2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【SL大樹】車庫から出てきたC11207と車掌車 | トップページ | 【SL大樹】SL+DL+リバティ同時撮影と特急との縁 »

法華経寺最寄駅・京成中山で3000形最古参の3001編成を撮る

京成中山駅は、鎌倉時代からの歴史のある中山法華経寺の最寄り駅です。

先日、京成中山で3001編成の通勤特急上野行きの通過を取りました。

2018051202
3000形は同形式でも製造年が14年も違うのですね。

京成としては、2代目3100形は考えていないのでしょうか?

3001編成は3000形の中で最古参。

とはいえ、あと20年は走れるかな?

思えば3001編成以降、3026編成登場まではずーっと6両編成ばかり製造していましたね。

だから、3026編成登場まで、3000形には各駅停車専用車的なイメージがありました。

« 【SL大樹】車庫から出てきたC11207と車掌車 | トップページ | 【SL大樹】SL+DL+リバティ同時撮影と特急との縁 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

スタヤーチさん、お久しぶりです。去る8日に、京成さんから本年度の鉄道事業設備
投資計画、いわゆる事業計画が発表されました。新系列を期待されたかとは思い
ますが本年度も3000形に甘んじました。内訳は8両・6両各2本計28両、この増備で
編成ごとの両数はバラバラながらも40編成を超えます。
ただ同計画には翌年度以降、新系列投入へ向けた準備を進める、つまり3000形の
増備も終わりに近づいていることを示唆する文言が見られます。
本日のコメントと京成さんの公式発表を参考にされれば幸いです。

Windyさん、お久しぶりです。再びコメントありがとうございます。
2018年度は3000形の増備ですね。28両ですか。ただ、4両編成がないから、金町線はまだまだ3500形の更新車で走れといことでしょうか?

ただ、「来年度以降に導入する新形通勤型車両の設計に着手します。」
とあるだけに、3000形もそろそろといったところでしょうか?
5500形都営車も京成に顔を出してくるとなれば、それに見劣りしない車両をかんがえているのでしょうか?それが2代目3100なのか、3200なのか、それとも4000番台、5000番台を使った新車かな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【SL大樹】車庫から出てきたC11207と車掌車 | トップページ | 【SL大樹】SL+DL+リバティ同時撮影と特急との縁 »