2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4000が、2000が、30000が。NRAの車窓から撮った武蔵丘車両基地の様子 | トップページ | 北総鉄道7800同士のすれ違い。立石にて »

佐野駅に展示されていた紙の模型。主にSL大樹の宣伝が目的

2月に佐野に行きましたが、東武の佐野駅で紙の模型が展示されていました。
主にSL大樹の宣伝目的のようですが、引退した1800系の模型もありました。
2019032201-1
2019032201-2
2019032201-3
佐野からSL大樹を乗りに行くなり、撮りに行くなりしようと思ったら、まずJR両毛線で栃木に出て、そこから東武日光線で下今市にいくことになりますね。
C11207も昨年は故障が多かったですね。
いくら宣伝してもしばしば故障するようでは、信用をなくしてしまいます。
SL大樹のサイトhttp://www.tobu.co.jp/sl/information/guide/には、
「※SL大樹は、日常的には仕業検査を実施し、運転当日には出庫点検を行い安全運行に努めておりますが、それらの点検の際に異常が確認された場合には、SL大樹は運休もしくはDL大樹での代替運転となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。」
とは書いてあるけど、そういうことが1日もないことを目標にしてほしいものですね。
ただ、今JRにもDL牽引の客車列車もないから、DL大樹もそれなりの観光価値はあるかな?

« 4000が、2000が、30000が。NRAの車窓から撮った武蔵丘車両基地の様子 | トップページ | 北総鉄道7800同士のすれ違い。立石にて »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4000が、2000が、30000が。NRAの車窓から撮った武蔵丘車両基地の様子 | トップページ | 北総鉄道7800同士のすれ違い。立石にて »