2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

下高井戸で撮った京王8000系と都営10-300形のすれ違い

これは京王線の下高井戸で撮ったものです。

かたや京王8000系、かたや都営10-300形です。

2019022401_1
2019022401_2
京王8000系の方は、列車種別を忘れましたが、都営車の方は急行高尾山口行きです。

京王と都営新宿線との相互乗り入れは1980年から始まりましたね。

来年は40周年です。

京王と東京都とで何か記念イベントを企画しているのでしょうか?

雪の日の撮り鉄(競馬中止でも、電車は雪にも負けずに走る)

もう2週間前のことです。

2月9日は関東地方には雪が降りました。

私は出掛ける用事があったついでに、西船橋でも撮り鉄をしました。

武蔵野線の南船橋行きが西船橋に進入しようとしているところです。

2019022301_snow
雪が降っていたけど、遅れはありませんでした。

ただ、この日雪のために競馬が中止になったという話を聞きました。

この武蔵野線沿線には、船橋法典には船橋競馬場、府中本町には東京競馬場がありますね。

思えば武蔵野線の開業で国分寺-東京競馬場前間の下河原線が廃線になったのですね。

国鉄時代の話です。

JR東日本

舘林以北でしか見れない8000系の仲間、800形

舘林以北で見れる東武車両、それは800形と850形。

これだって、8000系の仲間ですね。

見た目も8000系と同じ。

先日、舘林で800形を撮りました。

2019022201_800
亀戸線や大師線にはリバイバルカラーが走っているけど、

舘林以北の伊勢崎線、小泉線、佐野線にもリバイバルカラーを走らせてほしい気もします。

舘林から佐野線で1駅行けば、渡瀬。

そこは北館林解体所の最寄り駅。

そこで解体される日まで、最後の任務を果たしてほしいものです。

8000系は東武の名車です。

【動画紹介】東武8000系の歴史を語る動画がYouTubeで

みなさんは、東武の8000系を名車と思いますか?迷車と思いますか?

私は名車だと思います。

大活躍した電車だと思います。

さて、その東武8000系の歴史を語る動画を見つけました。

ご参考まで。

【名列車で行こう】東武8000系 第一章 ~新鋭通勤車、武蔵野を駆ける~
https://www.youtube.com/watch?v=y6d3tHYADTE&t=5s

【名列車で行こう】東武8000系 第二章 ~順調なる成長と僅かなる迷走~
https://www.youtube.com/watch?v=pQSz37d0hpg&t=157s

【名列車で行こう】東武8000系 第三章 ~老兵、その力は衰えず~
https://www.youtube.com/watch?v=pTVWpPSqyog&t=5s

【名列車で行こう】東武8000系 第四章 ~その挑戦、現在進行形~
https://www.youtube.com/watch?v=vfBcsFRUAcs

これは2012年に北千住で撮ったものです。

個人的にはこの塗装が一番好きでした。

2019022001tobu8000_1

これは2018年に柏で撮ったものです。

野田線での急行運用は、8000系最後の花でしょうか?

2019022001tobu8000_2

設備投資額回収が順調にできてよかった!京急空港線が値下げへ

京浜急行空港線は10月から運賃値下げをするのですね。

https://www.tetsudo.com/event/24258/

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021900763&g=eco

https://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20190219HP_18239TS.html

羽田空港国内線ターミナル駅、羽田空港国際線ターミナル駅~穴守稲荷駅以遠間で適用の加算運賃を、普通旅客運賃で170円だったのが50円にへ引き下げ、つまり120円下げるのですね。

品川~羽田空港国内線ターミナル間が現行410円から290円にまで下がるのですね。

いいことじゃないですか。

だけど、今まで170円も加算していたのがやりすぎでは?と思えるほどです。

ただ、京急にしてみれば、空港線の延伸工事や、空港線の輸送力増強工事に要した設備投資額が半端じゃなかったなら、やむを得なかったのかな?

でも、その回収が順調にできたならよかったですね。

これで利用客が増えるかな?

