2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 六実-逆井間が複線化されると、船橋-柏間でも急行運転? | トップページ | 手前は東京メトロ16000系、向こう側にはE231系(我孫子にて) »

我孫子駅は、飯泉喜雄という人抜きで語れず

JR東日本の常磐線・我孫子駅ですが、飯泉喜雄という人抜きでは語れないのですね。

この人は、日本鉄道株式会社の鉄道計画を知り、「鉄道なくして町の繁栄はない」との思いから、私財を投じて用地を提供したそうです。

我孫子駅が開業した当時は日本鉄道という私鉄の駅。のちに官設鉄道、そして国鉄を経て、現在はJR東日本の駅になっています。

我孫子には1971年からは営団地下鉄(現・東京メトロ)千代田線の車両も乗り入れ、さらに今年の3月からは小田急の車両まで顔を出すようになりましたね。

これはこの飯泉喜雄という人を称える記念碑です。JR我孫子駅前にあります。

2016050104
この石碑ですが6600と書いたSLの形をしていますが、当時6600という形式の蒸気機関車が走っていたのでしょうか?

そういえば、大阪にも我孫子駅がありますね。大阪市営地下鉄御堂筋線の駅ですが。この駅と千葉県の我孫子駅は縁がありませんね。あと、この駅、駅名表示等には「あびこ」とひらがなを用いていますね。

« 六実-逆井間が複線化されると、船橋-柏間でも急行運転? | トップページ | 手前は東京メトロ16000系、向こう側にはE231系(我孫子にて) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/63566700

この記事へのトラックバック一覧です: 我孫子駅は、飯泉喜雄という人抜きで語れず:

« 六実-逆井間が複線化されると、船橋-柏間でも急行運転? | トップページ | 手前は東京メトロ16000系、向こう側にはE231系(我孫子にて) »