2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 目黒川での撮り鉄。桜と東急池上線7000系 | トップページ | 〇月○日、リバティの幌が収納できず!関係者のみなさんの解決のための尽力に敬意を表します! »

小田原駅前の北条早雲像

2月に小田急7000形の乗り鉄・撮り鉄をした時、小田原まで行きました。

駅前には北条早雲の銅像が立っていました。

2018033101_3
室町幕府の御家人・伊勢氏の一族で、最初は伊勢新九郎盛時だったのですね。

ただ、早雲は北条氏を名乗ったことがないのですね。早雲庵伊勢宗瑞と名乗っていて、子の氏綱の代になって北条氏を名乗ったのですね。「北条早雲」とは便宜上呼んでいるだけなのですね。

北条早雲、いまでも小田原市民から尊敬されているのかな?慕われているのかな?

その北条早雲も曾孫の氏政・曾々孫の氏直の時代で滅ぶことは予測できませんでしたね。

« 目黒川での撮り鉄。桜と東急池上線7000系 | トップページ | 〇月○日、リバティの幌が収納できず!関係者のみなさんの解決のための尽力に敬意を表します! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田原駅前の北条早雲像:

« 目黒川での撮り鉄。桜と東急池上線7000系 | トップページ | 〇月○日、リバティの幌が収納できず!関係者のみなさんの解決のための尽力に敬意を表します! »