写真は1年ほど前、穴守稲荷で撮った1000系エアポート急行金沢文庫行きです。

2019021902

武蔵中原で快速の普通追い抜きを撮る。来年、南武線は100周年ですね。

1ヶ月程前、南武線の武蔵中原で快速の普通追い抜きを撮りました。

2019021901
どちらもE233系8000番台ですね。

国鉄時代の南武線は72系とか101系、103系が走っていました。JRになってからは205系も入りましたね。

どれも他線のお古でした。

なのに、E233系8000番台は最初から南武線に投入された車両ですね。

南武線は1970年代も快速が走っていましたね。川崎-登戸間のみでしたが。

評判悪く、川崎市議会でも問題になったそうで、廃止になりました。

でも、JR東日本はいつか南武線に快速を復活させることをずーっと考えていたのかもしれません。

2011年に復活しましたね。

1970年代の快速は武蔵中原も隣の武蔵新城も通過でした。

でも、今は停まります。

つまり武蔵小杉-武蔵溝ノ口間は4駅連続停車なのですね。

ところでこの南武線、1920年に多摩川砂利鉄道として始まったそうですね。

ということは来年100周年。

JR東日本としては、何かイベントを企画するのかな?

あれから50年の歳月。青砥で直通運転50周年のヘッドマーク付き京急600形を撮る

先日、京成の青砥で、京急600形のアクセス特急羽田空港行きを撮りました。

その600形はなんと、直通運転50周年のヘッドマークというか、シール付きでした。

2019021802_50_1


2019021802_50_2

あれから50年も経つのですね。

私もまだ幼かったです。

もちろん50年前に走っていた車両は京成にも京急にも都営地下鉄にも走っていません。

もともと京成は、都営地下鉄と京浜急行と相互乗り入れをするつもりだったゆえに改軌をしたのですよね。

あと50年経ったら、どうなっているのかなあ・・・・・・。

私は生きていないけど・・・・・・・。

でも、生きている限り、撮り鉄、乗り鉄などの鉄道趣味は続けたいものです。

昔の京王を思い出させるグリーン塗装の8713編成を撮る

1ヶ月前の写真です。

下高井戸で京王線のグリーン塗装の8713編成の準特急新宿行きを撮りました。

2019021801_green
かつての京王線には2000系というグリーン塗装の電車も走っていました。

この塗装の電車を見ると、昔を思い出しますね。

私が幼い頃にはグリーン塗装の電車の優等列車は既になかったのか、たまたま見ることができなかったのかは定かではありません。

2015年からこの塗装でいるようだけど、できればずーと、続けてほしい気もします。

雪の日の撮り鉄(西船橋駅、武蔵野線ホームにて)

2月9日の雪の日の撮り鉄写真です。

これは西船橋の武蔵野線ホームで撮りました。

209系の府中本町行きです。

この寒い中、出掛ける用事のある人を乗せて運びます。

2019021703_musashino
国鉄時代、101系1000番台6両編成で始まった武蔵野線。

その後103系そして205系と209系に代わりました。

また、今は8両編成ですね。

かつては1本逃すと40分待たねばならなかったこともあったけど、今は10分程度ですみますね。

この209系もいつまでも安泰ではありませんね。

JR東日本

秋葉原で新宿「さざなみ」を撮る

先日、秋葉原で特急「新宿さざなみ」号を撮りました。E257系ですね。

浅草橋から秋葉原に向かっては、上り勾配になるのですね。

2019021702_akihabara


「新宿さざなみ」はその名の通り、新宿発着の列車。

国鉄時代、房総急行の中には平日でも新宿発着の列車がありました。

でも今は臨時列車のみですね。

これも国鉄時代ですが、かつては183系9両編成の特急「さざなみ」「わかしお」が走っていました。しかもグリーン車連結で。

今は一部を除けば、5両編成のモノクラスばかり。

このままどんどん衰退していくのでしょうか?

JR東日本としては、今後どういう施策を取るのでしょうか?

加須で特急「りょうもう」の通過を撮る

東武伊勢崎線の加須。「かす」とは読みません。「かぞ」ですね。

その加須で特急「りょうもう」の通過を撮りました。

2019021701_kazo

特急「りょうもう」の中には加須に停車するのもありますが、この列車は通過です。

かつての急行「りょうもう」は浅草(上りは北千住)-舘林間ノンストップが当たり前。

でも例外的に加須と羽生に停車するものありました。

今の特急「りょうもう」は北千住は下りも上りも停車。東武動物公園と久喜も全列車停車となりました。

加須は一部しか停まりません。でも、本数は増えましたね。

雪の日の撮り鉄(西船橋で特急同士のすれ違いを撮る)

♪ゆーきーやコンコン、あられやコンコン、

2月9日、関東地方には雪が降りました。

その日出掛ける用事があったついでにJR西船橋で撮り鉄をしました。

E259系成田エクスプレスと255系しおさいとがすれ違うところです。

決していいタイミングとはいけませんが。

2019021603_express
どちらも塗装も形も違いますが、250番台の形式番号で、どちらも房総地区の特急車両ですね。

私が幼い頃の房総地区の優等列車はディーゼル急行だけでした。その時はまだ国鉄時代です。

でも、今は電車特急だけ。

特急「しおさい」の前身は急行「犬吠」です。

房総地区に特急が走るようになって今年で47年。

3年後の50周年の時、JR東日本千葉支社としては、何らかのイベントを考えているのでしょうか?

雪にも負けず、定時運転していたのかな?

降雪時は運転士さんにとっては大変だと思います。

でも、撮り鉄好きにとっては、写真に収めたくなるような光景です。

JR東日本

雪の日の撮り鉄(西船橋で3社の車両を同時撮影)

2月9日、関東地方は雪が降りました。

この日、出掛ける用事もあったついでにJR西船橋で撮り鉄をしました。

そこで、3社の車両を同時撮影しました。

2019021602nishifunabashi
左からJR東日本のE231系500番台ですね。山手線からの転属者でもありますね。

そして東京メトロ東西線の15000系ですね。

一番右は東葉高速の2000系です。東葉高速の車両は中野-三鷹間のJRの区間には乗り入れてきますが、西船橋-津田沼間は乗り入れてきませんね。

西船橋駅ではタイミングよければ、3社同時撮影は可能ですね。

どちらもベテラン。京成船橋で京成3400形と都営5300形の並びを撮る

1ヶ月前に京成船橋で撮ったものです。

都営5300形の快速佐倉行きと3400形特急上野行きの並んだところです。

2019021601_funabashi
5300形もいよいよ追われる身となりましたね。

この電車もまもなく5500形に代わるのですね。

都営浅草線だけでなく、京成、京浜急行、北総鉄道にも足を延ばしましたね。

5000形時代を記憶しているものとしては、時代の流れを感じます。

一方の3400形もまだ廃車は出ていないものの、老朽化が指摘されていますね。

初代AE車の足回りを流用して製造された車両ですが、初代AE車は都営地下鉄浅草線に入ることはなかったけど、3400形はありますね。

3400形の命運は今後の京成の車両製造計画で決められるのでしょうね。

雪の日の撮り鉄(京成西船で3037編成特急成田空港行きが直進してくるところを撮る)

2月9日、関東地方は雪が降りました。

ネコのようにコタツで丸くなっているわけにもいかず、外出する用事があったついでに、撮り鉄もしました。

寒いけど、雪の中の撮り鉄も絵になりますよね。

これは京成西船で撮ったものです。

3000形の3037編成が西船駅に直進して向かっているところです。

特急成田空港行きです。

何やら雪にも負けず、といったところですね。

運転士さんも視界が良くない中、大変だと思いますが。

2019021201_nishifuna_1
2019021201_nishifuna_2

ダイヤ改正後にも走るE257系特急「あずさ」。もちろん臨時

3月16日のダイヤ改正で特急「あずさ」も「かいじ」も全てE353系に統一されますね。

国鉄時代の181系の頃からの記憶がある者としては、時代が変わったなあ、と改めて痛感せざるを得ません。

これでE257系が撤退になるのですが、臨時列車として駆り出されるのですね。

今年のゴールデンウイークは10連休ですが、そのうちの4/27と5/3-6は臨時特急「あずさ」73号と78号が運転されます。

https://www.tetsudo.com/event/24022/

http://www.jreast.co.jp/press/2018/20190109.pdf

その臨時列車にE257系が充当されるとのことです。

この臨時特急「あずさ」73号と78号に使用された車両もこの任務を終えると、「踊り子」用に改造されるのかな?

写真は1月に新宿で撮ったものです。

2019021102_azusa

JR東日本

雪の日の撮り鉄(京成西船で3400形特急上野行きを撮る)

2月11日に関東地方に雪が降りましたが、2月9日にも降りました。

これは2月9日に京成西船で撮り鉄したものです。

撮ったのは3400形の特急上野行きです。

カーブを描いて西船に進入します。カーブゆえに減速してます。

2019021101_nishifuna_1
こちらは後追いです。

2019021101_nishifuna_2_2

雪の中の撮り鉄も絵になります。

乗務員さんや駅員さんは大変なのでしょうけど。

3400形も老朽化が指摘されていますが、まだ廃車は出ていませんね。

今後の京成の車両製造計画いかんによると思いますが。

この光景もあと1ヶ月。船橋でE257系特急「あずさ」を撮る

特急「あずさ」もあと1ヶ月で全列車E353系に代わりますね。

E257系で運転されているものも残っているものの、それもあと1ヶ月。

千葉県に乗り入れてくる「あずさ」もE353系に代わりますね。

写真は船橋で撮ったものです。

2019201002_azusa
国鉄時代、幕張区の183系が特急「あずさ」に運用された時代もありました。

その後、幕張区の183系は「あずさ」から撤退して、長野区のちに松本区の183系や189系が千葉まで乗り入れてくるようになりました。一時期2往復ありましたが、今は1往復ですね。

電車の車両も時代とともに変わりますね。

JR東日本

雪の日の撮り鉄(海神でカーブを描いて進入の3700形快速西馬込行き)

2月9日、関東地方には雪が降りました。

この日、出かける用事があったついでに撮り鉄もしました。

これは京成の海神で撮ったものです。

3700形の快速西馬込行きがカーブを描いて進入するところです。

2019201001_snowy_kaijin_1
2019201001_snowy_kaijin_2
海神は下り電車は坂を登るところ、上り電車はカーブするところを撮るのがいいと思います。

3700形も登場して20年以上経っていますが、まだまだ元気に活躍できますね。

京成線内だけでなく、都営浅草線や京浜急行線にも直通運転しますね。

インフルエンザに罹っても出勤を強要する企業があるなら、すぐに労働基準監督署に通報を!

えーーーーっ、信じられない!

インフルエンザに罹っても出勤を強要する企業があるの!?

まともな人間のやることじゃないですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO41026030X00C19A2CC1000/

https://joshi-spa.jp/905047

https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-10498/

https://news.nicovideo.jp/watch/nw4752190

インフルエンザに罹った人を無理やり出勤させれば、他の人へ感染する危険性も高くなり、その職場中に蔓延したら、かえって生産性が低下するに決まっているじゃないですか!

インフルエンザに罹っても出勤を強要する企業で働くみなさん!

労働基準監督署に通報しましょう!

SNSでもバンバンその会社名を公表しましょう!

そんな社員を人間として扱わない、社員を人間と思わない会社なんか、なくなった方が世のため、人のためです。

舘林→北千住間を特急「りょうもう」に乗る

3ヶ月前のことです。

舘林→北千住間を特急「りょうもう」に乗りました。

特急「りょうもう」の運転士さんも車掌さんもこの舘林で交代するのですね。

つまり、浅草-赤城間を通して乗務はしないのですね。

ビジネスパーソンらしき人は日清製粉グループの人かな?

2019020903_ryomo_1
2019020903_ryomo_2
「りょうもう」には1800系の急行で運転された時期もありました。

200系も登場当初は「急行」として運転していました。

全列車200系化されたら特急になりましたね。

かつては舘林-北千住間はノンストップが当たり前でした。

今は東武動物公園や久喜にも停まります。加須や羽生に停まるのもあります。

こまめにニーズに応えているのかな?

