2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小田原駅前の北条早雲像 | トップページ | 【さようなら7000形】小田原での撮り鉄。上りのはこね »

〇月○日、リバティの幌が収納できず!関係者のみなさんの解決のための尽力に敬意を表します!

〇月○日、東武の下今市で起きたことです。

リバティ会津とリバティけごんは、下今市で分割・併合しますね。

これはリバティ会津111号とリバティけごん11号がこれから分割作業に入るところです。

2018040101_1

ところが、リバティけごん11号は自動的に収納できたのに、リバティ会津111号はできませんでした。

2018040101_2

車掌さんが収納ボタンを押したのに、動かないのです。

乗務員さん、駅員さん、検修係さんが総出で調べ始めました。

手動で収納しようとしても、何か引っ掛かっていたのか、できないのです。

やがて、幌を前後させるための車がレールから外れていることがわかりました。

検修係さんが、金属の棒をてこかわりにして脱輪を修正しました。

2018040101_3ようやく分割できました。

2018040101_4


2018040101_5リバティ会津111号は28分遅れで下今市を出発しました。

2018040101_6
下今市で待ちぼうけを食らったリバティ会津11号とリバティけごん11号の乗客はさぞかしイライラしていたかもしれません。

私も乗客の立場だったら、相当イライラしたかもしれません。

でも、関係者のみなさんが、トラブル解決のために尽力したことには敬意を表します。

東武の技術関係の人はこの後、

「何故脱輪したのか?」
「脱輪を予防する方法はないのか?」

等と議論し、再発防止策を立案、実施するのではないでしょうか?

« 小田原駅前の北条早雲像 | トップページ | 【さようなら7000形】小田原での撮り鉄。上りのはこね »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田原駅前の北条早雲像 | トップページ | 【さようなら7000形】小田原での撮り鉄。上りのはこね »