2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「港町十三番地」の「港町」とは、まさに京浜急行大師線の港町のこと | トップページ | 京浜急行の発祥の地・川崎大師で1500形の川崎行きを撮る »

常磐線緩行線を振り返ってみると

常磐線緩行線ですが、東京メトロ車には6000系がまだ走っていますね。千代田線が乗り入れを開始してからの車両でもありますね。

でも、国鉄・JR車はどうかというと、乗り入れ開始時の車両だった103系1000番台は走っていません。その後に登場した203系も207系900番台も走っていません。

今は209系1000番台とE233系1000番台ですね。

これは新松戸で撮ったものです。

2016091102

思えば、常磐線が複々線化された当時はこの駅は存在していませんでした。1973年に武蔵野線が開業されてからですね。この写真の後方には、武蔵野線ホームも映っています。

« 「港町十三番地」の「港町」とは、まさに京浜急行大師線の港町のこと | トップページ | 京浜急行の発祥の地・川崎大師で1500形の川崎行きを撮る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/64189080

この記事へのトラックバック一覧です: 常磐線緩行線を振り返ってみると:

« 「港町十三番地」の「港町」とは、まさに京浜急行大師線の港町のこと | トップページ | 京浜急行の発祥の地・川崎大師で1500形の川崎行きを撮る »