2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新小岩駅。まず電車の扉が閉まり、続いてホームドアが | トップページ | とうとう署名運動に発展したのですね、「高輪ゲートウェイ」。 »

これらの車両にもリバイバルカラー塗装にしては?

これらは舘林で撮った800形と850形です。

2018121001_1

2018121001_2
これらも8000系の仲間ですね。

今、東武では亀戸線と大師線にリバイバルカラー車が走っているけど、これらの車両にもリバイバル塗装して、客を引き寄せてみるのはどうかなぁ、という気もします。

佐野線、小泉線、舘林-伊勢崎間、桐生線にこそ、こういう塗装を施してはいかがでしょうか?

あるいは、佐野の厄除け大師の麗水観音の絵や、佐野市のイメージキャラクター「さのまる」の絵を描いた車両を走らせるとかもどうでしょうか?

« 新小岩駅。まず電車の扉が閉まり、続いてホームドアが | トップページ | とうとう署名運動に発展したのですね、「高輪ゲートウェイ」。 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これらの車両にもリバイバルカラー塗装にしては?:

« 新小岩駅。まず電車の扉が閉まり、続いてホームドアが | トップページ | とうとう署名運動に発展したのですね、「高輪ゲートウェイ」。 »