoriko.com/entry/iijimasyoten/

☆ご参考

埼玉県秩父市のみそポテト

岡村孝子さんの復帰を信じて・・・・・・

岡村孝子さんが急性白血病に罹ったことが、とてもショックです。

独身の時にこの人のコンサートに出掛けた者の一人として、大変動揺しています。

ただ、本日のサンスポに

医師が見解、白血病の岡村孝子は治療が順調に進めば1年後に復帰も

という記事を見つけました。

白血病って、絶望的な病気とは言えないのですね。

過去に俳優の渡辺謙さんやタレントの吉井怜さんも白血病に罹ったけど、見事復帰した例もあるのですね。

岡村孝子さんの歌の「輝き」には、「奇跡を信じて生きていないから」という部分があります。

白血病が完治するのを「奇跡」というには適切か否かわからないけど、

岡村孝子さんには復帰を信じて治療に専念してほしいものです。

復帰が1年後であろうと、2年後であろうと。

私も岡村孝子さんの復帰を祈り、復帰を信じて待ちます。私、待つわです。

 

えーーっ、岡村孝子さんが急性白血病だって!?元気な姿で戻ってくるのを、私待つわ

えーーーーーーーーーーーーーっ、岡村孝子さんが急性白血病だって!?

このニュースを聞いてビックリしました!

http://okamuratakako.com/?p=3679

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904220000306.html

https://www.youtube.com/watch?v=mM-ceuQea7U

https://www.huffingtonpost.jp/entry/okamuratakako_jp_5cbd21a4e4b06605e3f02c3e

ああ、ショックでまさに今日は眠れない

ご本人は「必ず元気な姿で戻って参ります」とのこと。
本当に元気な姿で戻ってきてほしい。

岡村孝子さんが、元気な姿で戻ってくるのを、私待つわ

岡村孝子さんの「微風」という歌には、「負けないでね、強くいて」という部分があるけど、まさに白血病に負けないでほしいもの。

そして元気な姿で戻ってくるという夢をあきらめないでほしいものです。

 

印旛日本医大 より東を走ることなく、5300形は去っていく

2ヶ月程前に立石で撮ったものです。

2019042101-5300

都営地下鉄5300形の印西牧の原行きです。

この電車もいずれは5500形に代わりますね。

5300形の場合、北総鉄道方面に直通運転する場合、印西牧の原の一つ先の 印旛日本医大 までなのですね。

成田湯川方面には行きませんね。

京成本線経由で成田空港に行くことはあっても、成田スカイアクセス線経由で成田空港に行くことはありませんね。

でも、後継の5500形はまだないけど、いずれはアクセス特急として、成田スカイアクセス線経由で成田空港に行くことはあるのでしょう。

 

 

