2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

福島千里選手、新記録おめでとう!(^◇^) リオでの活躍も祈ります。

陸上競技の第100回日本選手権の女子200mで、福島千里選手がまたまた優勝しましたね。6連覇だそうですね。

その上、今回は日本新記録も出し、かつリオデジャネイロのオリンピック出場も内定。

さすがですね。

福島千里選手、新記録おめでとう!(^◇^)

http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/26/chisato-fukushima-rio_n_10690604.html

http://dot.asahi.com/dot/2016062600025.html

http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1669092.html

http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20160627/spo1606271208003-n1.htm

http://www.posty.co.jp/sp/atcl/?id=1466990534-956816

今の陸上の女子短距離走では、福島千里選手を脅かす選手がいませんね。

これまでの日本選手権でも、福島選手が調子が悪いといいながらも優勝していましたし。

だけど海外には福島選手より速いランナーはたくさんいます。

でも、リオのオリンピックでの活躍を祈りたいですね。

「松原団地駅なくして獨協大学なし、獨協大学なくして松原団地駅なし」と思っていたけど、「獨協大学前(草加松原)」という駅名に!

3年前、用事があって、東武スカイツリーラインの松原団地に行ったことがあったのですが、その時、ホームの「獨協大学下車」という縦看板を見て、

松原団地駅なくして獨協大学なし、獨協大学なくして松原団地駅なし

というくらいに思えました。

2016062102_1

その「松原団地」駅は来年3月に

「獨協大学前(草加松原)」という駅名に変わることになったのですね。

http://www.asahi.com/articles/ASJ6Q4TZHJ6QUTNB00L.html

この駅はその名の通り、マンモス団地ができたことで1962年に開業した駅なのですね。

そして1964年には獨協大学が開学。http://www.dokkyo.ac.jp/

2014年には松並木「草加松原」が国名勝に指定。

こういった背景があるのですね。

この写真は松原団地を通過する特急「りょうもう」号です。

2016062102_2

成田エクスプレスと渋谷

写真は渋谷で撮った成田エクスプレスです。

2016062301

成田エクスプレスは今では全列車が停まるものの、かつては通過していました。

やはり、東急や東京メトロ、京王電鉄の井の頭線から客のニーズに応えるためには全列車停車が適切ですね。

成田エクスプレスが運転開始されたのは1991年。当初は渋谷には1本も停まらず。2010年3月から全列車停車となったわけですが、19年の歳月を要したのですね。

JR東日本にしても、渋谷停車の必要性は認識していても、物理的な面などの阻害要因があってできなかったのでしょうね。

祝・長野電鉄須坂-権堂間開業90周年

長野電鉄の須坂-権堂間は今年で開業90周年なのですね。6月28日がその開業記念の日なのですね。

それで長野電鉄は長野、須坂、信濃中野で記念乗車券を発行するそうです。

https://www.tetsudo.com/event/15241/

http://www.nagaden-net.co.jp/info/goods/ticket/90-3.php

今の信濃吉田駅はかつては「吉田町」という駅だったのですね。

だけど、何故、権堂では発行しないのでしょうか?長野電鉄の本社は権堂にあるのですよね。

これは権堂の隣駅の善光寺下で撮ったものです。この駅も須坂-権堂間開業した当時からあったのですね。この駅も特急停車駅だった時期もあったのですね。

今では善光寺御開帳の時のみ、日中のA特急が臨時停車するのみなのですね。

2016061901_1
これは須坂で撮ったものです。今の長野電鉄にはオリジナル車両はありません。東急、東京メトロ、小田急、JR東日本のお古だけですね。

2016061901_2

この2枚も須坂で撮ったものです。90年の歴史の中にはこんな車両も走っていた時期もあったのですね。

2016061901_3
2016061901_4

これら4枚は2015年7月に撮ったものです。

3000形増備後、3400形はどうなる?

写真は海神で撮った3400形の快速特急上野行きです。

2016061301

ところで、京成は2016年度に3000形8両編成を2本製造する予定だそうです。

となれば、そろそろ3400形が優等列車の運用から外れるでしょうか?外れたら、4両編成か6両編成に組み替えられて、普通列車専用車化されるでしょうか?そうなれば、金町線や千葉線にも入線することになるのでしょうか?

ただ、3400形の老朽化を指摘する声もあります。もしかすると、優等列車の運用を外されるだけでなく、営業運転からも外される、すなわち廃車になるのも出てくるのでしょうか?

3400形といえば、初代AE車の足回りを流用した車両ですね。

AE車時代は地下鉄に入ることはなかったけれど、3400形になってからは都営地下鉄浅草線や京浜急行にも足を延ばすこともありますね。

海神で撮った3500形。4両編成と6両編成。

先日は海神で撮り鉄をしました。
その間、3500形を2本撮ることが出来ました。
これは各駅停車上野行き4両編成。
2016061201_1
こちらは各駅停車ちはら台行き6両編成。坂を登る下り電車を撮るのが、海神での撮り鉄の魅力の一つです。
 
2016061201_2
京成は2016年度も3000形を増備する予定ですが、その影響で3500形も廃車に追い込まれるのでしょうか?
3500形は京成史上初のステンレス使用車であり、初の冷房車。ただ、当初は地下鉄線内は冷房が使えない状態でした。
数年前までは優等列車にも使用されたり、都営地下鉄浅草線や京浜急行線にも乗り入れていましたが、今は地上専用かつ普通列車専用ですね。
いつまで走っていられるのやら。
 

女性を無理やりアダルトビデオに出演させた「マークスジャパン」の元社長ら3人って誰?

いやぁ、人間のやることではありませんね。
女性を無理やりアダルトビデオに出演させ、拒否すると「契約違反だ。違約金を払え」「親に請求する」などと恫喝していたというとんでもない芸能プロダクションがあったのですね。
マークスジャパン」という会社です。
http://www.sanspo.com/geino/news/20160612/tro16061211440003-n1.html
http://toyokeizai.net/articles/-/122320
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016061200047&g=soc
警視庁は労働者派遣法違反の疑いで、元社長ら3人を逮捕したというけど、何という名前なのでしょうか?
マスコミは何故公表しないのでしょうか?
元社長らの名前を公表すると、まずいことがあるのでしょうか?
公表しなくても、知っている人はいるのでしょうね。
この女性ももっと早く警察に相談するべきでしたね。
 

怖いよーっ!アメリカで女性歌手がコンサート会場で射殺!

アメリカでクリスティーナ・グリミーさんという女性歌手がコンサート会場で射殺されるという事件が起きたそうですね。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/11/christina-grimmie_n_10415192.html
http://news.livedoor.com/article/detail/11630393/
 
おお、怖いよーっ!
アメリカは銃社会の国であることを改めて痛感させられますね。
アメリカではかつて、日本人が間違って訪ねるべく人とは異なる人の家に入ったために射殺された事件もありました。
日本では銃刀法違反になることが、アメリカでは許されてしまう。
これはアメリカの怖さの一つでもありますね。
アメリカの大統領がクリントン氏になるのか、トランプ氏になるのかわからないけど、どちらも銃規制には関心がないかな?
 

今は山手線で、いずれは総武線で。歴史は繰り返される。

これは渋谷で撮ったものです。
2016061102
成田エクスプレスの横を山手線内回りが通り過ぎるところです。
使用車両はE231系500番台ですね。
成田エクスプレスとE231系500番台とのすれ違いは今は山手線の品川-池袋間。
でも、今もあることはありますが、総武線内でのすれ違いが多くなっていくようですね。
JR東日本の今後の車両製造計画如何ですが、山手線はやがてE235系が主力となり、総武線にE231系500番台が転属になる予定とのことですから。
山手線については、カナリア色の101系が走っていた頃からの記憶があります。国鉄時代でしかも1960年代のことですね。
そのカナリア色の101系はウグイス色の103系に追われ、総武線に転属しました。
今度はE231系500番台が総武線に移っていくのですね。歴史は繰り返される。
 

津田沼で3600形快速西馬込行きを撮る

これは京成津田沼で撮った3600形の快速西馬込行きです。
2016061101
 
3600形も登場して30年以上の歳月が過ぎているけど、まだまだ優等列車に運用されるなど、元気に活躍していますね。
この車両は京浜急行には直通できないけど、都営地下鉄浅草線には直通できますね。
あとどのくらい走っていられるのでしょうか?
10年前後かな?
3600の前に3500形や3400形がなくなるでしょうね。
 
 

「日大に入ってよかった」は76%だそうですね

みなさんの中で日本大学出身の方、いらっしゃいますか?
俳優の高橋英樹さん(中退)、タレントの関根勤さん、元高見盛の振分親方などが日本大学出身ですね。
日本大学は「日本大学新聞」というのも発行しているのですね。
5月26日発行の「日本大学新聞」には、同大学が学生生活実態調査をして、 「日大入ってよかった」と答えた学生が76%いたそうです。
http://www.nu-press.net/archives/article003371.html
日大の学生の中には、この大学を第一志望として入った学生もいれば、他の大学に落ちたから日大に来たという学生もいるでしょう。
でも、最終的に「入ってよかった」「この大学の卒業生でよかった」と言えるよう、大学側も学生を教育すべきですし、学生自身も勉学の仕方、大学生活の工夫の仕方でそうなれるのではないでしょうか?それは今、日大の良さがわからない学生であっても。
だけど、4人のうち3人が「入ってよかった」と言えるのはいいことだと思います。そしてさらにアップすることが今後の課題だと思います。
それで当ブログは訴えます。
「日本大学に入ってよかった」と思う学生諸君!
そう思っていない学生諸君!
君達のこれからの人生は長いということを忘れるな!
君達には未来があることを忘れるな!
君達には多くの可能性があることを忘れるな!
日本大学の学生諸君のこれからの活躍に期待します。
日本大学の学生諸君に栄光あれ!

京成千葉線と新京成とが同じホームで乗り換えのできる時間帯

これは、新京成が京成千葉線に乗り入れをしている時間帯に見られる光景ですね。
すなわち、京成千葉線の電車と新京成の電車が同じホームで乗り換えられる時間帯に見られる光景ですね。
2016061003
だけど、新京成の車両が京成に乗り入れるけれど、京成の車両が新京成に乗り入れすることはありませんね。
もしかして、今検討中なのでしょうか?
それとも、これは子会社から親会社への上納金的な意味合いでもあるのでしょうか?
 

7年前に四街道で撮った「ニューなのはな」。オールドになって、いよいよ引退ですね

「ニューなのはな」も引退するのですね。
JR東日本千葉支社は8月21日で引退との発表をしましたね。
 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB03H65_T00C16A6L71000/
http://news.mynavi.jp/news/2016/05/31/458/
 
これは7年前に四街道で撮ったものです。
2016061002
 
「ニュー」といっても、確かに前の「なのはな」よりは新しいけど、485系、すなわち国鉄時代のお古の車両を改造した電車ですね。
それでも20年弱は使えたのですね。でも、さすがに「オールド」になってきましたね。
撮る機会はあっても、乗る機会はありませんでした。
7月から8月が最後の花、最後の活躍ですね。
JR東日本

8000形、急行でやって来て、快速急行で折返し

これは新宿2号踏切で撮ったものです。
8000形急行が南新宿を通過したところです。
20160610011
 
この電車は折り返しは快速急行藤沢行きになるのです。
 
20160610012
 
8000形も30年以上経ちましたが、まだまだ優等列車としてバンバン運用されているようですね。
そういえば、5000形も引退直前まで優等列車に運用されていましたね。
今の小田急では白いボディーに水色のボディーは8000形のみ。
1960年代後半からの小田急の記憶のあるものとしては、まだまだ走ってほしい車両です。
 

京成津田沼で並んだ新京成の新塗装と旧塗装

新京成が車両の塗装変更を4年間かけて行うと言ってからまだ2年弱しか経っていません。
そのせいか、まだまだ旧塗装も見ることが出来ますね。
今新旧の比率はどのくらいなのでしょうか?
これは京成津田沼で撮った新塗装車と旧塗装車の並びです。
2016060701
 
 
こんな光景もあと2年すれば、見れなくなるのですね。

特急代走の実績もある小田急8000形

これは新宿を出発したばかりの8000形の快速急行小田原行きです。
2016060602
8000形は1980年代の小田急の面影を残す車両ですね。
そしてこの8000形は、何と特急ロマンスカーの代走をもしたこともありました。
LSE車7000形が小田原-箱根板橋間で脱線し、修理に日数がかかり、予備車も検査入場してしまったゆえの苦肉の策だったようですね。
http://princesscomet.net/railways/oer/8000/8000ltdexp.htm
いずれにせよ、8000形はロングシートの通勤車なのに特急の代走をしたという、小田急史上異例の実績のある車両でもあるのです。
 

京成はまだまだ3000形を増備し続ける。同じ形式でも14年の差。

これは津田沼で撮ったものです。
右側は3007編成だから2次車、左側は3017編成だから4次車ですね。
2016060601
既に京成の2代目3000形は11次車の3031編成と3032編成がありますが、京成としてはまだまだ3000形を増備するそうですね。
2016年度の計画として8両編成2本と、6両編成1本を増備するとのこと。
 
3100形という名の車両が登場するのはまだまだ先の様ですね。
 
だけど、1次車と12次車、同じ形式でも14年もの開きがあるのですね。
それと増備されるのは8両編成か6両編成のみということは、3000形が金町線に入るのも、まだまだ先の話ですね。
また、今度の増備で、いよいよ3500形が追われることになるのでしょうか?3400形の老朽化も指摘されているので、この車両も危ういかな?
 
 

あれからもう25年。京成大久保で4社(京急・都営・京成・北総)直通運転25周年のヘッドマーク付きの3000形特急を撮る

「大久保」という駅は、JR東日本には奥羽本線と中央線にもありますね。
 
JR西日本には山陽本線にありますね。
 
近鉄にも「大久保」がありますね。
 
そして京成でも「大久保」がありますね。
先日、京成の大久保で何やらヘッドマークを付けた3000形の特急成田空港行きを撮りました。
「25TH」という文字があったので、一体何の25周年だろう?と思ったら、京急・都営地下鉄・京成・北総鉄道4社の直通運転が25周年とのこと。
2016060501
早いものですね。あれからもう25年の歳月が流れたのですね。
25年前なら3000形も走っていませんね。初代3000形は走っていましたね。都営地下鉄もまだ5000形が走っていました。
ただあのころの北総鉄道はまだ、千葉ニュータウン中央までしか開業していませんでしたね。
ところで、今年は京急・都営地下鉄・京成・北総鉄道4社の乗り入れとしては25周年ですが、京急・都営地下鉄・京成3社の直通運転を考えると、再来年は50周年ですね。
時の流れは速いもの。私も歳をとりました。
 

特急「新宿さざなみ」、それなりのニーズがあるのかな?

先日、新宿で特急「新宿さざなみ」号を撮りました。
2016060402
 
この列車、新宿発着だから「新宿さざなみ」ですね。
過去には新宿ではなく、高尾まで延長運転されたこともありましたが、その時も「高尾さざなみ」とは名乗らず、「新宿さざなみ」でした。
あと、中央線快速が人身事故で運転見合わせになった時、上りの「新宿さざなみ」が行き先を東京に変更したこともありました。つまり「新宿さざなみ」なのに、新宿に行けなかったのです。
房総特急は廃れる一方ですね。
でも、休日に運転される「新宿さざなみ」は健在ですね。
それなりのニーズがあるのでしょうね。
JR東日本としては、今後「新宿さざなみ」をどのように扱っていくのでしょうか?
以前、房総方面にバス旅行に行った時、道路が大渋滞して予定が3時間以上も遅れたことがありました。
JR東日本の房総特急のニーズ発掘、反撃戦略は、環境面でも意義があるように思えます。
思えば、「さざなみ」は国鉄時代からの特急ですね。1972年に183系特急として登場しましたね。
それ以前も、海水浴シーズンに臨時快速「さざなみ」号があった記憶もあります。
 
 

「あさぎり」も60000形MSEも・・・・・・・

これは、南新宿を通過する特急「あさぎり」2号です。
2016060401
 
小田急の「あさぎり」といえば、かつてはJR東海の371系と小田急20000形で運転されていた時期もありました。
さらにその前は3000形SSE車で運転されていました。
 
またさらに前はディーゼルカーの特別準急で「銀嶺」「芙蓉」と名乗っていた時代もありました。
今は東京メトロへも直通できる60000形MSE車になりました。
 
60000形も活動範囲が広くなりましたね。小田急線内や東京メトロだけでなく、JR東海の区間にまで足を延ばすようになりましたし。
 
 

スイスで世界一ながーーーーーいトンネルが完成

5月31日までは、世界一長いトンネルは日本の青函トンネルでした。

しかし6月1日、その青函トンネルよりもながーーーーーいトンネルがスイスでできたのです。

スイスのアルプス山脈を縦断する全長57.1キロの「ゴッダルド・トンネル」が6月1日に完成したのです。

このトンネルは日本の青函トンネルを抜いて世界最長・最深の鉄道トンネルとなったのです。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201606/CK2016060202000127.html

http://www.afpbb.com/articles/-/3089127

http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/01/the-worlds-longest-rail_n_10248592.html

東京-佐倉間よりも長く、東京-吹上間、東京-茅ヶ崎間よりも少し短い距離ですね。

いや、大したものですね。

スイスだからといって、トンネル工事もスイスイできたわけではないでしょう。

工事が始まったのは、1947年。つまり第2次世界大戦が終わってから2年しか経っていない時期から掘削していたのですね。このトンネル工事の初期に携わった人の多くは、もうこの世にいないのでしょうね。

いずれにせよ、この長いトンネルの工事に関わった人に敬意を表します。

また、トンネル完成を見ずに亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。

185系も35年の歳月が過ぎましたね。

先日、東京駅で撮った185系の湘南ライナーです。

2016060201
185系も登場してから35年の歳月が過ぎましたね。

当初は153系と併結運転して急行「伊豆」にも運用されたこともありました。

急行「伊豆」が全て特急「踊り子」に格上げになると、いよいよ特急として本格的に運用されました。また特急だけでなく、普通列車にも運用されましたね。その普通列車の中には東京発伊豆急下田行きもあった記憶があります。

あの当時は特急車としての資格を疑問視する声もありました。

前面が117系にも似ていることから、関西の人の中には、

「東京はあこぎやなあ。新快速の車両を特急に使うんか!?」

と思っていた人もいたとか。

でも、座席はその後改善されましたね。

35年間、特急「踊り子」として東京と伊豆急行の伊豆急下田、伊豆箱根鉄道の駿豆線の修善寺とを結んで走ってきた185系。

この区間だけでなく、上野-黒磯間の「なすの」、上野-水上間の「たにがわ」「水上」、上野-万座・鹿沢口間の「白根」「草津」、上野-大宮間の「新幹線リレー」などにも運用された185系。

185系も数少ない国鉄時代の残党車。いつまで走っていられるのでしょうか?

特急あずさが全面的にE353系化されると、E257系が「踊り子」用に転用されるのでしょうか?

7000形LSE車だけど、3100形NSE車も思い出してしまうこの塗装

これは先日、新宿2号踏切から望遠レンズを使って撮った7000形LSE車です。

2016060101_1
こちらは南新宿を通過するところを後追いで撮りました。

2016060101_2
この7000形も一時塗装変更になりましたが、この塗装は登場当時のものですね。

この塗装を見ると、3100形のNSE車も思い出してしまいます。

3000形のSE車もこの塗装でしたね。

3100形のNSE車が1999年まで走っていただけに、この塗装を見ると、1960年代から90年代の小田急を思い出してしまいます。

ところで先日、7000形が事故に遭ったそうですね。

だけど、復帰したそうですね。

とはいえ、あとどのくらい走っていられるのでしょうか?

お陰様で当ブログは10周年を迎えることができました。

お陰様で当ブログは6月1日をもって、10周年を迎えることができました。fuji

立上げ当初は、1日数件のアクセスしかありませんでした。0件だった日もありました。

その後、鉄道記事を中心にアクセスが増えていきました。

今後も当ブログは鉄道記事中心となり、たまにそれ以外の記事も書くといった形でいきます。

train

ただ、ブログ名は「スタヤーチ 激穏・硬軟・甘辛ブログ」から
「スタヤーチ 出発進行オーライ!ブログ」
に変更します。

bullettrain

鉄道記事中心のブログであるとともに、つらい日々があっても、明日に向って、未来に向かって前進しようという気持ちを込めて、改名した次第です。

これからも「スタヤーチ 出発進行オーライ!ブログ」をよろしくお願い申し上げます。

cake   apple   penguin   shine   riceball   noodle   cancer   wine

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »