2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東武野田線の複線化工事の状況(高柳-六実間には新たなカーブと線路の敷き直しが発生) | トップページ | 東急大井町線も座席指定車連結の列車を走らせるまでに成長したのですね。 »

新幹線が東京-新函館北斗間が4時間を切る!短縮時間は約3分だけど。

新幹線の東京-新函館北斗間が4時間を切るようになるそうですね。今年度中ということは2019年3月かな?

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181020-OYT1T50065.html

短縮時間は約3分だけど。

東京-大宮間を110km/h→130km/hと、青函トンネル内を140km/h→160km/hと最高速度を引き上げるためとのこと。

これで飛行機とどこまで対抗できるかですね。わずか3分ではあまり変わりないかな?

あと盛岡-新青森間と木古内-新函館北斗間が260km/hだけど、これを270km/hに引き上げれば、もう少し短縮できるのでは?

だけど、単に時間短縮という観点でなく、可能性を追究しようとするJRの技術者のみなさんには敬意を表したいですね。

写真は東京駅で撮った新函館北斗行きの「はやぶさ」です。2016年11月のものです。

2018102002

« 東武野田線の複線化工事の状況(高柳-六実間には新たなカーブと線路の敷き直しが発生) | トップページ | 東急大井町線も座席指定車連結の列車を走らせるまでに成長したのですね。 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 東武野田線の複線化工事の状況(高柳-六実間には新たなカーブと線路の敷き直しが発生) | トップページ | 東急大井町線も座席指定車連結の列車を走らせるまでに成長したのですね。 »