2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新大久保で撮った埼京線のTWR車とJR東日本車 | トップページ | 船橋法典スッキリ空間で、メルヘン型「しもうさ」号を撮る »

京成が南海から学ぶこと、検討すべきこと1

これは、京成の駅で見たポスターです。

2016020701
京成も南海も空港客の輸送をしていますね。そして空港特急が走っていますね。その会社同士の業務提携なのでしょうか、「スカイライナー&ラピートきっぷ」なるものがあるのですね。

だけど、東京から大阪に行くには新幹線を利用するか羽田から飛行機の方が早いですよね。成田空港経由だと遠回りですよね。

でも、一度こんな旅もしてみたいですね。

まず、京成スカイライナーで成田空港に向かい(空港第2ビルで降りることになる)、飛行機で関西空港に飛び、そこから南海のラピートで難波に出て、大阪見物をして新幹線で帰る、といった旅を。

それにしても南海のラピートαですが、かつては難波-関西空港間ノンストップだったのに、今では新今宮、天下茶屋、泉佐野、りんくうタウンにも停まりますね。それだけこまめに停まらないとニーズに応えられなくなったのでしょうか?

これを考えると京成には南海のしていることから学ぶこと、検討すべきことがあるように思えます。

それはスカイライナーの一部を青砥に停めることです。青砥に停めることで新三河島-お花茶屋間からの客、押上・都営地下鉄からの客をここで拾うことです。スカイツリーや浅草見物を楽しむ外国人観光客も拾えるのではないでしょうか?

南海の天下茶屋はかつては各駅停車しか停まらなかったのに、大阪市営地下鉄堺筋線がこの駅まで延長されたことによって、あっという間にラピートの停車駅になりましたね。

このことを考えると、スカイライナーの一部を青砥に停車させて客を拾うことを考えてはどうかと思います。

« 新大久保で撮った埼京線のTWR車とJR東日本車 | トップページ | 船橋法典スッキリ空間で、メルヘン型「しもうさ」号を撮る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

1960年以来、今でも京成を利用していますが同感です。

てつさん、コメントありがとうございます。長年、京成を利用されているのですね。京成のスカイライナーがもう少し多様なニーズに応えられるためにも、一部でもいいので、青砥停車があってもよさそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/63175489

この記事へのトラックバック一覧です: 京成が南海から学ぶこと、検討すべきこと1:

« 新大久保で撮った埼京線のTWR車とJR東日本車 | トップページ | 船橋法典スッキリ空間で、メルヘン型「しもうさ」号を撮る »