2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

受験生諸君!NHKの紅白歌合戦を絶対に見てはいけない!

受験生諸君!

この冬はとにかく勉強しよう!

どの学校に合格したかに関係なく、一生懸命勉強したことは今後の人生にもプラスである。

もちろん、多少の息抜きは必要だ。

時には頭を休めよう。

でも、

NHKの紅白歌合戦を絶対に見てはいけない!

そんな暇があるなら勉強しよう!

どうしても見たかったら、好きな歌手のところだけ、息抜き的に見るか、お父さん、お母さんに録画してもらって、どこかの学校に合格したら、ゆっくり見よう!

とにかく

NHKの紅白歌合戦を見てはいけない!

受信料徴収の特権を悪用する悪い大人たちの制作番組である

紅白歌合戦を見てはいけない!

そして君たちが社会人になったら、受信料徴収の特権で甘い汁を吸っている悪い大人たちのような人間にはなってはいけない!

NHKの紅白歌合戦を絶対に見てはいけない!

紅白歌合戦に48回出場した森進一さんの「年上の女」ではないけど

受験生諸君は紅白歌合戦なんか見ては、「ダメよ、ダメ!ダメ!」

「かわぐち」の復活はせず、「富士回遊」。異論も出てますね。

かつて、中央本線には165系急行「かいじ」「かわぐち」号が走っていました。

松本所属の165系がアルプスで上ってきた後、三鷹に松本寄り先頭車のクハ1651両を置いて、「かいじ」「かわぐち」の運用に入り、またそのクハ165を繋げて「アルプス」で戻るような運用だったと思います。

休日には三鷹所属の115系による遜色急行「かいじ」「かわぐち」も走っていました。

国鉄時代のことですね。

「かわぐち」号はその名の通り、富士急行直通の河口湖まで行く列車でした。新宿-大月間は「かいじ」と併結運転をしていました。

でも、1986年に廃止になりました。

もう2度と富士急行直通の優等列車は走らないと思ったら、不定期ながら成田エクスプレスが直通運転するようになり、そして来年3月には165系急行「かいじ」「かわぐち」号の復活のような特急が走るのですね。E353系で運転されますね。

でも、「かわぐち」の復活はなりませんでした。

「富士回遊」という列車でした。

やはり富士山が世界遺産に登録されたからでしょうね。

さりとて「富士山」とか「ふじさん」では小田急の特急と紛らわしいし、それで「富士回遊」にしたのかな?

なにやら、この「富士回遊」にも異論が出ているのですね。

https://www.asagei.com/excerpt/118004

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1217/asg_181217_1579674032.html

かつてのブルートレイン「富士」の名を復活するのがいいのかなあ?

「富士五湖」はダメかな?ひらがなで「ふじやま」はどうかな?JR東海の管内には「ふじかわ」という特急が走っているけど。JR東日本もいろいろ考えたのかな?

だけど、臨時でいいから「かわぐち」の名でも走ってほしい気もします。

あと、スケートシーズンに「ハイランドスケート」号が復活しないかなあという気もします。

ところで、「富士回遊」はやはり「かいじ」と新宿-大月間は併結運転ですね。

かつてディーゼル急行の中に上りは松本発の「アルプス」と天竜峡発の「こまがね」と、下りは糸魚川行き「アルプス」と中込行き「八ヶ岳」と併結運転する「かわぐち」もあったので、一部「あずさ」との併結もあるかな?と思ったら、ないようですね。

写真は中野を通過するE353系です。「あずさ」か「かいじ」かは忘れました。

2018121901

この日の北舘林解体所では東京メトロ03系が最後の時を迎えていた

1ヶ月前、東武佐野線に乗りました。

下り電車が渡瀬駅を発車すると、やがて進行方向右側に北舘林解体所が見えます。

この日、北舘林解体所には、東京メトロ日比谷線で活躍していた03系が最後の時を迎えていました。

2018121501_1

2018121501_2
既に窓側は外されていました。

この後、次々にバラバラに解体されていったのでしょう。

東京メトロ30系はマッコウクジラ・3000系に代わって、東京メトロ日比谷線を中心に東武伊勢崎線さらには東急東横線にも直通運転していましたね。今の日比谷線は東急東横線への直通運転は行っていませんね。

また、一つの時代が終わりましたね。

まだ東京メトロ03系も一部の車両は活躍していますが、それもいずれは13000系にバトンタッチして、この北舘林解体所でバラバラにされるのですね。

だけど、マッコウクジラ3000系の中には長野電鉄に引き取られたのもありましたが、03系にはないのでしょうか?

祝・呉線全線復旧!

かつて、国鉄呉線には、C62やC59が牽引する急行「安芸」「音戸」が走っていました。

その呉線ですが、西日本豪雨で安浦-三原間が不通になっていました。

でも、本日復旧したのですね。

よかったですね。

https://www.fnn.jp/posts/00407824CX

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-146303/

https://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/1215/43631.html

この全線復旧に合わせて、「瀬戸内マリンビュー」も走ったのですね。

https://www.tetsudo.com/event/23409/

この全線復旧によって、さらに被災地域の復旧が活性化することを祈ります。

JR西日本

祝・立教大学池袋キャンパス100周年

先日、池袋に出掛ける用事があり、立教大学の近くを通りました。

立教大学といえば、読売ジャイアンツの選手でもあり、監督でもあった長嶋茂雄氏やその長男の一茂氏がこの大学を卒業しましたね。阪急や近鉄の監督をしたことのある西本幸雄氏もこの大学卒業ですね。

新井素子氏、伊集院静氏、なかにし礼氏もこの立教大学卒業なのですね。

国会議員にも立教大学出身者がいるけど、何故か自民党と立憲民主党だけで他の政党はいないのですね。

ところで、立教大学の池袋キャンパスは今年で100周年なのですね。

当ブログは、立教大学と立教大学の関係者のみなさんに、100周年のお祝いを申し上げます。

2018121501rikkyo_1
2018121501rikkyo_2

だけど、さすが立教大学はキリスト教の大学ですね。
こんな大きなクリスマスツリーが飾られていました。

2018121501rikkyo_3

舘林での特急「りょうもう」同士の交換。上りは普悠瑪塗装だった。

これは1ヶ月前の東武の舘林駅での光景です。

下りの赤城行きの特急「りょうもう」が到着しました。

舘林より先は単線区間。上りの浅草行き特急「りょうもう」の到着を待ちます。

2018121201_tatebayashi_1

やってきたのは普悠瑪塗装の編成でした。

2018121201_tatebayashi_2

2018121201_tatebayashi_3


そして、赤城行きは発車しました。

2018121201_tatebayashi_4

左側は小泉線の8000系です。

2018121201_tatebayashi_5
もう、普悠瑪塗装の200系を見ることはできないのですね。

元の塗装に戻されたのですね。

特に普悠瑪塗装には関心がなかったけど、撮れたのはよかったと思います。

一時的にこういう塗装にして走ったという記録になりますね。

とうとう署名運動に発展したのですね、「高輪ゲートウェイ」。

田町-品川間に新設される駅の名称「高輪ゲートウェイ」ですが、評判悪いそうですね。

ついに署名運動にまで発展したのですね。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1812/10/news099.html

そりゃJR東日本も公募しておきながら、上位から選ばず、130位のものを採用したのですからねぇ。

個人的には「芝浦」の地名を反映させてほしかったですけど。

マツコ・デラックスさんは、「恥ずかしくて言いたくもない」とまでいっているのですね。

https://sirabee.com/2018/12/11/20161917797/

私はそこまで思わないけど、選考の仕方に疑問がありますね。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-0dd5.html

これらの車両にもリバイバルカラー塗装にしては?

これらは舘林で撮った800形と850形です。

2018121001_1

2018121001_2
これらも8000系の仲間ですね。

今、東武では亀戸線と大師線にリバイバルカラー車が走っているけど、これらの車両にもリバイバル塗装して、客を引き寄せてみるのはどうかなぁ、という気もします。

佐野線、小泉線、舘林-伊勢崎間、桐生線にこそ、こういう塗装を施してはいかがでしょうか?

あるいは、佐野の厄除け大師の麗水観音の絵や、佐野市のイメージキャラクター「さのまる」の絵を描いた車両を走らせるとかもどうでしょうか?

新小岩駅。まず電車の扉が閉まり、続いてホームドアが

JRの新小岩駅の総武快速線のホームのホームドアがついに稼働しました。

今後、この駅での人身事故が減ってほしいものです。いや、なくなってほしいものです。この駅だけでなく、全ての鉄道施設でも。自殺そのものもなくなってほしいものです。

さて、ドアの閉まる段階を撮った写真を掲載します。

まず、電車の扉が閉まり始めます。

2018120802_1
少し遅れてホームドアが閉まります。

2018120802_2
両方閉まって、発車です。

2018120802_3
そういえば、このE217系もまもなく追われる立場になりますね。

クロスシートが全くなくなるのが寂しいです。

JR東日本

よーく見ると、向こうにはフライング東上塗装50090系が

先日、池袋に行く用事がありました。

JR山手線の外回りのホームのとなりは東武東上線ですね。

手前は30000系準急川越市行きです。

でも、よーく見ると、青い塗装の電車が見えます。

2018120803_1
フライング東上塗装の50090系でした。この時は各駅停車志木行きに運用されていました。

2018120803_2
かつて東武東上線には「フライング東上号」という行楽用の臨時列車が走っていたのですね。1949年春から1967年冬までの間、主に春・秋の休日に運転されたそうですが。

用事があるので、この程度の撮影に留めましたが、やっと撮ることができてよかったです。

ついに新小岩のホームドアが稼働!とにかく自殺やめて!

ついに新小岩駅の総武快速線ホームのホームドアが稼働しましたね。

2018120801_1

2018120801_2

この駅はとにかく自殺者が多いとのこと。

だけど、ホームドアがあろうと、なかろうと、電車に飛び込んで自殺するのはやめてほしいものです。

人身事故で列車が停まったというニュースを聞くたびに

「またかよー」

と、うんざりする気持ちと、

「なんでそんなことしたの?」

と、悲しい気持ちになります。

いや、鉄道自殺だけではありません。

いかなる形でも自殺はやめてほしいものです。

長い人生においては、楽しいこともあれば、辛いこともあります。何もかも嫌になるようなこともあります。

でも、そのような辛さに耐えがたくて耐え、乗り越えてほしいものです。

また、一人で悩まず、誰かに相談してほしいものです。

また、心ないパワハラ的言動をする人には、その行為をやめほしいものです。

失敗しても、やり直しのできる仕組みも作ってほしいものです。

JR東日本

えーーーーーーっ!?こんな選考の仕方でいいの?「高輪ゲートウェイ」という駅名。

田町-品川間に新設される駅の名前が「高輪ゲートウェイ」だそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000073-asahi-soci

https://brandnew-s.com/2018/12/04/takanawagateway/

https://www.tetsudo.com/news/2013/

http://www.jreast.co.jp/press/2018/20181201.pdf

JR東日本はこの新駅の名前を公募したけど、この「高輪ゲートウェイ」って36件しか応募がなく、130位なのですね。

最多は「高輪」(8398件)で、2位が「芝浦」(4265件)、3位「芝浜」(3497件)だとか。

一部で「『高輪ゲートウェイ』なんてダサいよ!」という声もありますね。

https://brandnew-s.com/2018/12/04/takanawagateway/

https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-10026/

私はダサいとまでは思わないけど、

「こんな選考の仕方でよかったのかなあ?」

と疑問が残ります。

こんな選考の仕方をするなら、公募する意味があったのでしょうか?

「高輪」だと都営浅草線の「高輪台」と紛らわしくなるから、2位の「芝浦」か3位の「芝浜」がよかったようにも思えます。

銚子電鉄のグリーン塗装が終了なのですね

30年以上前の京王を彷彿させる銚子電鉄の2001編成ですが、このグリーン塗装が終了してしまうのですね。

ちょっと、残念です。

http://www.choshi-dentetsu.jp/detail/news/240

https://www.tetsudo.com/event/23421/

私も昨年の9月に乗りました。

この電車の乗り鉄、撮り鉄しておいてよかったです。

これは犬吠駅で撮ったものです。

2018120302_green

南新宿での3000形と8000形の一瞬の並び

これは2カ月ほど前に撮ったものです。

南新宿で3000形と8000形の一瞬の並びです。

2018120301
徐行しているとはいえ、8000形の方は快速急行。ゆえに南新宿は通過。まさに一瞬の並びです。

1980年代の小田急の象徴でもある8000形。

塗装だけに限れば1960年代後半の面影さえある8000形。

あと、5~10年程度は走れるでしょうか?

これらの20000系車両はどうなった?北舘林で解体された?

これは、東武伊勢崎線の電車に乗った時のものです。

電車がまもなく舘林に到着しようとする時に、20000系が停まっているところを撮ったのです。

2018120201_1
2018120201_2
停まっているというか、一時的な留置かもしれません、。

佐野線や小泉線、舘林-太田・伊勢崎間や桐生線に20400系を投入するという話ってありましたっけ?