秩父-御花畑間はたった0.7kmしか離れていないから・・・・・・

秩父鉄道の秩父-御花畑間はたった0.7kmしか離れていません。

しかも直線距離です。

だから、秩父駅のホームから御花畑に電車が停車しているところも見えます。

乗客の乗り降 りの風景もわかります。

2019042003chichibu-1

この区間だけを電車に乗る人って、あまりいないでしょうね。

足が悪い人はたとえ0.7kmでも乗るかもしれませんが。

2ヶ月程前に行った時は、私は西武秩父からこの秩父駅までは歩きました。

途中で秩父神社にも寄りましたが。

この2駅を一つに統合します、となれば地元の人は怒るでしょうね。

御花畑駅は西武との乗り換えに大切な駅。

秩父神社最寄り駅の秩父駅も市の中心的な役割を果たしていますしね。

これは、秩父駅に到着した上り電車、7800系です。

元・東急8090系ですね。

2019042003chichibu-2

2019042003chichibu-3

そういえば、秩父鉄道の7800系って、一度坂を登れなくなことがあったそうですね。

https://www.youtube.com/watch?v=zVbfPYzkd_w

かつのの特急牽引機EF65もEH500比べれば小型機に見える

JR東日本の新川崎駅のホームから機関車が停泊しているのが見えますね。

でも、これらの機関車はJR東日本のものではありません。JR貨物のものです。

今のJR東日本には機関車の保有はありません。

これも時の流れですね。

また、これらの機関車が停泊しているところは、新川崎ではなく新鶴見機関区ですね。

先日、新川崎で下車して、JR貨物の機関車を撮りました。

これはEH500とEF65です。

2019042002eh500ef65-1

国鉄時代、東海道線にはEH10という電気機関車が走っていたけど、その後ずーっと、H級機関車が製造されませんでしたが、1997年に久しぶりにH級の機関車が製造されましたね。

EF65はかつては客車特急牽引機でもありましたね。

私もEF65牽引の寝台特急「あけぼの」「みずほ」「出雲」「瀬戸」に乗ったことがあります。

また、客車急行「能登」が上野-高崎間がEF65だった時期もあり、その時に乗ったこともあります。

そのEF65もEH500と比べれば小さいですね。

Fすなわち6軸とHすなわち8軸との差ですね。

2019042002eh500ef65-2

北館林レポート6(明日は我が身。解体所の横を8000系が行く)

2ヶ月程前、東武佐野線の渡瀬駅で下車して、北舘林解体所の近くまで行ってみました。

この日は3両の8000系が解体中でした。

その解体所の横を佐野線の葛生行き8000系が通るところを撮りました。

2019042001_kitaytatebayashi-1

この車両も老朽化をしていると思います。

佐野線に運用される時は行き帰りに仲間たちが解体されている様子を横に見て通るのですね。

この車両にとっても、まさに明日は我が身。

でも、東武8000系が残した功績は大きいと思います。

電車はこのまま渡良瀬川を渡って、田島に向かいます。

2019042001_kitaytatebayashi-2

立石で都営5500形を撮る。いずれは5300形を全て淘汰

先日、京成立石駅近くの踏切で都営5500形を撮りました。

2019041801toei5500-1

2019041801toei5500-2

私は都営浅草線の車両については5000形時代、さらには大門-西馬込間がまだ開業していなかった時代からの記憶があります。

思えば、京成は都営地下鉄と京浜急行に乗り入れるために改軌をしたのですよね。

電車も時代とともに変わっていきますね。

都営浅草線の車両もかつては自社線と京成線内のみ、しかも東中山より東には行きませんでした。

今は京急線や北総鉄道にも顔を出し、京成線にも成田空港まで乗り入れますね。

5500形はまだ都営浅草線では少数派ですが、いずれは5300形を全て淘汰するのですね。

秩父で「火祭り」のヘッドマーク付き7500系を撮る

2ヶ月前、秩父鉄道の秩父駅で撮ったものです。

元東急8090系でもある7500系の普通影森行きです。

「火祭り」のヘッドマークを付けていました。

長瀞の火祭りの宣伝を兼ねているのでしょうね。

何やら迫力のある祭りのようですね。

今年は3月3日に行われたようだけど、どのような様子だったのでしょうか?

秩父鉄道も会社が火の車にならないよう、観光客招致にあの手この手を考えているのでしょうね。

2019041502-1

2019041502-2

かつて秩父鉄道には国鉄や東武からの直通電車もあったけど、今は西武しか乗り入れて来ませんね。

CTK121って何?保線用?

これは秩父鉄道の秩父駅で撮ったものです。

小さな機関車を見つけました。

CTK121と書いてあります。

秩父鉄道は電気機関車牽引の貨物列車も走っているので、その貨車の入れ替え用かな?

と思ったのですが、よく見ると枕木を載せていました。

となればこれは保線用、工事用なのでしょうか?

2019041501ctk121

立石で撮り鉄した京急車。1500形と1000形。

京成押上線では、京成車以外の車両を見られる確率が高いですね。

この記事では京浜急行の車両を撮り鉄したことを書き込みます。

2ヶ月ほど前に京成立石駅前の踏切で京急車を撮りました。

こちらは1500形です。カーブしてきますね。

普通三崎口ですが、京浜急行線内は快速特急ですね。

そもそも、京成や都営浅草線から京浜急行に直通する電車に京急線内を普通として運転するのはありませんね。

2019041402-1

この車両もベテランですね。

左側を見ると、高架線化の工事が始まろうとしているのがわかりますね。

こちらは1000形。青砥行きです。

2019041402-2 

2代目1000形ですが、初代1000形も京成線内に顔を出しましたね。

ところで、このような光景を撮れるのも今のうちですね。

この近辺はいずれ高架線になるので。

電車も駅も線路も時代とともに変わっていきますね。

御花畑でジオパークトレインを撮る。このラッッピングのコストはいかほど?

  2ヶ月前、秩父鉄道の御花畑で、7500系のラッピング車両、ジオパークトレインを撮りました。

この車両はかつては東急8090系でしたね。

それにしても派手なラッピングですね。

2019041401-1  

2019041401-2

2019041401-3

このラッピングだけで結構なコストもかかったのではないでしょうか?

でも、そのコストに見合った分の宣伝効果があれば、それもよしですね。

そういえば、この秩父地方、1700万年前は海だったそうですね。

えーーーっ、京成の踏切の遮断機を切断した奴がいたの!?

写真は京成立石で撮ったものです。3700形の西馬込行きがやってきます。

もちろん、遮断機が下りていますね。

2019041303

4月13日午前7時15分頃、京成船橋競馬場駅近くの踏切で、遮断機の棒をノコギリで切断した奴がいたのですね。

7時5分に谷津駅で人身事故があった影響で、遮断機がずーっと下りたままになって、待ちきれずに切断したのでは?と言われていますが、いかなる理由があっても、そんなことは許されませんね。器物損壊罪ですね。

遮断機を切断した奴はそのまま踏切を渡って、どこかに行ったそうですが、動画を撮った人もいるし、いずれ捕まるかな?

エキサイトニュース

日刊スポーツ

朝日新聞

 

京成、3000形をずーーーっと製造し続けて15年。ついに3100形を製造。

京成の2代目3000形が登場したのは2002年12月。

その後、マイナーチェンジはあったものの、ずーっと同じ形式の車両を製造しつづけていましたね。

これは13次車の3037編成。京成西船で撮りました。この日は雪が降りました。

2019041302-3000-2

これは3038編成。京成津田沼で撮りました。臨時列車で京浜急行の三浦海岸まで直通運転でした。

2019041302-3000-1

どちらも2018年製造ですね。

だけど、ついに京成は2代目3100形を製造することになったのですね。

https://www.tetsudo.com/news/2082/

http://www.keisei.co.jp/information/files/info/20190411_150456251629.pdf

何やらスーツケース置場を設けることに批判的な意見もあるのですね。

一部、セミクロスシート車にしてほしかった気もしますが。

 

北館林レポート5(82101、84101もがらんどうだった)

2ヶ月程前に北舘林に行ってきました。

この日、北舘林解体所には3両の8000系が解体途中でした。

81101だけでなく、82101と84101もいました。

2019041301-1

この2両も中はがらんどうでした。

2019041301-3 

2019041301-2

かつては東武線の至る所でみることができ、与党第一党的存在だった8000系m徐々にこの北舘林解体所に送られ、解体されていきますね。

8000系にはいろいろな思い出があります。

東武線沿線にある私立大学受験の時に8000系に乗ったこともあります。

当時大好きだった女性歌手のコンサートに行く時、8000系に乗ったことがあります。

秩父鉄道のSLパレオエクスプレス撮影のために、秩父鉄道直通の8000系特急「みつみね」号に乗ったこともあります。

8000系は東武史上に残る名車だと思います。

立石で3050形のアクセス特急羽田空港行きを撮る。この車両も早9年。

京成立石付近で地平を走る撮り鉄をできるのも今のうちですね。

この近辺もいずれは高架線になってしまいます。

先日、京成立石付近で3050形のアクセス特急羽田空港行きを撮りました。

2019041001

この電車、3000形の7次車でもありますね。

かれこれ9年経ちました。

アクセス特急に運用されることが多く、京成だけでなく、北総鉄道や都営浅草線、京浜急行線を快走しますね。

でも時には本線の優等列車に運用されることもありますね。

京成も3000形の製造はこれで終わりと思いきや、8次車、9次車と続き、13次車まで製造されましたね。

 

 

御花畑で元・東急8900系、現・秩父鉄道7800系を撮る

西武秩父線と秩父鉄道との乗換駅は秩父ではありませんね。

西武秩父と御花畑ですね。

これは御花畑を発車した影森行き7800系です。

元東急8090系ですね。

手前の線路は西武秩父線からの直通電車用ですね。

2019040901

元東急8090系は秩父鉄道では7500系と7800系になっているのですね。

2両編成が7800系と名乗っているのですね。

2両のDE10と1両のEF65,廃車予定なの?

JR東日本の新川崎駅の目の前には多くの機関車が停泊していますね。

でも、これらの機関車はJR東日本のものではありません。

JR東日本所属の機関車は今はありません。

JR貨物のものです。

また、そこは新川崎ではなく、新鶴見機関区です。

先日、新川崎で下車してJR貨物の機関車を撮りました。

この3両はもう稼働していないのでしょうか?

休車になっているのでしょうか?それとも廃車・解体予定なのでしょうか?

DE1Oが2両と、EF65が1両でした。

2019040702_de10ef65

塗装もあせていますね。

しかも架線のないところに置かれているからEF65は自力で動けませんね。

EF65といえば、国鉄時代からJR移行後もブルートレインやフレートライナーの牽引にも活躍していましたね。

DE10も特急と縁がありますね。

大阪と北陸本線方面を結ぶ列車が全て米原経由だったころ、DE10は米原-田村間を特急「日本海」や「つるぎ」を牽引しました。

これは直流区間と交流区間のつなぎでした。

寝台特急「あかつき」の佐世保編成の早岐-佐世保間をDD51に後押しさせながら牽引していたこともありました。

寝台特急「あけぼの」が陸羽東線経由になっていた時、小午田ー新庄間を重連で牽引しました。

大活躍した機関車もいつかは老朽化し、廃車になってしまいますね。

 

まだまだ元気の3600形

京成の3600形は、1980年代の京成の象徴。

既に廃車になったのもありますね。

これは立石で撮った快速佐倉行きです。

2019040701_3600

つまりこの電車は都営浅草線の西馬込発。

3600形の殆どは8両編成だから優等列車に運用されることが殆どですね。

車体も古くなってきたかな?という気もするけど、まだまだ元気に頑張っていますね。

京成の場合、初代3000形も最後は地上専用かつ普通専用だったし、3500形も今、地上専用かつ普通専用だけど、
3600形もいずれそうなるでしょうか?その場合、6両または4両化しないといけませんね。

それとも、引退直前まで優等列車に運用されるでしょうか?

北館林レポート4(元都営地下鉄6000形が倉庫になっていた)

2ヶ月ほど前、東武佐野線を挟んで反対側から北舘林解体所を撮りました。

その時、ステンレスの車両だったものを見つけました。

何やら解体中の車両ではなく、完全に解体することなく、車体を備品用の倉庫に利用しているように見えました。

2019040603_6000

このステンレス車は何だろう?かつてはどこを走っていたのだろう?

どうやらこの車両は都営地下鉄三田線の6000形だったようですね。

そもそもこの東武の北舘林解体所で実際に解体作業をしているのは東武の社員ではなく、高田産業という会社の人だそうです。

この高田産業の人のための倉庫として利用されているのですね

http://eurofima.way-nifty.com/aux_amis_des_trains/2013/06/post-44cd.html

この車両は都営三田線でお役御免になった後にここに来たのでしょうか?

それとも秩父鉄道で暫く走った後、ここにきたのでしょうか?

かつての都営三田線の6000形の仲間の中には秩父鉄道以外に、熊本電気鉄道やインドネシアに行ったのもあるそうですね。

その熊本電気鉄道には、かつての東京メトロ銀座線を走っていた01系や南海ズームカーの22000系も走っているのですね。

 

新鶴見で憩うEH210

先日、新川崎に行きました。

JR東日本の新川崎駅のホームからは、機関車が停泊しているのが見えますね。

でも、これらの機関車はJR東日本のものではありません。

今のJR東日本は機関車を保有していません。

これらの機関車はJR貨物のものです。

これはEH210です。

2019040602eh210

 

この機関車の仲間には、吹田や岡山に所属しているのもあるのですね。

 

立石で撮った京急車。1000形と1500形

京成線内では高砂以東でも、京浜急行の車両を見られることもありますが、押上-高砂間になると、その見られる確率が圧倒的に高くなりますね。

これは立石で撮ったものです。

1000形です。

2019040601-1

今の京急の1000形は2代目ですが、初代1000形も京成線内に顔を出したこともありましたね。

そして1500形です。

2019040601-2

この車両も30年以上の歳月が経っていますね。

あとどのくらい走れるのでしょうか?

 

北舘林レポート3(がらんどうになっていた81106)

この日、北舘林解体所で解体されていたのは8000系3両でした。

そのうちの1両は81106でした。

車内はがらんどう。何もかも撤去済でした。

窓も外されていました。

床下の機器も取り外されていましたね。

2019040201 

これは2月初旬のことです。

今はもう、あとかたもなく、鉄くずになっているのでしょうね。

8000系は712両製造され、私鉄の中では最大数なのですね。

それゆえに「私鉄の103系」とも呼ばれているとのこと。

この81106も4桁では間に合わなくなったゆえのインフレナンバー車ですね。

だけど、8000系は東武史上の名車の一つと思います。

北舘林レポート2(右に分岐すれば、解体が待っている)

これは踏切から撮ったものです。

2019040103

東武佐野線の線路です。

このまま真っすぐ行けば、渡良瀬川を渡り、次は田島です。

右に分岐すれば、そこは北舘林解体所です。

例外もありますが、ここに入ればその車両は二度と戻ることはありません。

ここで解体されます。

よく見ると、既に解体中の車両が見えますね。

東武の名車8000系です。

この東武の北舘林解体所ですが、東武以外の車両の解体も請け負っているのですね。

西武10000系NRAはどこへ行く・・・・・・

これは西武秩父に到着したばかりの特急「ちちぶ」です。

向こうには4000系も見えますね。

2019040102nra

Laviewの登場で10000系NRAも追われる立場になりましたね。

追われた後、廃車→解体となるのでしょうか?

西武の車両なら、秩父鉄道経由で羽生に出て、そこから東武線に入り、北館林で解体でしょうか?

中には中小私鉄に譲渡されるのでしょうか?

西武の初代特急車レッドアローの5000系は富山地方鉄道に譲渡されました。

今度はNRAが富山地方鉄道に譲渡されて5000系と交代でしょうか?

大井川鉄道では引き取ってもらえるでしょうか?

秩父鉄道はどうでしょうか?

急行「秩父路」号用の車両にはもってこいでは?

どこかで生き残れる車両はあるのでしょうか?

北舘林レポート1(渡瀬駅で降りて)

これまで、東武佐野線に乗った時、北舘林解体所は電車の車窓から見るだけでした。

しかし、今年の2月、初めて近くまで歩いて行ってみました。

東武の北舘林解体所の最寄り駅は「北館林」という駅名ではありません。「渡瀬」駅です。

この駅で降りました。写真は8000系舘林行きです。

2019040101-1

でも、ここも群馬県館林市なのです。駅の近くには舘林第九小学校もあります。

駅前には狸の置物が飾ってありました。

2019040101-2

まずはこの道を真っすぐ歩いていきます。

2019040101-3

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »