2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« もう1周年。記念のヘッドマーク付きの京王ライナーを撮る。 | トップページ | 立石付近で踏切通過の撮り鉄ができるのは今のうち »

ベテラン3600形、あと何年走れる?

先日、京成小岩近くの踏切で3600形の快速佐倉行きを撮りました。

つまり、始発駅は都営浅草線の西馬込ということですね。

2019032601koiwa 

3600形も3618編成と3668編成の付随車が廃車になりましたね。

かれこれ30年以上の歳月が経っていますからね。

登場したのが1982年。つまりまだ昭和の時代でした。

残りの編成もいつまで走っていられるのでしょうか?

今の京成には3500形も残っています。3400形も老朽化が指摘されていますね。

今後の京成の車両製造計画によっては、次はどの車両が廃車になるのでしょうか?

3600形の場合、まだ使えそうな車両は短編成化されて各駅停車専用として多少生き延びられるかな?

 

« もう1周年。記念のヘッドマーク付きの京王ライナーを撮る。 | トップページ | 立石付近で踏切通過の撮り鉄ができるのは今のうち »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう1周年。記念のヘッドマーク付きの京王ライナーを撮る。 | トップページ | 立石付近で踏切通過の撮り鉄ができるのは今のうち »