まだ聞いていませんが。

そうでなければ、これらの車両は北舘林で解体されるまでの一時的留置だったのかもしれません。

その後これらの20000系車両がどうなったかは知りません。

「俺、知ってるよ!」

という方いらっしゃいますか?

羽生で停車中の秩父鉄道7500系、かつての東急8090系

これは東武の車内から撮ったものです。

2018120202_1

羽生は秩父鉄道との乗換駅。

この時に停まっていたのは秩父鉄道7500系、すなわちかつての東急8090系です。

もう東急では全く走っていないと思いきや、まだ田園都市線では走っているのですね。

でも、東武には直通できず、押上折り返しの運用のみとか。

富山地方鉄道でも活躍している仲間もあるそうですね。

2018120202_2

東急2020系は2060年を過ぎても活躍できるか?

これは東武の曳舟で撮った東急2020系です。

2018120201

東急2020系は10月1日から東武スカイツリーラインにも顔を出すようになったとのことですが、11月の小雨の降った日に初めて、それを撮ることができました。

今後の2020系の増備計画はどうなっているのでしょうか?

この車両が増備されていくということは、8500系が追われていくということですね。

8500系も40年以上走っていますね。

2020系は2060年を過ぎても活躍できるかな?

ということは2020系が引退する前に私がこの世の人間を引退しているということかな。

この世の人間でいる限り、去り行く鉄道車両の別れを惜しみつつも、新型車両の登場を楽しみにしていたいものです。

JR東日本の車両、E233系。向こうには東武を走る車両。川越ならでは。

2ヶ月半程前に撮ったものです。

川越駅で発車を待つE233系の埼京線の快速でりんかい線直通の新木場行きです。

埼京線も最初は山手線のお古の103系からスタートしましたね。その頃はまだ国鉄でした。

その後205系も山手線のお古。

でも今の埼京線のE233系の車両は新製された時から埼京線を走っていますね。

川越駅は東武東上線との乗換駅でもありますね。

よーく見ると、東武の車両も写っています。

とはいっても、これは東京メトロ10000系。東武東上線に直通運転してきた電車ですね。

2018120103_1

こちらは10000系ですね。つまり東武の車両です。

2018120103_2

川越ならではの光景ですね。

JR東日本

EXE-αの南新宿通過を撮る

2ヶ月前に撮ったものです。

南新宿を通過するEXE-αです。

2018120102
7000系が引退した今、小田急ロマンスカーでの最古参は30000形。

これで特急車はすべて形式番号が5桁になりましたね。

30000形はすべてEXE-α化されるのでしょうか?

それとも一部のみ?

最古参とはいえ、30000形はあと10年から15年は走っていられるでしょうか?

ただ、今後もGSEが増備されるとなれば、余剰廃車も出てくるかな?

バスでもトロリーバスは鉄道の仲間。黒部のトロリーバス54年の歴史を閉じる

バスはバスでもトロリーバスは鉄道の仲間なのですね。

立山黒部アルペンルートの関西電力トンネル区間を走るトロリーバスが54年の歴史を閉じることになったのですね。

https://trafficnews.jp/post/82237

https://www.fnn.jp/posts/00406680CX

https://www.sankei.com/photo/story/news/181130/sty1811300013-n1.html

私も乗ったことがあります。

まだ、中央線に夜行列車が走っていた頃でした。

特急車の189系が急行「アルプス」という夜行急行で新宿~信濃大町まで乗車し、そこからバスやケーブルカーなどを乗り継いで立山へ出ましたが、その途中の区間に関西電力のトロリーバスの区間がありました。

車両が老朽化したことにより引退することになり、来年4月からは電気バスが代わりに運転するとのことです。

東急5000系停車中、すぐ後ろには東急2020系が。曳舟にて。

これは11月の小雨のパラついた日に東武曳舟で撮ったものです。

東急5000系の急行久喜行きが停車しています。

発車時刻を過ぎているのですが、浅草からの接続電車が遅れているため、その接続を待ってから発車することになり、発車しない状況になっています。

しかし、すぐ後ろには後続の電車が迫っています。

これも東急車です。2020系です。

2018120101

2020系は10月1日から東武スカイツリーラインでも走るようになったのですね。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »