2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 仲ノ町で憩う2編成 | トップページ | 雪の日の撮り鉄。京成の八千代台にて3000形快速特急が3000形各駅停車を追い抜き »

京成、「シティーライナー」という名へのこだわり

もう、2月だから成田山開運号は走りませんね。
11ヶ月間運休ですね。

これは今年の正月に、京成船橋で撮ったものです。2018020303_1

3781編成の特急成田空港行きと並びました。

2018020303_2
まだ「シティーライナー」という名にこだわっているのですね。乗客がいないゆえに廃止になったというのに。

2018020303_3

それとも、京成としては、何らかの形で「シティーライナー」復活を模索している?

例えば、南海のサザンのように通勤車と混編成という形で。

« 仲ノ町で憩う2編成 | トップページ | 雪の日の撮り鉄。京成の八千代台にて3000形快速特急が3000形各駅停車を追い抜き »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京成、「シティーライナー」という名へのこだわり:

« 仲ノ町で憩う2編成 | トップページ | 雪の日の撮り鉄。京成の八千代台にて3000形快速特急が3000形各駅停車を追い抜き »