雪の日の撮り鉄(海神で坂登る都営5300形を撮る。白い雪の中、白いボディーの電車が)

2月9日、関東地方でも雪が降りました。

この日、猫の如くコタツで丸くなるわけにもいかず、出かける用事があったのですが、そのついでに撮り鉄もしました。

まず、撮り鉄したは京成の海神です。

雪の降る中、坂を登ってくる下り電車を撮りたかったのです。

待ち構えていたら、都営5300形の快速佐倉行きがやってきました。

白い雪の降る中、白いボディーに赤い帯の電車も絵になりますね。

2019020902_snow_kaijin_1
2019020902_snow_kaijin_2
だけど、この車両、いずれは5500形に代わりますね。

かつて京成には5000形、5200形といった都営地下鉄の車両も走っていましたね。

舘林-久喜間を行ったり来たりの10000系

かつての東武伊勢崎線は、太田、伊勢崎から北千住・浅草方面へは1本の電車で直通で行けるのが当たり前でした。

でも、今は一部を除いて、2回もしくは3回の乗り換えをしなければなりません。

まず、舘林です。

舘林から浅草までも一部を除いて、乗り換えをしなければいけません。

次の乗換駅は久喜です。

写真は舘林で撮った10000系の久喜行きです。

2019020901
舘林-久喜間を行ったり来たりの運用ですね。

久喜で接続するのは、東京メトロ半蔵門線直通電車。

ということは、東京すかいつりー(かつては業平橋)、浅草へ行くには、曳舟でまたもや乗り換えですね。

面倒だけど、東武にとってはニーズに合わせた輸送体系ですね。

そもそも舘林ー太田・伊勢崎間の日中は6両では過剰。

久喜-舘林間も日中は10両では過剰ですしね。

東京駅でまもなく廃止の「ホームライナー千葉」を撮る

先日、東京駅で「ホームライナー千葉」を撮りました。

2019020701_homelinerchibaこの列車もまもなく廃止ですね。

同じJR東日本でも中央ライナーは特急化されるけど、「ホームライナー千葉」の廃止後は快速電車を増やすとのこと。

JR東日本としては、520円の料金のホームライナーより、770円の料金のグリーン車に乗ってほしいのかな?

いずれにしても廃止はちょっと残念ですね。

タレントの夏帆さん。立ち直るのに「♪SUICAならばスイスイ」のようにはいかなくても・・・・・

夏帆さんと言えば、

「♪SUICAならばスイスイ」

のJR東日本のSUICAのコマーシャルに出ていましたよね。

https://trackback.blogmura.com/themes/32782/sender/89q21j4yf634

https://www.youtube.com/watch?v=iMHDOr6z54w

https://www.youtube.com/watch?v=APE4LyQaVNw

その夏帆さんですが、新井浩文と付き合っていたそうですね。

しかも結婚秒読みとまでいわれていたとか。

なのに、その新井浩文がなんと、強制性交等の疑いで逮捕されたのですね。

夏帆さんにとっては、大変なショックでしょうね。ひどい裏切り行為をされたも同然ですね。

精神的にもかなり傷付いたのでは?

このショックから立ち直るには、スイスイいかないかもしれないけど、

この心の傷を癒すような新しい彼氏と一日でも早く巡り会えるといいですね。

国府台で3037編成を、船橋で3038編成を

京成の2代目3000形は、3002から3025編成までは6両編成ばかり。

つまり3000形は各駅停車に運用されることが殆ど。

一時期、3000形は各駅停車専用車のように思えてしまいました。

でも、3026編成からは8両編成の方が多数派。

だから、3000形の優等列車を見る確率が断然高くなりました。

これは国府台で撮った3037編成の特急上野行きです。

2019020601_3000_1
こちらは船橋で撮った3038編成の特急成田空港行きです。

2019020601_3000_2
今や京成通勤車の代表ですね。

もちろん、京成だけでなく、都営浅草線や京浜急行線にも直通しますね、

上場のJR4社大健闘!売上高が過去最高!

JRグループのうち、上場しているのは、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州の4社。

4社とも売上高が過去最高だったのですね。

しかも西日本と東海は最高益とか。

ただ、西日本は西日本豪雨で被災した路線の復旧費は織り込んでいないとか。

でも、JR西日本O場合、豪雨だけでなく、震災による損害もありますよね。

なのに、よく頑張りましたよね。

あと、JR東日本ですが、信号機トラブルとか、異音発生、人身事故、線路内人立ち入り等で列車が停まることもしばしば。

これらの問題を解決すれば、もっと利益をだせるのでは?

https://www.sankei.com/west/news/180806/wst1808060072-n1.html

https://news.biglobe.ne.jp/economy/0204/kyo_190204_4150886202.html

これら4社と対照的にJR北海道は苦しいそうですね。

これら4社から経営手腕のありそうな人を出向させて、経営の立て直しを計るのはどうでしょうか?

一筋縄ではいかないと思うけど。

写真は新宿で撮ったE383系です。すなわち、JR東日本の車両。

中央線を走るということは、甲府と塩尻-松本間でJR東海の車両と出会いますね。

2019020501

東武の名車8000系を佐野で撮る

東武佐野線は800形、850形だけかと思ったら、8000系も入線することがあるのですね。

これは佐野駅で撮った8000系です。

2019020401_1
東武の名車8000系もかつては首都圏を10両編成で走ったこともありますが、今や短編成で走るものが殆どですね。

野田線に残存する8000系は6両で走っていますが、亀戸線、大師線、小泉線では2両ですね。

車体にも疲れが見えるような気もします。

でも、8000系の東武に残した功績は大きいと思います。

ちなみにこの8000系、この駅で800形と交換です。

800形も850形も8000系の仲間ですね。

2019020401_2

江戸川に3500形は似合う(国府台での撮り鉄)

京成は江戸川の両岸に駅があります。

かたや江戸川、かたや国府台。

1ヶ月程前、国府台で江戸川を渡る3500形を撮りました。

もう、都営浅草線に入ることもなくなった3500形ですが、上野と高砂より東の駅を結ぶ列車に運用されれば、江戸川は今も渡りますね。

2019020301_1
2019020301_2
1970年代から何度も江戸川を渡り続けてきた3500形。

この光景も、あと何年見ることができるのやら。

だけど、江戸川に3500形は似合うと思います。

京成 都営浅草線

京成中山→市川真間を3500形に乗車。この車両にはいつまで乗れる?

1ヶ月程前に京成中山→市川真間を3500形に乗りました。

これは京成中山で撮ったものです。

2019020204_1
京成初のステンレス使用車、京成初の冷房付き通勤車である3500形も登場してから40年以上の歳月が過ぎましたね。

既に廃車になったものも多く、今や京成では少数派。

かつては特急、急行、快速といった優等列車に運用されたり、都営浅草線にも直通運転したこともありました。

でも今や京成線内の地上専用車であり、各駅停車のみにしか運用されません。

残っている車両もいつまで走れるのでしょうか?

これは市川真間発車後に撮ったものです。

3000形とすれ違いました。

2019020204_2

東武グループと日清製粉グループ

東武館林駅の近くには日清フーズの工場があります。

2019020203_1
日清製粉が経営する製粉ミュージアムもあります。

2019020203_2
東武グループの一つ東武運輸のトラックも見えました。

http://www.tobuunyu.co.jp/

2019020203_3

東武と日清製粉のグループ、いろいろ協力しあっているのでしょうか?

特急りょうもうにも、日清製粉の関係者か、このグループと取引をしている会社のビジネスパーソンと思われる人も見かけますね。

東武グループのホテルで出される料理や東武グループの食品会社で製造される品物の中に、日清製粉の粉を使ったものも結構多いのかな?

3400形はあと何年走れるのでしょうか?

先日、京成の東中山で3400形特急上野行きの通過を撮りました。

2019020202
3400形といえば、初代AE車の足回りを利用してできた車両。

老朽化も指摘されていますね。

でも、8両編成ばかりなので、ほとんど優等列車に運用されますね。

というか、各駅停車の運用の場合は高砂より東には来ませんね。

今後の京成の車両製造計画はよくわからないけど、3400形はあと何年走れるのでしょうか?

東中山で50周年のヘッドマークを付けた3000形の快速佐倉行きを撮る

1ヶ月前の写真です。

京成の東中山で50周年のヘッドマークを付けた3000形の快速佐倉行きを撮りました。

何の50周年かというと、京成と都営地下鉄と京浜急行の3社が乗り入れをするようになってから50周年ということです。

2019020201_1


2019020201_2
あれからもう50年の歳月が流れたのですね。

当然ながら、50年前に走っていた車両はありません。

写真の電車は2代目3000形ですが、初代3000形も都営地下鉄浅草線や京急に乗り入れていましたね。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »