2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

秩父に行ったらイノシシ食べよう!「じんじんばあ」というお店

1ヶ月ほど前で埼玉県の秩父に行きました。

そこで、イノシシを食べさせてくる店を見つけました。

「じんじんばあ」という店です。

<http://www.w-dada.com/jinjinba/>

決して「じじいばばあ」ではありません。

2019033001-1

イノシシのはく製も展示してありました。

2019033001-3

このイノシシの肉の串焼き、和服を着た女将さんが丁寧に焼いて、丁寧に味付けをしてくれました。

1本700円です。ちょっと高いかな?と思ったけれど、食べてみる価値はあると思います。

2019033001-2 

そういえば、たまにイノシシが街中に出現した、というニュースも聞きますね。

この秩父の町にも出るのか、女将さんに聞いてみたら、

「荒川の方に行けば、出るそうですよ」

とのことでした。

埼玉県の秩父に行ったら、イノシシを食べてみませんか?

 

厄除け大師の近く、家庭的なラーメン屋さん「ほりこし」

  栃木県の佐野市に行ったら、ラーメン屋さんに立ち寄りたいものですね。

先日、佐野に行った時には、「ほりこし」というラーメン屋さんに入りました。

厄除け大師から近いところになります。

ただ、ちょっと目立たないところにあります。

住宅街の中のラーメン屋さんですね。

ただ、私が行った時、キュロットスーツの制服を着た女性2人がいました。

近くに会社と名の付くところがあるのかな?

家庭的な雰囲気のラーメン屋さんです。

20190329021-1 

 20190329021-2 

立石付近で踏切通過の撮り鉄ができるのは今のうち

これは京成立石駅近くで撮った3700形です。

立石付近で踏切を通過する撮り鉄ができるのは今のうちのようですね。

2019032701-1 

既に、高架線工事が始まっています。

青砥-四ツ木間を高架線化しようとしているのです。

とりあえず、用地を確保したという段階でしょうか?

2019032701-3 

この場所だけではなく、東京都内では、東京都連続立体交差促進協議会なるものが計14か所で工事を進めている、あるいはその準備を進めているようですね。

中に完了したところもありますが。

京成だけでなく、東武、西武、京急、京王、JRもありますね。

小田急は完了しましたね。

2019032701-2

 

ベテラン3600形、あと何年走れる?

先日、京成小岩近くの踏切で3600形の快速佐倉行きを撮りました。

つまり、始発駅は都営浅草線の西馬込ということですね。

2019032601koiwa 

3600形も3618編成と3668編成の付随車が廃車になりましたね。

かれこれ30年以上の歳月が経っていますからね。

登場したのが1982年。つまりまだ昭和の時代でした。

残りの編成もいつまで走っていられるのでしょうか?

今の京成には3500形も残っています。3400形も老朽化が指摘されていますね。

今後の京成の車両製造計画によっては、次はどの車両が廃車になるのでしょうか?

3600形の場合、まだ使えそうな車両は短編成化されて各駅停車専用として多少生き延びられるかな?

 

もう1周年。記念のヘッドマーク付きの京王ライナーを撮る。

早いものですね。あれからもう1年経ったのですね。

京王ライナーがデビューしてから。

先日、新宿で京王ライナーを撮りました。

2019032501-keioliner1-1

その車両は1周年記念のヘッドマークを付けていました。

2019032501-keioliner1-2

京王としても、ゆっくり座って帰りたいという人のニーズをうまく掘り起こしたのですね。

400円の座席指定券を買えば乗れるけど、事前に座席指定券を買わずに飛び乗ると、700円取られるのですね。

この座席で700円は高いですね。300円差は乗務員さんの手数料のようなものですけど。

でも、やはり余裕をもって、前もって買って乗るべきものですね。

 

レッドアロークラシックデビュー当時の光景(西武新宿で撮った2塗装のNRA)

NRAもこれからLaviewに追われる身ですね。
先日、NRAで池袋→西武秩父間を乗車したら、その列車は正丸で運転停車をして、上り特急「ちちぶ」と交換しました。

 

その列車がレッドアロークラシック塗装だったことので、2011年のこと思い出しました。

 

パソコン内に眠っている写真をさがしていたらありました。

 

これは2011年12月に西武新宿で撮影したものです。

 

右は定期の本川越行き特急「小江戸」。左は臨時特急拝島行きです。
2019032402-nra
西武がNRA10000系の中の1編成に、初代西武特急の5000系の塗装を施し、西武新宿→拝島間に臨時特急を運転したのです。
結局、拝島特急はこの時だけで、定期化はなりませんでしたね。
ただ、レッドアロークラシック塗装は残りましたね。

 

一時、東京ガスのコマーシャルにも出たこともありました。
なんだか、Laviewにも1編成ずつ、この2つの塗装を施してほしいと思えてしまいます。

モロ逆光!E257系「あずさ」を見送るような朝の光の如く

特急「あずさ」も3月16日のダイヤ改正でE257系からE353系に代わりました。
千葉まで乗り入れてくる列車も例外ではありません。
これはダイヤ改正前に船橋で撮ったものです。
モロ逆光になりました。
2019032401-azusa-1_1
でも、この逆光は、E257系「あずさ」を見送るような朝日のようにも見えました。
2019032401-azusa-2_1
特急「あずさ」は南小谷に向けて出発しました。
2019032401-azusa-3
後方には朝日が照らされています。
だけど、E257系の活躍はこれで終わりではありません。
今度は特急「踊り子」として東海道線と伊豆半島を走ります。
国鉄時代の157系特急「あまぎ」や183系「あまぎ」を記憶している者としては、E257系の伊豆特急としての活躍も楽しみです。
伊東ー伊豆急下田間は伊豆急行線、熱海ー三島間はJR東海、三島ー修善寺間は伊豆箱根鉄道。
E257系としては、初めてJR東日本以外の区間を走るのですね。


850形、パンタグラフのある車両、ない車両

先日、東武佐野線の佐野駅で850形を撮りました。
これも8000系の仲間ですね。
この電車は下り、葛生行きです。
葛生寄りのクハ850-3にはパンタグラフはありません。
2019032304850-1
舘林寄りのモハ850-1にはあります。しかも2つ。
2019032304850-2
これって、改造時の取り付けたものではなく、改造前からこの位置にだったのですね。
800形の場合は2両目のモハ800-2に2つあるのですね。
改造されても老朽化していることには変わりはないですね。
佐野線に運用されている時は、いつも北舘林で解体されている、されようとしている仲間を横を通りますね。
老朽化しても、8000系は東武の名車だと思います。

Laviewにも1編成でいいから、レッドアロークラシック塗装を施してほしい!

ブレブレの写真ですいません。
先日、池袋→西武秩父間をNRAの特急「ちちぶ」に乗りました。
途中、正丸で運転停車しました。
それは上りの特急「ちちぶ」と交換するためです。
その上り特急「ちちぶ」は、なんと、レッドアロークラシック塗装でした。
2019032303-syomaru-1
2019032303-syomaru-2
2019032303-syomaru-3
このレッドアロークラシック塗装編成を見て思ったこと・・・・・・・、
それは・・・・・・、
Laviewにも1編成でいいから、レッドアロークラシック塗装を施してほしい!
ということです。
初代レッドアローの記憶があるので、そう思えるのです。
それにしても、西武の特急もついに3代目が走るようになったのですね。
4代目が走るころまで生きていられるかわからないけど・・・・・・。

石川優子さんのデビュー曲は「沈丁花」。あれからもう40年の歳月が。

岡村孝子さんはヤマハのポプコン出身です。

辛島美登里さんもヤマハのポプコン出身です。

下成佐登子さんもヤマハのポプコン出身です。

中島みゆきさんもヤマハのポプコン出身です。

谷山浩子さんもヤマハのポプコン出身です。

明日香さんもヤマハのポプコン出身です。

八神純子さんもヤマハのポプコン出身です。

伊藤敏博さんもヤマハのポプコン出身です。

そして、石川優子さんもヤマハのポプコンの出身です。

石川優子さんのデビュー曲は「沈丁花」です。

こんな歌です。

→https://www.youtube.com/watch?v=n9FIlbDcG-M

1979年3月にデビューしました。

あれからもう40年の歳月が過ぎてしまったのですね。

あの頃若かった私も、年を取りました。

先日、道端に沈丁花が咲いているので、撮りました。

2019032302

ついにこれも過去の光景に。錦糸町で撮ったE257系特急「あずさ」

E257系の特急「あずさ」も、3月16日のダイヤ改正でE353にバトンタッチしました。
千葉まで乗り入れる「あずさ」も例外ではありません。
これはダイヤ改正前に錦糸町で撮ったものです。
まず、錦糸町駅に到着するところです。
2019032301-azusa-1
停車中の風景です。
2019032301-azusa-2
そして、総武線各駅停車の線路に入り、次の停車駅、新宿に向けて行きました。
2019032301-azusa-3
千葉まで乗り入れる「あずさ」は新宿-千葉間は通勤特急的な要素もありますね。
だけど、E257系はまだまだ活躍します。
特急「踊り子」として、東海道を走り、伊豆急行という私鉄に乗り入れますね。
国鉄時代、特急「あずさ」に使われていた車両の中には、東海道線の特急「こだま」「つばめ」
に使われていたお古もありました。
今度は中央線に使われていたお古が、東海道線を走るのですね。
あと、修善寺行きならJR東日本管内だけでなく、JR東海の区間さらには伊豆箱根鉄道駿豆線
にまで乗り入れるのですね。

北総鉄道7800同士のすれ違い。立石にて

先日、京成立石で北総の7800形を撮りました。
といっても、これも7300形の仲間ですね。
京成からのリース車が、7800台の番号を付与されているのですね。
写真は、羽田空港行きが出発したら、印旛日本医大行きが来たところです。
2019032202
羽田空港行きはこれから都営浅草線、そして京浜急行線へと直通しますね。
印旛日本医大行きは自社線に帰りますね。

佐野駅に展示されていた紙の模型。主にSL大樹の宣伝が目的

2月に佐野に行きましたが、東武の佐野駅で紙の模型が展示されていました。
主にSL大樹の宣伝目的のようですが、引退した1800系の模型もありました。
2019032201-1
2019032201-2
2019032201-3
佐野からSL大樹を乗りに行くなり、撮りに行くなりしようと思ったら、まずJR両毛線で栃木に出て、そこから東武日光線で下今市にいくことになりますね。
C11207も昨年は故障が多かったですね。
いくら宣伝してもしばしば故障するようでは、信用をなくしてしまいます。
SL大樹のサイトhttp://www.tobu.co.jp/sl/information/guide/には、
「※SL大樹は、日常的には仕業検査を実施し、運転当日には出庫点検を行い安全運行に努めておりますが、それらの点検の際に異常が確認された場合には、SL大樹は運休もしくはDL大樹での代替運転となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。」
とは書いてあるけど、そういうことが1日もないことを目標にしてほしいものですね。
ただ、今JRにもDL牽引の客車列車もないから、DL大樹もそれなりの観光価値はあるかな?

4000が、2000が、30000が。NRAの車窓から撮った武蔵丘車両基地の様子

先日、池袋→西武秩父間をNRAの特急「ちちぶ」に乗車しました。
この写真はその特急「ちちぶ」号から撮った武蔵丘車両基地の様子です。
走行中の列車から撮ったこともあり、ややぶれています。
2019032101-1
これは4000系ですね。
平日は飯能-西武秩父間専用ですね。
休日には池袋に顔を出しますね。
秩父鉄道に乗り入れる運用もありますね。
この仲間にはレストラン 52席の至福に改造されたのもありますね。
そして2000系や30000系も停まっていました。
2019032101-2
2000系は徐々に数を減らしていってますね。

特急「あずさ」も「かいじ」も三鷹に停まらなくなって・・・・・・

3月16日のダイヤ改正で三鷹は特急停車駅ではなくなりましたね。

特急「あずさ」も特急「かいじ」も通過してしまいます。

ただ、全くの特急停車駅でなくなったわけではありませんね。

高尾発着の成田エクスプレスは停車します。

でも、中央線の特急は一切停まらなくなりました。

三鷹からの特急利用者はあまり多くなかったのでしょうか?

こまめに乗客を拾おうとしたけれど、三鷹ではあまりメリットがなかったのでしょうか?

三鷹に特急が停まっていたころ、こんな記事もアップしたことがあります。
         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-0552.html

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-d25b.html

写真は4年前に撮ったものです。三鷹に停車した特急「かいじ」です。

こんな光景も過去のものとなりましたね。

2019031701

JR東日本 

国鉄

佐野の大門踏切で211系を撮る

先日、佐野に行きました。

これは佐野の大門踏切で211系が通過するところを撮ったものです。

2019031604sano
211系もかつては東海道線や高崎線、宇都宮線でグリーン車を連結して10両や15両編成で快走していた時代もありましたね。

今や首都圏を追われ、グリーン車も連結せず、短編成で走っています。

ロングシート車が増えたのは残念ですね。

JR東日本

京成スカイライナーは一部でも青砥に停車するべきか?

先日、青砥でスカイライナーの通過を撮りました。

2019031603_1
青砥を通過する際、同じホームの反対側には都営5500形が停まっていました。

2019031603_2
この光景を見ると、スカイライナーも一部青砥に停車して、京成押上線や都営浅草線さらには京浜急行線からの客も拾うようにしてはどうかと思いますね。

かつて難波-関西空港ノンストップのラピートαも今や新今宮、天下茶屋、泉佐野、りんくうタウンにも停車していることを考えると、なおさらそんな気がします。

京成としては、何も検討していないのでしょうか?

初めて5500形を撮る(青砥にて)

先日、京成青砥で都営5500形を撮りました。

私にとっては、初めての5500形です。

この都営5500形は青砥発快速特急羽田空港行きです。

つまり京浜急行線まで直通運転をしますね。

2019031602_toei5500_1
2019031602_toei5500_2
私には5000形時代からの記憶があります。

電車も時代とともに変わっていきますね。

5500形の引退前に、私がこの世の人間を引退しているかな?

5300形も追われる身となりましたね。

「佐野市」駅に代わるふさわしい駅名は?

東武佐野線の佐野市駅は、JR両毛線の乗換駅と間違う人がいるようですね。

私も何年か前、間違って佐野市で降りてしまった人を見かけたことがあります。

「佐野市」駅にもっともふさわしい駅名は何がいいでしょうか?

「南佐野」がいいかな?

と思ったけど、何やら南栗橋駅がJR宇都宮線の乗換駅と間違ってしまう人がいるので、やめた方がいいかも。

また、東武には西新井大師最寄り駅として「大師前」という駅があるので、「佐野厄除け大師前」も紛らわしいからやめた方がいいかも。

それなら、「佐野厄除」とか「佐野厄除口」という駅名はどうでしょうか?

佐野厄除け大師の最寄り駅でもありますしね。

2019031601sanoshi

特急「ちちぶ」、飯能で進行方向が逆になっても、誰も座席の向きを逆にせず

西武のNRAもoldになってきて、Laviewに追われる立場になりましたね。

先日、池袋→西武秩父間を特急「ちちぶ」に乗りました。

初代レッドアロー時代も特急「ちちぶ」に乗ったことがあります。

飯能では進行方向が逆になりますね。

乗務員さんも飯能で交代します。

進行方向が逆になるけど、座席を転換する人はいませんね。

みんな面倒なのかな?

写真は飯能で撮ったものです。右には20000系が停車していました。

2019031301nra

oldになったNRAに池袋→西武秩父に乗車

新しいものもいつかは古くなります。

西武のNRAのNは「新しい」のNewを意味するものですが、old車両として追われる立場になりましたね。

先日、池袋→西武秩父間をNRAの特急「ちちぶ」に乗りました。

これは池袋発車前の様子です。

2019030902nra


かつては5000系レッドアローがこのホームから飯能・西武秩父に向かっていましたね。

何やら2019年度中に池袋線の特急はLaviewに置き換えられるそうですね。

京浜急行の車両なのに、京急線に帰らせてもらえない運用

先日、京成の青砥で京急600形を撮りました。

でも、三崎口行きでも、羽田空港行きでもありません。

西馬込行きです。

泉岳寺から京浜急行の方に行かず、そのまま都営浅草線の西馬込に行くのです。

京浜急行の車両だからといって、必ずしも京急に帰してくれるとは限らないのですね。

西馬込-佐倉を行ったり来たりした後に京急に帰る運用なのかな?

2019030901_1


2019030901_2

青砥で北総鉄道7300形の普通(京急線内は急行)羽田空港行きを撮る

先日、青砥で北総鉄道の7300形を撮りました。

京成の3700形と兄弟のようですね。

でも、京成の3700形をリースしたのではなく、自社発注した車両ですね。

20190302027300_1
20190302027300_2
「普通 羽田空港」と表示されていますが、京浜急行線内は急行ですね。

というか、京成や都営浅草線から京浜急行に直通運転する列車は京浜急行線内はなんらかの形で優等列車として運転されますね。

この日の北舘林には窓も扉も車内の設備も床下の機器も撤去された8000系3両が・・・・・・

先日、東武佐野線に乗りました。

東武佐野線の下り電車に乗れば、渡瀬駅を発車すると、まもなく進行方向右側に北舘林解体所が見えます。

この日、3両の8000系がいました。

窓も扉も座席等の車内設備も床下の機器も撤去されていました。

この後は車体をバラバラにされるのを待つだけなのですね。

長い間お疲れ様でした、と言いたいですね。

2019030201_1
2019030201_2

西武鉄道とマレーシアと台湾と

これは西武線の池袋で撮ったものです。

西武鉄道はマレーシア鉄道公社と台湾鉄路と姉妹鉄道関係を結んでいるのですね。

姉妹鉄道関係を結ぶと、どんな利点があるのでしょうか?

お互いいい点を学ぶことができるのかな?

2019030102sister_1
2019030102sister_2


2019030102sister_3


2019030102sister_4



舘林で撮るS字カーブの描き

東武伊勢崎線の下り電車が舘林駅に進入する際はS字カーブを描きますね。

1ヶ月程前ですが、舘林で撮りました。

久喜発の舘林止まりの10000系各駅停車です。

久喜-舘林間を行ったり来たりの運用に入っているのですね。

2019030101_scurve_1
2019030101_scurve_2_2
2019030101_scurve_3
S字カーブを撮るのが好きな方は、舘林での撮り鉄はいかがでしょうか?

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »