2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 成田空港発の特急として到着。折り返しは普通高砂行き。 | トップページ | 何が「おでんツンツン」ですか!?呆れてものが言えない・・・・・。 »

イブニングライナーに乗って考えた京成本線の有料特急のニーズ

先日、京成イブニングライナーに乗ってみました。

2016121601
イブニングライナーやモーニングライナーなら、料金は410円で済みますね。

だけど、今の京成本線を走る有料特急は朝の上りのモーニングライナーと、夜の下りのイブニングライナーだけですね。

本当に他の時間帯にはニーズはないのでしょうか?

「あるわけないじゃないか。だからシティーライナーが廃止になったのではないか!」

という人もいるかもしれません。

私は、シティーライナーが廃止に追い込まれた原因については、

・沿線のニーズに応えなかったら

・佐倉と八千代台に停めなかったから

・料金もモーニングライナーやイブニングライナー並みにしなかったから

と考えています。

ただ、8両も必要ないでしょう。

南海の「サザン」方式を導入すればと考えます。

たとえば、2両編成の「3090」形のようなものを製造し、3000形6両編成と組んで特急運転するのはどうかと思います。

指定席券を持っている乗客は2両編成の「3090」形に案内され、ゆっくりリクライニングシートに座れ、持っていない乗客は6両編成の3000形でロングシートに座るか、立っているという形にするのはどうだろうかと思いますね。

そうすれば、京成本線の有料特急への潜在ニーズを発掘できるのではないでしょうか?

実際、京成本線の特急には大きな荷物を持った空港利用客であり、かつスカイライナーの停まらない駅の利用客でもあると思われる人も見かけます。

« 成田空港発の特急として到着。折り返しは普通高砂行き。 | トップページ | 何が「おでんツンツン」ですか!?呆れてものが言えない・・・・・。 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/64632847

この記事へのトラックバック一覧です: イブニングライナーに乗って考えた京成本線の有料特急のニーズ:

« 成田空港発の特急として到着。折り返しは普通高砂行き。 | トップページ | 何が「おでんツンツン」ですか!?呆れてものが言えない・・・・・。 »