2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 1980年代1970年代の面影、梅ケ丘で8000系+3000系の快速急行を撮る | トップページ | 休日の8時20分頃、梅ケ丘ではJR車両の急行が特急車の追い抜きを »

右に分岐したら最後。もう、二度と戻れず。そこは北館林解体所。

先日、東武佐野線に乗りました。

写真は葛生行き先頭車から撮ったもので、渡瀬を出発し、次の停車駅である田島に向かうところです。

このまま真直ぐ行けば、田島、佐野を通り、葛生まで行き、また戻って来ます。

でも、右に分岐したらそれで最後。もう、二度と戻って来ることはありませんね。

2017071401
何故なら、そこは北館林解体所だからです。廃車が決まった車両は右に分岐して、あとは解体されるだけなのですね。

ただ、廃車ではなく、休車の車両は留置されるだけだから、戻れるのかな?例外でしょうけど。

« 1980年代1970年代の面影、梅ケ丘で8000系+3000系の快速急行を撮る | トップページ | 休日の8時20分頃、梅ケ丘ではJR車両の急行が特急車の追い抜きを »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/65535077

この記事へのトラックバック一覧です: 右に分岐したら最後。もう、二度と戻れず。そこは北館林解体所。:

« 1980年代1970年代の面影、梅ケ丘で8000系+3000系の快速急行を撮る | トップページ | 休日の8時20分頃、梅ケ丘ではJR車両の急行が特急車の追い抜きを »